【民宿あ~ちゃん】ゆんたくで時は流れて・・・黒島のおすすめ民宿での宿泊

「民宿あ~ちゃん」外観

はじめに

沖縄の小さな離島だとネットで宿泊予約できないところも多いので、僕のような電話嫌いには結構困る。

黒島では「民宿あ~ちゃん」に2泊滞在したのだが、この民宿を選んだ理由は単純にじゃらんでネット予約できたからだ。

「民宿あ~ちゃん」外観

「民宿あ~ちゃん」外観

宿泊料金は1泊2食付きで6,000円(税込)。港への無料送迎サービスや無料レンタサイクルもある。

島の食材を使った料理も美味しかったし、結論としてここに宿泊して良かったと思う。以下にご紹介していきたい。

部屋

部屋は清潔で、離島の民宿でよく見るごく普通の和室である。

「民宿あ~ちゃん」の和室

「民宿あ~ちゃん」の和室

腰痛持ちのおじさんには床に座るタイプのテーブルや布団はやや辛いのだが、民宿なのでこれはしょうがない。

部屋は清潔だ

部屋は清潔だ

有料のクーラーもあるが、10月の黒島はそれほど暑くはなかったので扇風機で十分だった(夜は寒いほどだった)。

Wi-Fiも利用可能(パスワードは隣接している食堂にある)で、結構快適に使える。当初、iPhoneのテザリングを利用してネット接続していたのだが、こちらは結構スピードが遅かった。

バス・トイレ付きの部屋もあるようだが、僕が泊まった部屋はバス・トイレは共同。

バス・トイレルーム。バスタブまである

バス・トイレルーム。バスタブまである

お湯も問題なく出るが、バスタオルがないのはやや不便に感じた。

食事

黒島では食事をするところは少ないので、2食付きのプランにした方が無難だ。

食事は隣接している食堂でいただく。

「民宿あ~ちゃん」の食堂

「民宿あ~ちゃん」の食堂

島の新鮮な食材を使った料理は美味しく、量も多くて大満足だ。

夕食。写真にはないが味噌汁も付いてくる

夕食。写真にはないが味噌汁も付いてくる

こちらは朝食。この後卵かけご飯もいただいた

こちらは朝食。この後卵かけご飯もいただいた

中庭には鶏小屋があり、卵好きの僕には獲れたての卵はたまらない。

中庭の鶏小屋。朝はこれで目が覚める

中庭の鶏小屋。朝はこれで目が覚める

食堂にも外のゆんたく(おしゃべり)スペースにも無料の泡盛がまるで水のように置いてある。

ゆんたくスペースに置いてある泡盛「請福」

ゆんたくスペースに置いてある泡盛「請福」

食事は相席なので、自然と他の宿泊者と話すことになる。

石垣島周辺では本当に東京と大阪の人によく出会うが、ここでも宿泊者の多くは東京と大阪の人だった。

結構ファンが多い民宿らしく、宿泊客の中には常連客もちらほら。

食後は無料の泡盛を飲みながらゆんたくを楽しむ。気が付けば深夜まで飲んでいた。

集団行動ができない僕はゆんたくも苦手なので普段は民宿やゲストハウスには泊まりたいとも思わないのだが(仕事もあるし)、たまにはこういうみんなでワイワイした雰囲気を味わうのも良い。

星空ツアー

夜になると宿の人が星空を見るドライブに連れて行ってくれた。

残念ながらこの日は曇っていて伊古桟橋から綺麗な星空を見ることはできず、ヤシガニにも遭遇しなかったのだが、誰もいない夜の黒島の豊かな自然を堪能することができた。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

蛍の幼虫。関西弁を話す女子2人組はキモいと騒いでいた

蛍の幼虫。関西弁を話す女子2人組はキモいと騒いでいた

チェックアウト

黒島は初めてなので他の宿泊施設に泊まったことはないのだが、「民宿あ~ちゃん」での滞在はリーズナブルな料金にもかかわらずなかなか満足のいくものだったのでおすすめだ。

僕は仕事が捗らない民宿には他に選択肢がない限りあまり泊まらないのだが、美味しい家庭的な食事やアットホームなサービス、そして出会いなどがあると民宿も良いなぁ、と思わせてくれる。

また黒島に来るときは利用したいと思う。

チェックアウト後は港まで送迎してもらい、石垣島経由で次の目的地である小浜島へと向かった。

予約

住所と地図

沖縄県八重山郡竹富町黒島宮里83