【コンドイビーチ】干潮時には砂州!青と白のコントラストが美しい竹富島の絶景ビーチ

青と白のコントラストが美しい

はじめに

サンゴ礁が隆起してできた竹富島(たけとみじま)の海は透明度が高い。

竹富島にはいくつかビーチがあるが、その中でもとりわけ美しく、島唯一の海水浴場として観光客にも人気が高いのがコンドイビーチ(コンドイ浜)だ。

コンドイビーチ(コンドイ浜)

コンドイビーチ(コンドイ浜)

コンドイビーチはトリップアドバイザーが毎年発表している「日本のベストビーチ Top10」の常連でもある。

これまで八重山諸島で僕が訪れたビーチの中でも、波照間島のニシ浜、西表島のイダの浜と共に八重山諸島でトップ3に入るビーチではないかと思う。

竹富島と言えば赤瓦屋根の家屋に白砂の道が有名だが、ビーチも綺麗で、中でもコンドイビーチは竹富島に来たら見逃せないスポットだ。

コンドイビーチへの行き方(アクセス)

コンドイビーチは島の西側の真ん中あたりに位置する。

集落からは徒歩でおよそ20分、自転車だとおよそ10分くらいだ。

コンドイビーチの駐輪場

コンドイビーチの駐輪場

竹富島は周囲約9.2kmと小さく、レンタサイクルで島を巡る人が多いと思うが、時間に余裕があれば個人的には徒歩をおすすめしたい。

と言うのも、西集落に近い西桟橋から、南のコンドイビーチまで海に沿って歩いて行けるからだ。

西桟橋からコンドイビーチまで歩く。岩場と砂浜が続きます

西桟橋からコンドイビーチまで歩く。岩場と砂浜が続きます

さらに、コンドイビーチからその南にあるカイジ浜(星砂の浜)までも歩いて行くことができる。

人気のない海辺を写真を撮りながらのんびりと歩くのはなかなか楽しいので、是非歩いてみて欲しい。

なお、時期や時間帯によっては潮が満ちて歩けない箇所もあるかもしれないのでご注意願いたい。

いざ、コンドイビーチへ

コンドイビーチは遠浅で波の穏やかなビーチだ。

午後のコンドイビーチ

午後のコンドイビーチ

真っ白な砂浜、コバルトブルーにエメラルドグリーンと青が幾重にも重なった海が美しい。おまけに11月だというのに空は真っ青で真夏の陽気だ。

青と白のコントラストが美しい

青と白のコントラストが美しい

遠くには、サンドバーとしても知られる小さな砂州(さす)が出ていた。

透明度の高い海に浮かぶ砂州(さす)

透明度の高い海に浮かぶ砂州(さす)

コンドイビーチでは浅瀬の海の中を歩いたり海水浴を楽しんだりしている人は多いが、サンゴ礁や魚類は少ないため、シュノーケリングには不向きのようだ。

コンドイビーチから石垣島を望む

コンドイビーチから石垣島を望む

ビーチには猫がたくさんおり、東屋(あずまや)やビーチの木陰でのんびりと過ごしている。

暑いにゃー

暑いにゃー

ちなみにコンドイビーチの「コンドイ」とは「なまこ」を意味しているらしく、どうやら海にはなまこが多いようだ。

コンドル的な格好良いものを想像していたらまさかのなまこ浜・・・今初めて知って衝撃を受けているところだ。

コンドイビーチは時間帯によって風景が一変し、干潮時には大きな砂州が現れる。

正午前のコンドイビーチ

正午前のコンドイビーチ

海の色も白みがかってくるが、干潮時には砂州まで歩いて渡ることが可能だ。

干潮時に現れる砂州は与論島の百合ヶ浜を思わせる

干潮時に現れる砂州は与論島の百合ヶ浜を思わせる

潮が引いてくると海の青さがなくなってしまうのが残念だ

潮が引いてくると海の青さがなくなってしまうのが残念だ

潮の満ち引きによって海の色が変わり砂浜も現れるコンドイビーチでは、まさに時の魔法、「タイム・マジック」を味わうことができる(なんとなく英語にしてみました)。

砂州(サンドバー)まで歩いてみた

砂州(サンドバー)まで歩いてみた

竹富島で一番人気のビーチだけあって、日中は観光客で賑わうコンドイビーチだが、夕暮れ時になるとその静けさを取り戻す。

八重山諸島でも有数の美しさを誇るコンドイビーチ、是非竹富島に滞在して、その移りゆく景色を存分に堪能したいところだ。

観光情報

アクセス:集落から徒歩でおよそ20分、自転車でおよそ10分。バス(詳細はこちら)もある。

設備:シャワー、トイレ、夏季は売店あり

住所と地図:沖縄県八重山郡竹富町竹富