【竹富島おすすめ観光スポット】西桟橋からカイジ浜(星砂浜)まで徒歩で巡る

西桟橋

竹富島滞在初日。

周囲約9.2kmと小さな竹富島ではレンタサイクルで島巡りをする人が多いが、竹富島には2泊する予定でたっぷりと時間があったので写真を撮りながら徒歩で巡ることにした。

まずは集落に近い観光名所である西桟橋(にしさんばし)を目指す。

西桟橋

国の登録有形文化財に登録されている西桟橋だが、現在は桟橋としては利用されておらず、観光名所になっていて夕日スポットとしても人気が高い。

西桟橋

西桟橋

竹富島には農耕地が少なかったため、西表島まで稲作に出向く船着場として、1938年(昭和13年)に建設された桟橋だ。

竹富島の集落中心部から西桟橋へは徒歩でおよそ10分。

木々の間を抜けると桟橋が見えてくる

木々の間を抜けると桟橋が見えてくる

全長約105mの西桟橋の周囲には透明度の高い竹富島の青い海が広がっている。

青い空と海に向かってまっすぐに伸びる桟橋

青い空と海に向かってまっすぐに伸びる桟橋

サンゴ礁が隆起してできた竹富島の海の透明度は高い

サンゴ礁が隆起してできた竹富島の海の透明度は高い

石垣島からアクセス便利なこともあってか日中は観光客の多い竹富島だが、西桟橋もいつも観光客で賑わっており、山手線のプラットホームさながらだ(大げさ)。

人で賑わう西桟橋。遠くには小浜島と西表島が見える

人で賑わう西桟橋。遠くには小浜島と西表島が見える

コンドイビーチと同様、西桟橋の風景は潮の満ち引きによって大きく変わり、干潮時には桟橋の周囲の海はすっかりと干上がってしまう。

干潮時の西桟橋

干潮時の西桟橋

西桟橋の先端部分は傾斜しており、干潮時にはそこからサンゴ礁の上を歩くことも可能だ(スリップ要注意)。

西桟橋の先端の先端

西桟橋の先端の先端

西桟橋の地図

西桟橋からコンドイビーチへ

西桟橋からその南にあるコンドイビーチ(コンドイ浜)までは岩場と砂浜で繋がっており歩いて行くことができる。

岩場から西桟橋を望む

岩場から西桟橋を望む

時期や時間帯によっては潮が満ちて道がなくなることもあるかもしれないが、滞在中(11月)は何度か通ったが問題なく歩くことができた。

人の姿がほとんどなく、西桟橋からコンドイビーチまで海を眼前に眺めながら歩くことができるこの自然の道は、僕の竹富島で最もお気に入りの場所の一つである。

コンドイビーチが見えてきた

コンドイビーチが見えてきた

なお、コンドイビーチに関しては以前の記事を参照して欲しい。

青と白のコントラストが美しい

【コンドイビーチ】干潮時には砂州!青と白のコントラストが美しい竹富島の絶景ビーチ

2018年12月8日

カイジ浜(星砂浜)

コンドイビーチのさらに南には星砂浜として知られるカイジ浜(漢字で書くと皆治浜)がある。

カイジ浜(星砂浜)

カイジ浜(星砂浜)

カイジ浜はコンドイビーチと共に竹富島を代表するビーチだが、コンドイビーチからカイジ浜までは砂浜で繋がっており、こちらも歩いて行くことができた。

コンドイビーチからカイジ浜まで歩く

コンドイビーチからカイジ浜まで歩く

カイジ浜は潮の流れが速く遊泳禁止だが、星砂(有孔虫という生物の殻)が見つかることで人気の浜だ。

木陰でのんびりと過ごしたくなる

木陰でのんびりと過ごしたくなる

カイジ浜では、しゃがみ込んで手のひらを砂に押しつけて星砂を探している人の姿をよく見かける。

岩場と砂浜が混じったビーチだ

岩場と砂浜が混じったビーチだ

残念ながら星砂は持ち帰り禁止らしいが、ビーチにある売店で星砂のお土産を購入することができる。

遊泳禁止のためかコンドイビーチに比べると人は少なく、砂浜でのんびりと過ごすには最適のビーチである。

カイジ浜の全景

カイジ浜の全景

カイジ浜の地図

以上、西桟橋からコンドイビーチ、カイジ浜までを歩いてみた。

竹富島の主な観光スポットと言えば、赤瓦屋根の家屋と白砂の道が広がる集落を除いてはこれくらいで、見て回るだけであれば半日もあれば十分なので、竹富島に初めて訪れる方はまずはこれらの観光スポットを巡ってみて欲しい。