【宿泊レビュー】マルタ共和国ゴゾ島のおすすめ格安ホテル「Quaint Hotel」

「Quaint Hotel」外観

はじめに

今回、マルタ共和国のゴゾ島には約1週間滞在したのだが、その際に宿泊したのがサナット(Sannat)という村にある「Quaint Hotel」だ。

「Quaint Hotel」外観

「Quaint Hotel」外観

7泊8日の宿泊で、宿泊料金は1泊あたり約78ユーロ(約1万円)だった。

予約はBooking.comから行った。僕はこれまでアジア旅行に行く機会が多く、ホテルの予約には主にアゴダ(agoda)を利用していたのだが、ヨーロッパはBooking.comの方が強いイメージである(グループ会社なので支払い方法以外に大差はない)。

なお、余談であるが、7~8月のマルタはハイシーズンで直前ではホテルの部屋も空きが少ないので、なるべく事前に予約することをおすすめする。

立地

「Quaint Hotel」があるサナットという村はゴゾ島の南部にある。

ゴゾ島の中心地であるヴィクトリアやリゾート地のシュレンディには2~3km程度なので歩いて行くこともできるが、夏のゴゾ島は沖縄の離島のように日陰がなくてとにかく暑い。

バスも走っているが、ゴゾ島のバスは1時間に1本程度と使い勝手が悪いので、Malta Public Transportのページ(英語)などで事前にバスの時刻表を調べておくことをおすすめする。

まぁ、小さな離島での滞在は得てしてそのようなものだしのんびりと過ごすにはおすすめだが、1~2泊程度の短期滞在でゴゾ島を効率的に見て回りたいのであれば、バスターミナルがあるヴィクトリアやフェリーが発着するイムジャール港に滞在した方が良いかもしれない。

「Quaint Hotel」は教会に面しており、近くにはコンビニ(と言うか商店)やレストランもあるので、生きていく上ではさほど困らない。

「Quaint Hotel」前の教会

「Quaint Hotel」前の教会

なお、「Quaint Hotel」はいくつかホテルを経営しており、ゴゾ島では他にヴィクトリアの南東に位置するシェウキーヤ(Xewkija)にもある。

シェウキーヤ(Xewkija)の「Quaint Hotel」

シェウキーヤ(Xewkija)の「Quaint Hotel」

部屋

ホテルの入り口は暗証番号を押さないと解錠されない仕組みになっているので安心だ。

なんだか狭いフロントでチェックインして部屋へと向かう。

フロントとは異なり、ダブルルームの部屋の中は広々としていた。

ダブルルームの部屋

ダブルルームの部屋

室内はとても清潔で、ベッド、デスクともになかなかの使い心地だ。ブティックホテルというのは機能性よりもデザイン性を重視しがちだが、機能面で特に不便だと感じることはなかった。

ふかふかのダブルベッド

ふかふかのダブルベッド

広々としたデスク

広々としたデスク

Wi-Fi(インターネット)も問題なく繋がる。海外の先進国に滞在するのは久しぶりのような気もするが、やっぱり先進国って良いなぁ・・・と思える瞬間だ。

まるで中庭のようなおしゃれなバルコニーもあるのだが、景色は残念ながら頭上の空しか見えず、さながら囚人のような気分になった。タバコを吸う人には重宝するだろう。

バルコニー

バルコニー

歯ブラシは置いていないが、アメニティなど必要なものは一通り揃っている印象だ。チェックインした日は無料のミネラルウォーターが置いてあったが、どうやらこれは初日だけらしく、補充はしてくれなかった(ちなみにリクエストはしていない)。

コーヒーやティーがあるのが嬉しい

コーヒーやティーがあるのが嬉しい

シャワー&トイレルームも清潔で、ヨーロッパのブティックホテルらしい雰囲気である。

シャワー&トイレルーム

シャワー&トイレルーム

お湯もしっかりと出る

お湯もしっかりと出る

ヨーロッパの国なのでもっと雑だと思っていた(偏見だろうか)のだが、ルームクリーニングやサービスもしっかりしていた印象だ。

レストラン(朝食とディナー)

朝食は宿泊料金に含まれており、ホテル併設のレストラン「Beppe’s」でいただく。

ジュースやパン、ハムなどはセルフサービスだが、ベーコンエッグ、ソーセージ、ビーンズの朝食はスタッフが調理してくれ、コーヒー(またはティー)も入れてくれる。

「Quaint Hotel」の朝食

「Quaint Hotel」の朝食

やはりできたての料理は美味しいもので、結局朝食は毎日いただいてしまった。

また、滞在中このレストランで2度ディナーをいただいたのだが、ステーキが人気らしく、マルタで何度かレストランの賞を取っているようだ。

教会を望むオープンテラス席での食事はなかなか快適である(朝食時も外で食事ができるが、半セルフサービスで取りに行くのが面倒くさいので朝食時は1度しか利用しなかった)。

レストラン「Beppe's」のオープンテラス席

レストラン「Beppe’s」のオープンテラス席

ディナーにはマルタワイン、ニュージーランド産のサーロインステーキなどをいただいたがどれも美味しかった。

マルタの白ワイン(シャルドネ)

マルタの白ワイン(シャルドネ)

パンと前菜

パンと前菜

ニュージーランド産サーロインステーキ

ニュージーランド産サーロインステーキ

デザートのレモンパンナコッタ

デザートのレモンパンナコッタ

ちなみにステーキは店内のショーケースから選ぶ。肉を選んで、焼き加減(僕はいつもミディアムだ)やソース、サイドディッシュを選択する。

ステーキのショーケース

ステーキのショーケース

日本産の神戸牛もあったが、100gで35ユーロとなかなかの高級品だった(ニュージーランド産サーロインは300gで28.5ユーロ)。日本から遠く離れたゴゾ島で思いもかけず旧友に巡り会った気分になったが、日本での再会を誓ってこの場は別れることにした。

もはや世界的ブランドの神戸牛

もはや世界的ブランドの神戸牛

ゴゾ島はマルタ島に比べてレストランのチョイスが少ないし、移動にも手間がかかるので困ったらここで食事をすると良いだろう。

こちらは牛ヒレ。美味しいが個人的にはサーロインの方が好みだ

こちらは牛ヒレ。美味しいが個人的にはサーロインの方が好みだ

チェックアウト

「Quaint Hotel」での滞在は十分に満足の行くものだった。

不満点と言えば、前述の通りアクセスが悪く、ゴゾ島を観光するにはほとんどの場合ひとまずヴィクトリアに出る必要があることだが、小さな離島に滞在する以上これは仕方のないことである。

帰りはフロントでタクシーを手配してもらった。ホテルからイムジャール港までの料金は16ユーロで所要時間は20分程度だった(ちなみに、マルタ島からイムジャール港に到着後、ホテルに向かう際は20ユーロだった)。

ゴゾ島には他にも中心部のヴィクトリア、リゾート地のシュレンディやマルサルフォルン、イムジャール港周辺などにもホテルがあるが、サナットに滞在してゴゾ島らしいのんびりとした雰囲気を味わうのも悪くない。

またマルタに来たら泊まりたいと思わせてくれるホテルだ。

予約

アゴダで予約する

Booking.comで予約する

ホテル情報

公式サイト:http://www.quainthotelsgozo.com/

行き方(アクセス):イムジャール港からタクシーで約20分、ヴィクトリアから305番のバスで数分

住所と地図:Pjazza Santa Margerita Sannat, Ta’ Sannat, Sannat