【王法為本】司法書士試験の受験生におすすめの六法

私が司法書士試験の受験生時代に使用していたおすすめの六法をご紹介したいと思います。

私は1年目は予備校(資格の大原)の司法書士講座に通っていましたので、その時は先生の紹介もあって『模範六法』を使用していました。『模範六法』は、司法書士試験には必要十分な法令が載っていましたが、そのままだと分厚くて重たく、持ち運びに不便なのが難点です(おまけに値段も高い)。

そこで、先生のすすめに従って司法書士試験に必要な法令のみを切り取り、オリジナルのコンパクト版を作成してかなり便利になったのですが、超面倒くさがりの私はこの作業が苦痛で仕方がありませんでした。

2年目以降は独学で勉強しましたが、『模範六法』の小型版の『模範小六法』を使用していました。『模範小六法』は、『模範六法』に比べると収録法令数が少ないのですが、勉強していてそれほど不便を感じることはありませんでした。値段が安くて持ち運びがしやすいのが魅力的です。「小六法」と呼ぶには少々分厚いような気もしますが、大きめのカバンであればテキストと一緒に入れても十分収まるでしょう。

司法書士試験の勉強をしているとたまに出てくるマイナーな法令は載っていないことがありますが、そのような法令は頻繁に調べるものでもないので、その都度ネットなどで条文を調べれば良いかと思います。

『模範六法』(1年目)と『模範小六法』(2年目以降)で十分だったので他の六法は使用していません(ちなみに、行政書士を勉強していた時は『ポケット六法』を使用していました)が、判例の掲載数は『判例六法Professional』の方が豊富なようです。

私は六法で条文を読むのは好きですが、兼業受験生で時間がなかったこともあって、六法で判例を読むことはほとんどありませんでした。条文だけで使用するなら『模範小六法』で十分なように思います。

ちなみに六法はアプリも販売しています。私は勉強中は基本的にスマホを触らないようにしていますし、その都度いちいちスマホで調べるのも煩わしいので使用していません(値段も高いし)が、外出先で六法を持参していないときに調べるには非常に便利だと思います。

テキストとの兼ね合いもありますし、使う人や場所によっても最適な六法は変わるでしょうが、独学で勉強していて何を使ったら良いか分からない方は、まずは『模範小六法』を使ってみて、ある程度知識が付いてきて物足りないと感じたら自分に合う六法を探すのも良いかと思います。

六法は司法書士試験受験生にとっては必要不可欠のものです。お金を惜しまず、毎年買い換えましょう(実は、私は大きな改正があるとき以外は買い換えなかったのですが・・・)。