【ハジャーイム神殿】マルタ島おすすめ観光スポット!世界遺産の巨石神殿へ

メインゲート

マルタには意外にも数多くの遺跡がある。

マルタを構成するマルタ島内、ゴゾ島内には約30の巨石神殿が点在し、その内6つがマルタの巨石神殿群としてユネスコの世界文化遺産に登録されている。

これらの巨石神殿は今から4500~6000年も前に建てられたもので、エジプトのピラミッドよりも古いとされている。

そんなマルタの古い歴史を感じるために、マルタ島南部にあるハジャーイム神殿(Hagar Qim Temples)とイムナイドラ神殿(Mnajdra Temples)を訪れてきた。

今回の記事ではハジャーイム神殿についてご紹介したい。

ハジャーイム神殿への行き方(アクセス)

ハジャーイム神殿にはマルタの首都であるバレッタ(ヴァレッタ)から74番のバスに乗って行くことができる。

74番のバスに乗車

74番のバスに乗車

バスの乗車時間は約30分。降りるバス停はHagarだ。

なお、ハジャーイム神殿からイムナイドラ神殿は一本の道で繋がっていて歩いて行くことができる。

いざ、ハジャーイム神殿へ

Hagarのバス停を降りて道路を渡ると、神殿のチケット売り場、お土産屋、博物館などが入った建物がある。

神殿入り口にある建物

神殿入り口にある建物

相変わらず博物館に興味がない僕は、スルーして神殿へと向かう。

猫がいた

猫がいた

建物の奥に進んで行くと、ハジャーイム神殿が見えてきた。神殿は現在雨や風の浸食を防ぐためのカバーで覆われている。

ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temples)

ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temples)

メインゲートをくぐって神殿の中へと入る。

メインゲート

メインゲート

ウインドーストーン

ウインドーストーン

装飾が施された祭壇

装飾が施された祭壇

神殿内部は思ったよりもこぢんまりとしている。

神託の間。壁には穴が空いている

神託の間。壁には穴が空いている

キノコ形の祭壇

キノコ形の祭壇

しかし、数千年も昔にこれだけの石を一体どうやって運んで積み上げていったのだろうか。マルタだけに丸太を使ったのかもしれない。

神殿の外側には20トン近くの重量があると推測される巨石がある。

幅6.4m×高さ3mの巨石

幅6.4m×高さ3mの巨石

こちらは高さ5.2mの巨石

こちらは高さ5.2mの巨石

石を見ていると、なんだか宮古島のパワースポットである石庭を思い出してしまった。どうやら離島の人は石がお好きみたいだ。

神託の間の外側部分

神託の間の外側部分

当時のマルタは女神信仰で、バレッタの国立考古学博物館に展示されている有名な「マルタの女神」もここで発掘されたものらしい。

巨大像の跡

巨大像の跡

巨大な女神像が2体建っていたらしい

巨大な女神像が2体建っていたらしい

ハジャーイム神殿の近くにある神殿跡

ハジャーイム神殿の近くにある神殿跡

ハジャーイム神殿を一通り見て回った後、神殿から海に向かって伸びる一本道を歩いてイムナイドラ神殿へと向かった。

観光情報

営業時間:9:00~18:00(10~3月は~17:00)

入場料金:10ユーロ(両神殿および博物館)

住所と地図:Triq Hagar Qim, Qrendi

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。

参考書籍

【お役立ちリンク】お得な航空券をスカイスキャナーで今すぐ検索!