新年

カボチャ美味ぇなオイ

皆様、明けましておめでとうございます(遅い)。

毎年のことなのですが、12月から仕事が忙しく年末年始も仕事に忙殺されていたため、全然年が明けたという実感が湧きません。

ようやくまとまった仕事も片付いたので、自分の気分転換と頭の整理を兼ねて、現状報告や今後の予定、心境などをつらつらと書きたいと思います(私の生態に興味がない方は本記事はスルーしてください)。

今年はねずみ年ですね

今年はねずみ年ですね

旅行記事の更新も滞ってしまいましたが、昨年の11月初旬に慶良間諸島に1週間滞在した後、例年通り宮古島に長期滞在(11月~12月の約1ヶ月)していたので、宮古島に関する記事をあと数記事ほど書きたいと思っています(宮古島に関しては今さら書くことは殆どないのですが)。

安護の浦。座間味島の中でも特に青色が印象的

【慶良間諸島】沖縄屈指の美しさを誇るケラマブルーの海に魅了される。旅行記ブログ記事まとめ

2020年1月22日

あ、お問い合わせから記事の執筆依頼をくれた方(会社)ありがとうございました。

ライター業に興味はあるものの、現在は本業(翻訳業)の方がなかなか忙しく、また今年から法律家の仕事を始めようかと考えていて、スキマ時間に自分のブログ記事を書くだけでも精一杯なので残念ながら現在の状態ではお引き受けできそうもありません。

ただ、自分のクソみたいなブログ記事でも目に留めてくれている人がいるんだなぁ、と感謝しております。本記事を読んでいるかどうかは分かりませんが、この場を借りて御礼申し上げます。

ロボロフスキーハムスターのスサノオ・カリモチョ。鬼神のごとく糞を撒き散らします

ロボロフスキーハムスターのスサノオ・カリモチョ。鬼神のごとく糞を撒き散らします

他にも、個人や会社を問わずメッセージをくれる方、返信をするとは限りませんが全て目を通しております。

私が極度の面倒くさがりなこともあって、本ブログにはコメント欄を設けていないのでメーセージが来ること自体が非常に少ないのですが、感想などをいただけるのはなんだか嬉しく思います(ただの悪口は要らんけど)。

さて、今年(2020年)は年末に40歳という紛れもないおっさんになる年ということもあって、ちょっと生活を変えようかと思っています。

昨年から漠然と司法書士の仕事をするのも良いかなぁ、と思うようになってきて、今年は司法書士の研修を受けようかと考えているところです。

とは言っても、研修は秋以降となるので、実際に開業するとしても来年になるとは思いますが。

今の翻訳の会社を設立したのが30歳になる年だったので、丁度10年一区切りで、新しい事を始めるには良さそうです。

元々司法書士の仕事自体にはそれほど興味はなかったものの、今の仕事をやめる必要もないので、とりあえずやってみて、合わなかったらやめれば良いかと思っています。

寿命が短いハムスターを飼っていると、この世の無常を感じずにはいられません

寿命が短いハムスターを飼っていると、この世の無常を感じずにはいられません

また、弁護士になるために法科大学院に通うのも良いかなぁ、と考えているところです。

元々40代か50代になって時間に余裕ができたら司法試験に挑戦しようと思っていたのですが、しばらく法律から離れてみてまた法律を勉強したくなってきたので(司法書士試験に合格したのはもう2年以上も前になります)、特にやらない理由がないのであれば、別に今からやっても良いんじゃないかと。

司法試験の受験資格を得るためには予備試験を経由する方法もありますが、急いで弁護士になる必要もなく、法律の勉強自体が趣味の私にとっては法科大学院で時間をかけてじっくりと法律を勉強するのも楽しそうです。

まぁ、まだ計画段階なのですが、上記のどちらか(あるいはその両方)が実現するにせよ、時間とお金がかかりそうなので旅に出る機会は減ることになりそうです。

かぼちゃ美味い美味い

カボチャ美味い美味い

旅をするのも楽しいのですが、正直のところ一人旅も少し飽きてきて、余暇としては良くても生きがいにするには物足りなさを感じます。

私が生きていく上で幸せを感じる瞬間と言えば、勉強に集中しているときやランニングをしているときに脳内物質がドパドパでている瞬間だったり、あるいは日中に仕事を頑張った後、海に沈む夕日を眺めながらビールを飲んで脳が弛緩している瞬間だったりします。

つまり、幸せを感じるためには勉強や運動、仕事に対する努力が不可欠であって、ただ単に旅行をして遊んでいるだけ、酒を飲んでいるだけでは「快楽」を感じることはあっても本当の意味での「幸せ」を感じることはできないように思います。

その他にも幸せを感じるためには他者貢献という方法もあるかと思いますが、どうも私は人間自体がそれほど好きではないのか、「他人や社会の役に立ちたい」といった崇高な思いが強くなく、「自分が好きでやっていることが誰かの役に立てばそれでいいんじゃね」といった適当なスタンスで生きています。

今年は暖冬で良かった

今年は暖冬で良かった

そんなわけで、今年は大阪での生活に力を入れようと思っていて、春か秋にでもトカラ列島に行きたいとは考えているものの、それ以外の旅の予定は現時点では全くと言っていいほど立てておりません。

いずれにせよ、ブログ(あるいは執筆)に関しては儲かるか否かにかかわらずライフワークにする予定なので、何らかの形にせよ適宜更新して行きたいと思っています。

え?結婚はしないのかって?

結婚制度自体は単なる紙切れ一枚の契約(下手を打てば奴隷契約)だと思っているし、現在仕事以外の時間において一人で享受している幸せがなくなってしまうと人生に絶望して自殺してしまうかもしれないのでそれほど結婚したいわけでもないのですが、だからと言って抵抗があるわけではないので、気が合う人でもいたら案外あっさりと結婚するのかもしれません。

ただ、福山雅治でもなければ前澤友作でもないので(つまり、超イケメンか超金持ちのおじさんではないと言うこと)、年を取れば取るほど結婚が難しくなっていくような気もしますが、そもそも一人でもそれなりに幸せなので、結婚してもしなくてもどっちでも良いかと思っています(昔みたいに寿命が50だったら今さら結婚なんて考えなくて良いから楽なんですが)。

カボチャ美味ぇなオイ

カボチャ美味ぇなオイ

最近夫婦でバンで生活しているテレビ番組を見て、年を取ったらアメリカや日本全土をキャンピングカーで回りたいけど、ずっと一人だと寂しそうだし誰かいると良いなぁ、と思ったりもします。

でも、よくよく考えたら、同一ケージに入れたハムスターの共食いまではいかずとも、そんな狭いスペースで仲違いしたら行く場所がなくて地獄ですね。

以上、新年のご挨拶と現状報告を兼ねたわりかしどうでも良い記事でした。後から読み返して削除することになるかと思われます。

四十にして惑わず

――孔子