【由布島観光】亜熱帯植物園の島を歩く!おすすめ観光名所や見どころをご紹介

島を囲むように砂浜が続く

由布島(ゆぶじま)は西表島に隣接する周囲2.15kmの小さな島で、島全体が亜熱帯植物園になっている。

僕は西表島路線バス(本数が極めて少ない)の時間の関係で由布島での滞在時間は5時間ほどあったのだが、由布島は2時間もあれば十分に見て回れる小さな島である。

そんなわけで、時間をかけて由布島をのんびりと散策してきたので以下にご紹介したい。

なお、由布島への行き方(アクセス)に関しては前回の記事を参照して欲しい。

【由布島(ゆぶじま)への行き方】路線バスと水牛車に揺られて由布島へと渡る

2018.11.09

由布島で水牛車を降りた後、水牛の池を通り過ぎ、ハイビスカスなどの亜熱帯植物が生い茂る由布島の道を歩いて蝶々園に入る。

水牛の池

水牛の池

日本最大級の蝶「オオゴマダラ」を見ることができる蝶々園

日本最大級の蝶「オオゴマダラ」を見ることができる蝶々園

蝶々園からマンタの浜に向かって歩いて行くと、道中に由布島小中学校の跡地がある。

由布島小中学校の跡地

由布島小中学校の跡地

由布島はかつて竹富島や黒島から移り住んだ人たちで栄えていたが、昭和44年のエルシー台風で島は大きな被害を受け、住民のほとんどは西表島へ移っていったらしい。

旧井戸跡

旧井戸跡

由布島小中学校の跡地から少し歩くとマンタの浜にたどり着いた。

引き潮時のマンタの浜

引き潮時のマンタの浜

マンタの浜はかなりの遠浅で、正面には小浜島が見える。

ただ単にビーチ好きなこともあるが、マンタの浜は僕の由布島での一番のお気に入りの場所だ。

砂浜はどこまでも続いていて、由布島を一周できるのではないかと思うほどだ。ひたすら砂浜を歩いて「ロスト(海外ドラマ)」気分を味わうのも良いだろう。

島を取り囲むように砂浜が続く

島を取り囲むように砂浜が続く

マンタのオブジェがあるマンタの浜の入り口近くには「由布島茶屋」というカフェがあり、ここでのんびりと過ごすのもおすすめだ。

「由布島茶屋」外観

「由布島茶屋」外観

カフェラテは濃厚で美味しい

カフェラテは濃厚で美味しい

マンタの浜からさらに島の奥へと歩いて行くと、色とりどりの花が咲き乱れるブーゲンビレアガーデンがある。

ガジュマルの木

ガジュマルの木

ブーゲンビレアガーデン

ブーゲンビレアガーデン

ブーゲンビレアガーデンから水牛車乗り場に向かって西表島側の道を歩いて行くと、マングローブ遊歩道の入り口がある。

マンタの浜に加えて、マングローブ遊歩道は僕の由布島でのもう1つのお気に入りスポットだ。

マングローブ遊歩道

マングローブ遊歩道

マングローブ林の中に伸びる遊歩道を歩いて行くと、マングローブ、そして海の向こうに西表島の大きな島影を望むことができる場所に出る。

マングローブ林から西表島を望む

マングローブ林から西表島を望む

午前中の早い時間帯は人が少なく静かだった由布島だが、お昼時が近づいてくるにつれて団体ツアー客の姿が目立つようになってきた。

由布島にはレストランや売店が入った建物もあるので、ここでランチを取ったり水牛グッズなど由布島のお土産を買ったりすることができる。

由布島のレストラン(売店)

由布島のレストラン(売店)

ランチに八重山そばをいただいた

ランチに八重山そばをいただいた

由布島には以前に一度訪れたこともあってか、2~3時間もするとやることがなくなってしまった。

僕が植物や蝶々にあまり興味がないせいもあるが、正直、由布島ではマンタの浜まで歩いてカフェでのんびりし、マングローブ遊歩道を見ておけば十分な気がする。

亜熱帯植物が生い茂る由布島の道

亜熱帯植物が生い茂る由布島の道

とは言え、水牛車に乗って海を渡るのは他ではなかなかできない体験だろうし、西表島に来た際には是非一度は由布島を訪れてみて欲しい。

再び水牛車に乗って西表島に戻る

再び水牛車に乗って西表島に戻る