【無料送迎あり】与那国島唯一!日本最西端のバー「ウエストポイント」で飲む

カルーアミルク

日本最西端の島・与那国島にはバーが1軒だけ存在する。

その名もバー「ウエストポイント(West Point)」で、祖納(そない)集落にある与那国島最大の繁華街の一角を占めている。

田原川(たばるがわ)沿いにある与那国島一の繁華街(笑)

田原川(たばるがわ)沿いにある与那国島一の繁華街(笑)

日本最西端のバーにも一度入ってみたかったので、この日は同じく繁華街にあるスナック「来夢来人(ライムライト)」で飲んだ後にこのバーにやって来た。

与那国島の泡盛「どなん」の30度。ママお手製のおつまみと共にいただく

【与那国島で夜遊び】祖納集落の繁華街にあるスナック「来夢来人(ライムライト)」

2018年12月3日
バー「ウエストポイント(West Point)」外観。暗くてよく分かりません

バー「ウエストポイント(West Point)」外観。暗くてよく分かりません

「ウエストポイント」ではテーブルチャージはなく、ドリンクは全て500円という安さ。

「ウエストポイント」のメニュー

「ウエストポイント」のメニュー

友人と2人でカウンターに腰掛け、まずはマリブパインをいただいた。

マリブパイン。シンプルだがおしゃれ

マリブパイン。シンプルだがおしゃれ

バーテンダーは30代後半の僕から見てもかなり年上のおっとりした女性で、内地出身で与那国島に移住してきたらしい。どうやら旦那さんが経営しているバーを1人で切り盛りしているようだ。

お酒が並ぶ「ウエストポイント」の店内

お酒が並ぶ「ウエストポイント」の店内

スナックでも居酒屋でもなく、おばちゃんがお酒を作ってくれるバーというのはなんだか新鮮だが、カクテルは500円にもかかわらずしっかりとした味でアルコールが効いていて美味しい。

カルーアミルク

カルーアミルク

店内にはカウンターだけでなくボックス席もあり、YouTubeで音楽を流したり、ダーツを楽しんだりすることもできる。

店内にはダーツもある

店内にはダーツもある

ダーツバー好きの東京の友人B(べー)ちゃん、ダーツを見つけてテンションが上がる。

僕はYouTubeでお気に入りの洋楽を選曲して、バーのマスター(いや、女性だからミストレスと言うべきか)と会話を楽しみながらのんびりとした島での夜の時間を過ごしていた。

そんな中、ふと気が付くと僕が聞いていた洋楽がラルクに変わっている。

横に目をやると、ラルクを聞きながらノリノリのB(べー)ちゃんがまるで自分の家のようにダーツで遊んでいるではないか。

バーのミストレスと共に少々呆れかえった僕は、好きでもないラルクをバックグラウンドにマイペースに酒を飲んでいた。

台風の影響か、外は雨がぱらついている。

この日は結構飲んでいたので、翌日に備えて2杯ほど飲んだところでホテルに戻ることにした。

帰ろうとしたのは深夜1時くらいだっただろうか。他にお客さんがいなかったこともあってかミストレスが車でホテルまで送迎してくれた。

1人あたり2杯1,000円しか飲んでいないのに、なんだかこっちが申し訳なくなるくらいのサービスである(ちなみに、与那国島のタクシーは現在は夜遅くまで走っていないようだ)。

日本最西端のバー「ウエストポイント」、音楽もダーツもあって、1人でゆっくりと飲むこともできる与那国島の夜には欠かせないお店である。

僕もまた与那国島に来た際には訪れたいと思う。

店舗情報

営業時間:22:00~3:00

定休日:火曜日

住所と地図:沖縄県八重山郡与那国町字与那国3

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。