黒島近海シュノーケリング&新城島(パナリ島)内観光ツアーに参加してみた

展望台からの風景

はじめに

黒島に滞在中、「うんどうや」が主催する黒島近海をシュノーケリングして新城島(あらぐすくじま)を観光するツアー(パナリコース)に参加した。

新城島は人口10人程度の小さな島で、上地島(かみじじま)と下地島(しもじじま)の2つの離れた島からなるため、現地の方言で「離れ」を意味する「パナリ」島と呼ばれている。

新城島に渡る定期船はないため、島を訪れるにはツアーに参加する必要がある。

僕は船酔いするし団体行動も苦手なので(面倒くさい人間である)、ボートに乗るシュノーケリングツアーには滅多に参加しないのだが、今回新城島に上陸するためにこのツアーを利用することにした。

パナリコースのツアーの時間は9:30~12:30で料金は5,000円。マスクとフィンのシュノーケルセットをレンタルすると別途1,000円かかる。

台風でできた珊瑚の島に上陸

ツアー当日は民宿まで迎えに来てもらい、出発地点の黒島港へと向かう。

黒島港でボートに乗り込む

黒島港でボートに乗り込む

黒島周辺の美しい珊瑚礁の海を見ながらボートは走り、まずはこの前の2つの台風でできたらしい白い珊瑚の島にやって来た。

海に浮かぶ珊瑚でできた白い島

海に浮かぶ珊瑚でできた白い島

ボートを降り、膝くらいまである水の中を歩いて島へと上陸。

バラス島もこんな感じなのだろうか

バラス島もこんな感じなのだろうか

島から見る珊瑚礁の海は透き通っていて美しい。

黒島近海の海は透明度が高い

黒島近海の海は透明度が高い

いかにもインスタ映えしそうなスポットで、案の定、若い女子たちはキャッキャッと自撮りにいそしんでいる。

ツアーでないとなかなか見ることができない光景だ

ツアーでないとなかなか見ることができない光景だ

小さな島の上を歩いてパシャパシャと何枚か風景写真を撮り、ボートに戻ろうとしたところで事件発生。

名も無き無人島を歩く

名も無き無人島を歩く

最後の方で歩いてボートに戻ろうとしたところ、波のせいかボートは離れ思った以上に水位が上がっている。

島に上陸した時は膝くらいまでだった水位は胸のあたりまで達していた。

iPhoneをアームバンドに入れて左腕に巻き付けていたのだが、海水に浸かりそうだったので慌てて左腕を上げる。

左腕を上げた状態でよちよち歩きで歩いていると、波もあってサンダルが脱げ、バタバタともがいていたところ珊瑚で両足を切ってしまった。

地味にレスキューダイバーのライセンス(オーストラリアで取得しました)を持っている僕、助けが必要な状態になる。

結局、徒歩でボートまでたどり着くことはできず、一旦浅瀬まで戻って、iPhoneをボートから手を伸ばしているスタッフに渡して泳いで戻ることにした。

足の指は珊瑚でぱっくりと割れてしまったが、指が残っているだけでも良しとしよう。

一瞬海水に浸かったiPhoneは充電ができなくなり、しばらくすると充電はできるようになったもののパソコンに同期して写真が転送できない状態になってしまい、今回の沖縄旅行前に買ったばかりだというのにまた新しいiPhone SEを購入する羽目になってしまった。

旅にトラブルは付きものである。短い間だったけど、さようならiPhone SE。

黒島近海をシュノーケリング

その後、ボートはシュノーケリングスポットまで移動して1本目のシュノーケリング。

黒島近海の海

黒島近海の海

珊瑚で切った足から血を流しながら、せっかくなので海に入ることにした。

色々な所に潜っている人の話によると、黒島近海の海はなかなか綺麗らしく、海の中ではお魚さんをたくさんみることができました(どうも、僕は海中の景色にはあまり惹かれないらしい)。

その後、ボートは別の場所に移動してもう1本のシュノーケリング。

沖縄とは言え10月は海から上がった後は冷えるし、ボートは結構揺れて若干気分が悪くなってきたので2本目はパスすることにした。

ボートの上で用意されているケーキをほうばり、温かいさんぴん茶をいただきながら海を眺めてのんびりと過ごす。

新城島(パナリ島)内を観光

2本のシュノーケリングの後、この日の最大の目的だった新城島へと上陸する。

新城島(パナリ島)

新城島(パナリ島)

iPhone水没と両足の怪我でテンションだだ下がりの僕、一気に元気になる。

新城島の港

新城島の港

人がいないせいだろうか、新城島の海はとにかく美しく、港から見る海は八重山諸島の他の島とはどこか一味違うように感じる。

しかし、残念ながら「うんどうや」が主催するツアーでは新城島内の展望台とビーチしか訪れないようだ。集落内は島の人がいなければ入れないらしい。

撮影禁止の林の中の道を通り抜け、展望台に登る。展望台からは港が一望できる。

展望台からの風景

展望台からの風景

新城島の海の透明度は格別だ

新城島の海の透明度は格別だ

展望台からの風景(港の反対側)

展望台からの風景(港の反対側)

展望台を降りた後は、再び林の中の道を歩いてビーチに到着。

新城島のビーチ

新城島のビーチ

原始的なビーチである

原始的なビーチである

新城島内を観光した後、ボートは出発した黒島港へと戻ってきた。

民宿まで送ってもらい、これでこの日のツアーは終了だ。

黒島近海をシュノーケリングして、新城島もちょっと訪れてみたいという方はこのツアーに参加すると良いだろう。

新城島に関しては石垣島滞在中に別のツアーにも参加する予定なので、また後日レポートをしたいと思う。