【波照間島の夜ご飯】集落内にあるおすすめの居酒屋「あがん」での食事

アーサとあさりのペペロンチーノ

波照間島での滞在中、夕食はもっぱらホテルとペンションで済ませたのだが、1日だけ集落内にある居酒屋「あがん」で食事をした。

居酒屋「あがん」外観

居酒屋「あがん」外観

波照間島には居酒屋が合計で3~4軒ほどあるが、その内の貴重な1軒だ。

波照間島の暗い夜道を歩いて「あがん」に到着

波照間島の暗い夜道を歩いて「あがん」に到着

「あがん」は約3年前に波照間島に滞在していた際にも2度訪れたお店だが、観光客も多く店内はいつも賑わっている印象だ。

波照間島では黒糖が有名だが、「あがん」では黒糖を使った黒蜜も製造しており、店内ではお土産に人気の黒蜜やオリジナルTシャツも販売している。

「あがん」の店内。泡波(波照間島の泡盛)のボトルだらけだ

「あがん」の店内。泡波(波照間島の泡盛)のボトルだらけだ

運良くカウンターが一席空いていた。

まずはお決まりの生ビールをいただく。お通しのオクラと共に

まずはお決まりの生ビールをいただく。お通しのオクラと共に

カウンターに座っているのは僕と同じく観光客と思われる女性ばかりだ。

店員のお姉さんは3年前と変わらず、1人で忙しそうに次から次へと来店するお客さんをさばいている。

沖縄の居酒屋でよく頼むもずくの天ぷら。塩加減が難しいんだよなぁ

沖縄の居酒屋でよく頼むもずくの天ぷら。塩加減が難しいんだよなぁ

すぐ後ろのテーブル席では台湾人か中国人か正確には判別が付かないが、中国語を話すおじさんたちのグループが泡波のボトル片手に盛り上がっていた。

この人たちホテルも同じだったけど、波照間島にも外国人観光客は増える一方のようだ。

それはさておき、ホテルの玄関に置いていた僕のお気に入りのビーチサンダル勝手に履いていったなコノヤロー。

右のカウンター席からは関西弁、後ろのテーブル席からは中国語と、日本最南端と言うより大阪のミナミのようである。

三枚肉のしょうが焼き

三枚肉のしょうが焼き

そんな喧噪をよそに黙々と食事を続け、最後の締めにはアーサとあさりのペペロンチーノをいただいた。

アーサとあさりのペペロンチーノ

アーサとあさりのペペロンチーノ

アーサ(あおさ)は今回八重山諸島の旅行でハマった食材である。

アーサ汁やお茶漬けはもちろん、天ぷらにしても美味しいし、麺にも良く合う。

食後にはせっかくなので波照間産の黒蜜がかかったアイスクリームをいただいた。

黒蜜ときなこがかかったアイスクリームは絶品だった

黒蜜ときなこがかかったアイスクリームは絶品だった

波照間島に来たら黒蜜のデザートは外せない一品である。

3年前に「あがん」に訪れたときは同じホテルに泊まっていた人たちと泡波のボトルを空けて飲み交わしたものだが、今回は1人だしビールだけ飲んで食事が済んだらさっさと帰ることにした。

いくら一人旅が好きだとは言っても、やはり居酒屋では誰かと一緒に飲みたいものである。

しかし「あがん」で食べる料理はどれも美味しかったし、同じような観光客が多くて1人でも入りやすいのでおすすめだ。

波照間島に来たら是非「あがん」に訪れ、泡波を思う存分味わって欲しい。

店舗情報

営業時間:18:00~23:00

定休日:月曜日

沖縄県八重山郡竹富町波照間148

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。