【与那国島の夜ご飯】祖納集落にある隠れ家的な居酒屋「シーサー」での食事

アーサー茶漬。黒島産アーサーがこれでもかと言うほど入っている

与那国島最終日(5日目)の夜。

友人と一緒に祖納(そない)集落で食事をしようとしたのだが、焼肉屋は電話をしたところ貸切で空いておらず、次に訪れた居酒屋も予約で一杯らしく入れなかった。

小さな島で居酒屋も両手で数えられるほどしかないので、行きたいお店があれば事前に予約しておくことをおすすめする。

そんなわけで、祖納集落をしばしさ迷いやって来たのが「シーサー」。

「シーサー」外観

「シーサー」外観

このお店はネットやガイドブックにも全然情報が載っていないのだが、喫茶店「てんだ花」のすぐ近く、大きな通り沿いにあって割と目立つ。

店内はこじんまりとしていて、家庭的な定食屋といった雰囲気。

三線が飾ってある「シーサー」の店内

三線が飾ってある「シーサー」の店内

ちなみにこのお店はランチも営業していて、ヤギ汁やヤギ刺などもランチメニューにあったので、興味がある方は挑戦してみて欲しい(僕は匂いが苦手だ)。

座敷席に座り、壁に飾られている天皇陛下がご来島された時のお写真に見守られながら、まずはオリオンビールで乾杯。

与那国島でもやっぱりオリオンビール

与那国島でもやっぱりオリオンビール

料理メニューには沖縄料理もあるが、沖縄の居酒屋では(というか内地の居酒屋でも)あまりお目にかからないラム肉やエゾシカなどの珍しい食材、さらにはカジキの心臓などの珍味もあった。

島とうふちゃんぷるー。前菜にぴったり

島とうふちゃんぷるー。前菜にぴったり

タレでいただくラム肉。ヤギ(山羊)は苦手だがラム(仔羊)は好き

タレでいただくラム肉。ヤギ(山羊)は苦手だがラム(仔羊)は好き

この日は店内には他に一組しかお客さんがおらず、座敷にあぐらをかいて座り、島気分を味わいながらゆっくりと食事を楽しむことができた。

エゾシカ炒め(塩)。なかなか美味い

エゾシカ炒め(塩)。なかなか美味い

店員のおばちゃんはざっくばらんな感じで色々と話しかけてきてくれる。どうやら内地出身の人らしい。

余談であるが、沖縄の離島のホテルやレストランに行くと、スタッフは内地出身の人である場合が多い。

「わざわざこんな小さな島まで来て同じ地元の人と話したくねーよ」と思われる方もいるかもしれないが、小さな離島ほど、元々の島の人口が少ないためか接客業に従事している人は内地出身者が多いような気がする(そもそも、小さな島の人は接客業に向いていないのかもしれない)。

沖縄に来たらよく食べるもずくの天ぷら

沖縄に来たらよく食べるもずくの天ぷら

長命草酒。与那国名物と言えばカジキと長命草である

長命草酒。与那国名物と言えばカジキと長命草である

このお店で食べた料理はどれも美味しかったが、最後に締めで食べたアーサー茶漬が一番印象に残っている。

アーサー茶漬。黒島産アーサーがこれでもかと言うほど入っている

アーサー茶漬。黒島産アーサーがこれでもかと言うほど入っている

他のお店とは一味違う珍しい食材を使った料理、そしてこじんまりとした店内でのんびりと島気分が味わえる「シーサー」、与那国島の祖納集落で居酒屋を探している方にはおすすめしたいお店である。

住所と地図

沖縄県八重山郡与那国町与那国79