【新型コロナ】持続化給付金の申請に必要な確定申告書別表一の控えに収受日付印(受付印)がない場合の対処法

新型コロナ

持続化給付金の申請受付が2020年5月1日(金)より開始されました。

持続化給付金とは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によってひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者を対象に、中小企業等で最大200万円、個人事業主等で最大100万円の給付金を支給するものです。

申請は持続化給付金の申請サイトから電子申請(オンライン申請)で行いますが、法人の主な提出書類となる確定申告書別表一と法人事業概況説明書の収受日付印(受付印)や控えがなくて困っている方が多いようですので、本記事ではその対処法をご紹介します。

なお、受給要件の詳細やその他の提出書類などに関しては持続化給付金の申請サイトをご参照ください。

結論から言ってしまうと、確定申告書別表一と法人事業概況説明書に収受日付印(受付印)や控えがなくても、確定申告書を提出した税務署に行って閲覧請求(会社の代表者印と身分証明書が必要)を行い、写真を撮影すれば大丈夫でした(管轄によって取り扱いが異なる可能性もありますので、詳しくは確定申告書を提出した税務署に問い合わせてみてください)。

前述の通り、持続化給付金の申請には確定申告書別表一と法人事業概況説明書の控えが必要になりますが、申請サイトによると、「※少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されていること。」となっています(e-Taxによる申告の場合は「受信通知」)。

ただ、この収受日付印(受付印)をもらっていない方が多いので混乱を招いているようなんですね。

なぜこのような問題が生じるのかと言うと、確定申告書を提出する際、控えに印鑑をもらうのが求められていないからです。

私も会社設立後の数年間は確定申告書を税務署に郵送する際に控えと切手を貼った返信用封筒を同封して収受日付印が押された控えを受け取っていたのですが、控えを使う機会がなかったこともあって、ここ数年間は控えを提出せず収受日付印をもらっていない状態でした。

存在意義がよく分からない法人事業概況説明書にいたっては、複写式になっていないため、そもそも控えを作成していないという方もいるのではないかと思います。

持続化給付金のコールセンターに問い合わせても解決せず、困り果てて確定申告書を提出した税務署(大阪の東税務署)に問い合わせてみたところ、確定申告書別表一と法人事業概況説明書はどちらも閲覧請求および写真撮影が可能とのことだったので、会社の代表者印と身分証明書を持って早速東税務署を訪れることにしました。

余談ですが、私は高槻市在住でテレワークをしており、大阪市中央区の東税務署まではちょっと遠いのですが、コロナ渦の中、給付金のために命をかけて行って来ました。

ところが、東税務署に到着して閲覧請求をしようとしたところ、閲覧して写真を撮影することは可能だが、収受日付印の部分は隠して撮影可能とのことでした。

給付金を受給させないための嫌がらせなのか何故このような仕組みになっているのかは分かりませんが(恐らく不正防止のため)、確定申告書別表一の控えに収受日付印がない場合は、納税証明書(その2)でも代替可能なようです。

仕方がないので納税証明書(その2)の交付請求をしようと申請用紙に記入していると、職員が話しかけてきて、「たった今、上からの通達で収受日付印の撮影が可能になりました」とのこと。

どうやら、持続化給付金の申請関係で税務署には問い合わせが殺到しているようで、特例が認められたようです。

申請初日ということもあってか私が訪れた東税務署はそれほど混雑しておらず、昼過ぎにもかかわらず私が閲覧請求の第一号だったようで、自己の強欲さにちょっぴり恥ずかしくなりました。

その後、無事に閲覧をして確定申告書別表一と法人事業概況説明書のどちらも写真撮影をすることができました。

なお、閲覧請求には会社の代表者印や身分証明書(運転免許証など)が必要になりますので忘れないようにしましょう(後は撮影用のスマホとか)。

政府がこれだけテレワークと脱ハンコを推進しているのに、コロナ渦の中わざわざ税務署まで出向いてハンコが押された申告書を閲覧するためにハンコを押しているところがなんだか笑けます。

それにしても、税務署などお役所の職員も昔に比べると随分と対応が丁寧になったように感じます。

書類が揃ったら後は申請サイトから電子申請(オンライン申請)するのみです。

突貫工事で作り上げたようで持続化給付金の申請サイトは出来が悪く、アクセスが殺到しているようでログインエラーが何度も起こりましたしコールセンターに問い合わせても定型的な返事しか返ってこないのでイライラしたりもしましたが、無事に初日に申請を終えることができました。

給付金は通常2週間程度で入金されるようで本記事を書いている時点ではまだ確認できておりませんが、いただいた給付金はコロナ自粛のため、今後の事業継続のためにありがたく使わせていただきます。

以上、申請書類の控えや押印がなくて困っている方は是非この記事を参考に手続きを進めてみてください。

※2020年5月1日(金)時点の情報となります。税務署により異なる可能性や要件などが今後変更になる可能性もありますのでご了承ください。