【青の洞門(ブルーグロット)】ボートツアーに参加してマルタ島の青い海を堪能!

これは多分サークルケーブ

マルタ島南部に、青の洞門(ブルーグロット)と呼ばれる長年の風と波の浸食によってできた洞門がある。

ここではボートツアーに参加して周辺の洞窟を巡り、太陽光が海に反射して様々な表情を見せる青の世界を楽しむことができる。

青の洞門(ブルーグロット)への行き方

青の洞門へは、首都バレッタ(ヴァレッタ)から74番のバスでアクセス可能だ。

降車するバス停はGrottoまたはPanoramaとなる。ボート(遊覧船)に乗りたいのであればGrotto、展望台に行きたいのであればPanoramaで降りると良いだろう。

展望台からは青の洞門の全景が見渡せるようだが、残念ながら僕は今回下調べをしていなかったこともあって展望台からの景色を眺めることはできなかった。

青の洞門の近くには世界遺産のハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿もあるので、合わせて訪れるのもおすすめだ。

【ハジャーイム神殿】マルタ島おすすめ観光スポット!世界遺産の巨石神殿へ

2018.08.06

【マルタ島観光名所】ハジャーイム神殿から地中海を望むイムナイドラ神殿へ

2018.08.09

僕はこの日、ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿を観光した後、徒歩で青の洞門へと向かった。

空も海も真っ青だ

空も海も真っ青だ

ハジャーイム神殿から青の洞門までの距離は2km程度だと思うが、日陰がなくて暑いので、歩くのが嫌な方はバスやタクシーを利用すると良いだろう。

青の洞門のボート乗り場が見える

青の洞門のボート乗り場が見える

青の洞門のボートツアーに参加

ボート(遊覧船)乗り場付近にはカフェやレストランが立ち並び、岩場は海水浴客で賑わっていた。

青の洞門周辺の景色

青の洞門周辺の景色

マルタらしい岩場の海水浴場だ

マルタらしい岩場の海水浴場だ

ボートツアーのチケットは、乗り場近くにあるチケット売り場で購入する。チケットは大人1枚8ユーロ(約1,000円)だ。

青の洞門ボートツアーのチケット

青の洞門ボートツアーのチケット

チケットを購入し、小さなボートに乗り込む。ライフジャケットを着用するのだが、カメラを首に掛けていたこともあってこれが少々面倒くさかった。

ボート乗り場

ボート乗り場

ボートはある程度人数が集まったら出発する。小さなボートで思ったよりも揺れるので、船酔いしやすい人は要注意だ。

青の洞門へ向けて出発

青の洞門へ向けて出発

ボートツアーは20分程度で、青の洞門に向けて断崖に沿って進み、様々な洞窟を訪れる。

色々な洞窟がある

色々な洞窟がある

洞窟には「ウインドーケーブ」や「ハネムーンケーブ」などの名前が付いていて、ボートの操縦士が後ろで名前を叫んでくれるのだが、見た目の違いは微妙だし、安定しないボートの上で写真を撮るのに夢中で、はっきり言ってどれがどれだか分からなかった。

太陽光が差し込む洞窟内

太陽光が差し込む洞窟内

青の洞門

青の洞門

ボートは薄暗い洞窟内にも入っていく。他のボートとすれ違いざま、乗客たちが「フォー」と声を上げるのがいかにも西洋らしい。

洞窟内を探検

洞窟内を探検

これは多分サークルケーブ

これは多分サークルケーブ

青の洞門周辺の海は、マルタ島の中でも一際綺麗に感じる。地中海らしく文字通り青い海なのだが、日の光によって、宮古島の海のようなエメラルドグリーン色に見えることもある。

透明度の高いエメラルドグリーンの海

透明度の高いエメラルドグリーンの海

これは多分ブルーウインドウケーブ

これは多分ブルーウインドウケーブ

さながら遊園地のアトラクションのようにいくつかの洞窟を足早に探検した後、ボートは出発したボート乗り場へと戻る。

ボートから断崖を望む

ボートから断崖を望む

青の洞門では取り立てて他にやることもなさそうだし、マルタの綺麗な海を間近で堪能できるので、青の洞門に来たら是非ボートツアーに参加してみて欲しい。

また、僕が今回訪れる事ができなかった青の洞門が一望できる展望台にも訪れて、良い写真が撮れたら見せていただけると幸いである。

崖の上から青の洞門方面を望む

崖の上から青の洞門方面を望む

観光情報(ブルーグロットボートサービス)

営業時間:9:00~17:00(冬期は~15:30)

休業日:無休(天候によってボートが出ないこともある)

料金:大人8ユーロ、子供4ユーロ

公式サイト(英語):http://www.bluegrottomalta.com.mt/

地図:

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。