【小浜島の夜】おすすめの人気居酒屋「Sanufa(サヌファ)」での食事

「Sanufa(サヌファ)」外観

小浜島滞在2日目の夜。

滞在しているホテル「カナンリゾート」の目と鼻の先にある居酒屋「Sanufa(サヌファ)」で食事をすることにした。

小浜島の居酒屋はちょっと変わったシステムで、基本的には予約が必要で送迎が付いているらしい。

「Sanufa」は人気のお店らしいが、当日午後3時過ぎに電話をして予約を取ることができた。

ホテルのすぐ目の前なので送迎は必要なく、空に浮かぶ月を眺めながら歩いて行く。

月が綺麗な小浜島の夜

月が綺麗な小浜島の夜

「島の居酒屋」と言うよりも、外観はなんだかペンションみたいなおしゃれな雰囲気である。

「Sanufa(サヌファ)」外観

「Sanufa(サヌファ)」外観

店内に入って案内されたテーブルに座り、まずは沖縄の居酒屋ではお決まりのオリオンビールとお通しのモズク酢をいただく。

オリオンビールとモズク酢

オリオンビールとモズク酢

ドリンクメニューはこんな感じ

ドリンクメニューはこんな感じ

フードメニューは壁に掛けられた黒板に書いてあるが、美味しそうな料理が一杯でどれを食べようか迷う。

「Sanufa」のフードメニューその1

「Sanufa」のフードメニューその1

「Sanufa」のフードメニューその2

「Sanufa」のフードメニューその2

結局、定番の刺身盛り合わせからいただくことにした。一人旅では一品ずつ頼んでゆっくりと食事を楽しむのがコツである。

近海魚お刺身盛りあわせ

近海魚お刺身盛りあわせ

刺身は間違いなく美味しいのだが、沖縄の離島でこの量で1,200円は少し高い気がしないでもない。

続いていただいたのは「グルクン唐揚おろしポン酢」。

グルクン唐揚おろしポン酢

グルクン唐揚おろしポン酢

グルクンの唐揚げも沖縄ではよく食べるお決まりの料理でそれほど期待はしていなかったのだが、おろしポン酢でいただくこのお店のグルクンの唐揚げは絶品だった。

本当に美味しい料理に出会ったとき、僕は文字通りその料理にむしゃぶりついてしまい、お箸が止まらず一瞬のうちに平らげてしまう。

たとえ、目の前に「ザ・ウォーキング・デッド」のベスちゃんが座っていたとしても全く目もくれずに食事を続けるほどの美味しさだ(なんのこっちゃ)。

一人旅だと食べられる料理の数に限りがあり、なおかつ今回は約1ヶ月半の旅行で予算もタイトなので早くも締めに入ることにした。

締めに選んだのは、こちらも沖縄料理の定番タコライス。

タコライスはどこで食べても美味い

タコライスはどこで食べても美味い

念のために説明しておくと、タコライスとはタコスの具材がご飯の上に乗った沖縄料理だ。

僕はご飯の上に野菜がたくさん乗った料理はあまり好きではなく、タコライスも以前はそれほど美味しいとは思わなかったのだが、沖縄歴が長くなるにつれてタコライスも好きになっていった。

ソウルフードとはそのようなものである。僕もだんだんと沖縄の人に近づいていっているのかもしれない。

小さな離島の夜は特にやることもないので、食事の後はホテルに戻ってのんびりと過ごすことにした。

「Sanufa」、小浜島に来たら是非訪れて欲しいおすすめの居酒屋だ。

ちなみに石垣港離島ターミナルにも姉妹店があるのでこちらも合わせてチェックしてみて欲しい。

「ちょっちゅね~」でお馴染みの具志堅用高。石垣島のアイドルだ

【石垣島からフェリーで黒島へ】石垣港離島ターミナルの「サヌファ」でランチ

2018年10月19日

店舗情報

営業時間:18:00〜23:30

定休日:水曜日

公式サイト:http://sanufa.decogr.com/

住所と地図:沖縄県八重山郡竹富町字小浜758-1

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。