【由布島(ゆぶじま)への行き方】路線バスと水牛車に揺られて由布島へと渡る

由布島へと渡る水牛車

西表島に滞在中、由布島(ゆぶじま)を日帰りで訪れた。

西表島から水牛車に乗って渡ることができる由布島は、西表島に来た人がほとんど訪れるであろう人気の観光スポットになっている。

由布島への水牛車乗り場は西表島の東側にある。

ジャングルで覆われた面積の広い西表島ではレンタカーなどを借りて移動する人も多いと思うが、僕はあえて路線バスを利用して水牛車乗り場まで行ってきたので以下にご紹介したい。

西表島の路線バスは西部地区の白浜から東部地区の豊原まで、西表島の主要道路が通っている部分を網羅しているが、バスの本数は1時間に1本どころではないので、事前のスケジューリングが重要となる。

僕は3日間西表島に滞在する予定だったので、3日間乗り放題のフリー乗車券を購入した。何気に由布島の入園料が10%割引になるクーポンが付いているのが嬉しい。

西表島路線バスの時刻表・運賃表

滞在ホテル近くの上原のバス停でバスに乗り込み、由布水牛車乗場でバスを降りる。

味があるバス乗り場の待合所

味があるバス乗り場の待合所

乗車時間は約50分で、右手に西表島のジャングル、左手に海を眺めながら数人の乗客(ほとんどが観光客と思われる)を乗せた路線バスはゆっくりと走る。

西表島路線バスの車窓からの風景

西表島路線バスの車窓からの風景

水牛車乗り場に到着後、「旅人の駅 由布島」で水牛車のチケット(由布島の入園料込み)を購入する。

「旅人の駅 由布島」

「旅人の駅 由布島」

水牛車は大体30分間隔で出発している。水牛車のチケット料金と時刻表はこちらを参照して欲しい。

午前9時発の水牛車に乗って西表島から由布島に向かって出発。

由布島へと渡る水牛車

由布島へと渡る水牛車

乗務員の穏やかなおじいちゃんと水牛の海(カイ)くん、共にベテランのようである。

水牛車から由布島を望む

水牛車から由布島を望む

朝一番の水牛車と言うこともあってか、乗客は東京から来たおじさんと僕しかいない。

由布島は昼頃になると団体のツアー客が押し寄せるので、静かな由布島を堪能したいのであれば早い時間帯に訪れるのがおすすめだ。

由布島への道中、水牛車の便を運行中に海くん、海中に便をする(色々とかけてみました)。

水牛は必ず道中で糞をしているような気がするが、そのように訓練されているのだろうか。ここを歩いて渡るのは地雷だらけの戦場を行くようなものである。

海を水牛車で渡れるのはここだけかも?

海を水牛車で渡れるのはここだけかも?

水牛車では三線のサービスもあるが、この日は朝一でおまけに乗客がおっさん2人だけだったせいもあってか、行きの便では三線を聞くことはできなかった。

おとなしい性格の水牛だが、大人を何人も乗せた水牛車を雄々と引く凄まじいパワーには圧倒される。

のんびりと水牛車に揺られて、15分程度で由布島に到着した。

【由布島観光】亜熱帯植物園の島を歩く!おすすめ観光名所や見どころをご紹介

2018.11.09