【マルタ島】セントジュリアンのおすすめレストラン「グルル」でアリオッタ!

スピノーラ湾

僕がマルタ島で滞在しているスリーマとお隣のセントジュリアンはいかにもリゾート地といった雰囲気で、観光客も多く地中海沿いには数多くのレストランが立ち並ぶ。

この日はセントジュリアンのスピノーラ湾沿いにあるレストラン「グルル(Gululu)」にやって来た。

スピノーラ湾

スピノーラ湾

対岸から「グルル(Gululu)」を望む

対岸から「グルル(Gululu)」を望む

レストランはスピノーラ湾側からも入れるが、反対側のセントジュリアンの住宅街にも入り口がある。

セントジュリアンの住宅街側の入り口

セントジュリアンの住宅街側の入り口

この日は夕方6時の開店時刻と同時に入ったので、お客さんはまだ誰もおらず、スピノーラ湾を望むテラス席を確保することができた。

テラス席からスピノーラ湾を望む

テラス席からスピノーラ湾を望む

カジュアルな雰囲気なので、一人でも入りやすいだろう。店員さんもフォーマルな感じではなく、むしろ雑と言っても良いくらいだった。

「グルル」のテラス席

「グルル」のテラス席

人気店らしく、いくつかのテラス席には予約が入っていて、食事中もテラス席には次々とお客さんが入ってきた。

カメラ片手に途中からやって来た日本人女性2人は泣く泣く店内に入っていったようである。

僕のようにテラス席で優雅に食事をしたいのであれば、事前に予約を入れておくのが無難だろう。

店頭に並べられた魚介類

店頭に並べられた魚介類

さて、マルタのレストランではこれまでメイン料理を一品頼んでお腹が一杯になることが多かったので、この日は趣向を変えてメイン以外の料理をいただくことにした。

マルタビールのチスク(Cisk)と付け合わせのパン

マルタビールのチスク(Cisk)と付け合わせのパン

この日のお目当てはマルタを代表する料理であるアリオッタ(Aljotta)だ。

アリオッタ(Aljotta)

アリオッタ(Aljotta)

アリオッタは魚介スープで、名前はイタリア語の「アリオ(ニンニク)」に由来するらしい。

余談であるが、マルタはイタリアの支配下にあったこともあってかたまにイタリア語を耳にする(特に飲食店でよく聞くような気がする)。

「ボナペティ(召し上がれ)」とか「チャオ(こんにちは)」とか、イタリア語には可愛い響きの言葉が多い。

アリオッタはお店によって様々だが、「グルル」のアリオッタは細かく切ったたくさんの野菜に少量の魚の切り身などが入っており、スープの味はトマトコンソメスープといった味わいだ。

大量の具が入っていたらどうしようかと身構えていたのだが、前菜としてパンと一緒にさらりといただくことができた。むしろ魚をもっと増やして欲しいと思ったほどだ。

続いていただいたのがタラのフリッター(Sfineg tal-Bakkaljaw)。

タラのフリッター(Sfineg tal-Bakkaljaw)

タラのフリッター(Sfineg tal-Bakkaljaw)

これは日本で食べるのと大差なく、見た目通りの味で美味しい。お酒のおつまみには最高だ。

地中海の小さな島国だけあって、マルタのシーフードはどのレストランで食べても大抵は美味しいものだ。

『地球の歩き方Plat』(マルタではほとんどの日本人観光客がこれを持ち歩いている)にはこのお店の料理は全体的に少し味付けが濃いと記載されていたのだが、ビールを飲んでいるせいもあってか特に濃いとは感じなかった。

きっと、『地中の歩き方』の記事を書いている人はグルメで良いものばかり食べているのだろう。

まだまだ他の料理も食べてみたかったが、人も増えてきたことだしこの2品で締めることにした。注文する料理の品数が少なくなってしまうのは一人旅の悩みでもある。

上記の2品にビールを2杯頼んで料金は確か30ユーロ程度(4,000円弱)。

スピノーラ湾を眺めながらのディナーはなかなかだった。セントジュリアンに滞在している方は一度は訪れて欲しいお店だ。

店舗情報

営業時間:12:00~17:00(ランチ)、18:00~23:00(ディナー)

公式ウェブサイト:http://gululu.com.mt/

住所と地図:133, Spinola Bay, St Julians

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。