宮古牛一頭買い!予約必須の宮古島おすすめの人気焼肉屋「喜八(きはち)」

「喜八(きはち)」外観

宮古島を代表するグルメの一つに宮古牛(みやこぎゅう)がある。東京から来た僕の友人も、どこで噂を聞きつけたのか「宮古牛が食べたい」を繰り返していた。

宮古島で宮古牛をたらふく食べたいのであれば、何と言っても焼肉屋がおすすめだ。宮古島も焼肉ブームなのか、繁華街を中心に次々と新しい焼肉屋ができている。

僕は一人旅ということもあって今まで宮古島で焼肉屋に訪れたことはなかったのだが、友人が「肉を喰らいたい」と言うので、今回、宮古島で有名な焼肉屋「喜八(きはち)」で食事をすることにした。

何でも、「喜八」は宮古牛を一頭買いしているそうで、宮古牛の様々な部位を楽しむことができる。グルメサイト「食べログ」でも、焼肉屋だけでなく、宮古島の飲食店ランキングで1位にランクインしている人気店だ(2017年現在)。そんなわけで予約は必須である。この日は平日だったこともあり、開店の6時前に電話をしたら予約を取ることができた。

「喜八」は宮古島の下里通り沿いにある。店内はカウンター席中心で座席数はそれほど多くない。ちなみにすぐ近くに別館もある。

「喜八(きはち)」外観

「喜八(きはち)」外観

カウンター席に座り、まずはお通しのもずく酢をいただく。宮古島にいると、本当にもずく酢を食べる機会が多い。改めてオーダーするほどではない(居酒屋の前菜には海ぶどうをオーダーすることが多い)が、お通しに出てくると嬉しい一品である。

お通しのもずく

お通しのもずく

一頭買いだけあって、「喜八」の焼肉メニューは豊富だ。聞いたことのない部位がたくさんある。

「喜八」の焼肉メニュー(他にもあり)

「喜八」の焼肉メニュー(他にもあり)

まずはネギタンをいただく。炭火焼肉派の僕としては、ガスで焼くのが少し残念である(最も、味の違いなんてさほど分からないのであるが)。

ネギタン

ネギタン

カウンターに置かれているガスコンロで焼く

カウンターに置かれているガスコンロで焼く

続いていただいたのは牛しゃぶのサラダ。赤身が残っている牛肉が美味い。個人的には柔らかい宮古牛は刺身や寿司で食うのが一番美味いと感じる。サラダのボリュームは多く、これだけでもお腹がいっぱいになりそうだ。

牛しゃぶのサラダ

牛しゃぶのサラダ

他にいただいたお肉はセンマイ、ハラミ、上ロースなど。ハラミは宮古牛以外にアメリカ産の安いものも置いてあったので、固い肉が好きな僕はそちらをいただいた。

センマイ

センマイ

ハラミ(アメリカ産)

ハラミ(アメリカ産)

上ロース

上ロース

お肉はどれも美味しい。高級なイメージのある宮古牛をこれだけ堪能できるなんて幸せだ。締めにはたまごスープをいただいた。心癒やされる味である。

たまごスープ

たまごスープ

ドリンクもそれなりに頼んだが、お会計は2人で1万円ちょいと、リーズナブルに感じた。大阪にある僕の自宅近くの炭火焼肉屋より安い。宮古牛を心ゆくまで堪能したい方にはおすすめのお店である。

多良間島で出会った牛の運命に心馳せながら、命をいただくことに感謝して、お店を後にした。ご馳走様でした。

多良間島の牛

多良間島の牛

「喜八(きはち)」所在地:宮古島市平良字下里595