【シュレンディ】マルタ共和国ゴゾ島おすすめのリゾート地をご紹介!

のどかなリゾート地だ

約1週間のゴゾ島滞在中、ゴゾ島の南西に位置するリゾート地のシュレンディ(Xlendi)を観光で訪れた。

ゴゾ島には島の北側にも同じくリゾート地のマルサルフォルン、赤い砂浜が広がるラムラベイなどがあるが、個人的にはシュレンディの方がゴゾ島らしいのどかな雰囲気を感じることができたので気に入っている。

シュレンディへの行き方(アクセス)

シュレンディにはゴゾ島の中心地であるヴィクトリアから306番、330番のバスに乗って行くことができる。

小さなゴゾ島なので所要時間は10分もあれば着くが、ゴゾ島はバスの本数が少ない(1時間に1本とか)ので事前に調べておこう。

マルタのバスの時刻表(英語)

なお、ホップオン・ホップオフバスという観光周遊バスもシュレンディに立ち寄るので、このバスを利用してゴゾ島の他の見どころと合わせて観光するのもおすすめだ。

穏やかな湾が広がるシュレンディ

シュレンディには岩山に囲まれた穏やかな湾(シュレンディベイ)が広がり、海沿いにはレストランやカフェなどが立ち並ぶ。

穏やかな海が広がるシュレンディベイ

穏やかな海が広がるシュレンディベイ

海沿いにはレストランが多い

海沿いにはレストランが多い

湾内には多くのボートが浮かび、小ぶりだがビーチもある。

この日は平日ということもあったのかもしれないが、マルタ島のリゾート地に比べて人も少なく、ゴゾ島らしいのどかな雰囲気を味わうことができた。

湾の北側の崖の上からはシュレンディの街を一望できる。

階段を上って崖の上へ

階段を上って崖の上へ

崖の上から見るシュレンディの街並み。工事が進んでいる

崖の上から見るシュレンディの街並み。工事が進んでいる

シュレンディの海は透明度が高い。ゴゾ島の海はマルタ島の海よりもより一層青く美しく感じる。

のどかなリゾート地だ

のどかなリゾート地だ

透明度が高いシュレンディの海

透明度が高いシュレンディの海

崖の上にある遊歩道を進んで行くと、突き当たりには洞窟がある。

シュレンディの洞窟

シュレンディの洞窟

遊歩道から階段を下りたところにある

遊歩道から階段を下りたところにある

足元は滑りやすいので気を付けよう

足元は滑りやすいので気を付けよう

海沿いのレストラン「ザ・ボートハウス」

シュレンディを散策した後、海沿いのレストラン「ザ・ボートハウス(The Boathouse)」で食事をすることにした。

「ザ・ボートハウス(The Boathouse)」外観

「ザ・ボートハウス(The Boathouse)」外観

海が見える席に座り、ゴゾ島で人気料理のラビオリを注文。

パンに前菜

パンに前菜

ラビオリ

ラビオリ

ラビオリとは肉や野菜などの食材をパスタ生地で包んだ料理だ。

この日いただいた自家製ラビオリにはマルタらしくウサギ肉が入っており、からっと揚げられていてトマトソースにつけて食べる。

確かに美味しいのだが、まさに西洋料理と言った感じで大味だ。パスタ好きの僕としては普通にスパゲティやペンネの方が好みである。

ウサギ肉はマルタでよく食べられるが、味も香りもそこまで独特なものではなく、鶏肉と似ているので、ウサギをペットに飼っていて愛着があるという人でもなければ抵抗なく食べることができるだろう。

食後はビールを飲みながら海を眺めてのんびりと過ごす。

レストランからシュレンディベイを望む

レストランからシュレンディベイを望む

シュレンディはゴゾ島の西側に位置するので、海に沈む夕日を眺めながらディナーというのも良さそうだ。

ゴゾ島に来たら是非シュレンディを訪れ、ゴゾ島の美しい海とのどかな雰囲気を堪能して欲しい。

湾の南側にも遊歩道が伸びる

湾の南側にも遊歩道が伸びる