【マルサシュロック】マルタ最大の漁港を観光しレストランでシーフードを堪能

たくさんのルッツが浮かぶマルサシュロック湾

先日、マルタ島南部にあるマルサシュロック(マルサックスロック)を訪れた。

マルサシュロックにはマルタ最大の漁港があり、毎週日曜日の午前中にはフィッシュマーケット(サンデーマーケット、日曜朝市)が開かれることでも有名だ。

料理をしない僕は調理前の魚には興味がないし、人混みが嫌だったので、海沿いでのんびりシーフードでも食べようと平日にマルサシュロックを訪れることにした。

マルサシュロックへの行き方(アクセス)

マルサシュロックへはマルタの首都バレッタ(ヴァレッタ)から81番または85番のバスで行くことができる。所要時間は40分くらいだ。

ちなみに、マルタの各観光スポットへバスでアクセスする場合はバレッタが起点になることも多いので覚えておこう。

バレッタのバスターミナル

バレッタのバスターミナル

僕が滞在しているアパートはスリーマにあるので一旦スリーマからバレッタに出る必要があるのだが、スリーマからバレッタに行くバスは相変わらず混んでいる。まさかマルタに来てまでぎゅうぎゅう詰めのバスに乗る羽目になるとは思わなかった。

マルサシュロックを歩く

バスは遺跡が点在するマルタ島南部の田舎道を走り、マルサシュロック湾の目の前にあるマルサシュロックのバス停に到着した。

バス停の近くには銅像がある

バス停の近くには銅像がある

バスを降り、まずはのんびりと周辺を散歩することに。

マルサシュロック湾

マルサシュロック湾

マルサシュロックはマルタ最大の漁港とは言っても、小さな漁村なので見どころはそれほど多くはない。

マルサシュロックのバス停からはポンペイの聖母教会が見える。

バス停付近からの風景

バス停付近からの風景

いかにも漁村にある教会らしく、教会の屋根には漁船に乗った聖母像が立っている。

ポンペイの聖母教会

ポンペイの聖母教会

漁船に乗った聖母像

漁船に乗った聖母像

不定休だろうか、残念ながら教会は閉まっていて中に入ることはできなかった。

この日は平日だったのでもちろんフィッシュマーケットは開かれていなかったが、マルサシュロック湾沿いの小さな市場にはお土産屋が立ち並んでいた。

マルサシュロック湾沿いにはお土産屋が軒を連ねる

マルサシュロック湾沿いにはお土産屋が軒を連ねる

マルサシュロック湾はルッツと呼ばれる色鮮やかな小型漁船で埋められている。

たくさんのルッツが浮かぶマルサシュロック湾

たくさんのルッツが浮かぶマルサシュロック湾

湾内には小さな魚がたくさんいた

湾内には小さな魚がたくさんいた

フェニキア人によって伝えられた魔除けとされる目が描かれた漁船もある。

ルッツに描かれた目。困っているようにも見える

ルッツに描かれた目。困っているようにも見える

マルサシュロック湾からは、マルタの伝統船で湾内を一周するボートツアーやセントピーターズプール、プリティーベイに行くボートツアーも出ているので興味がある方は参加してみると良いだろう。

マルサシュロック湾内を一周するボートツアーは5ユーロと安い

マルサシュロック湾内を一周するボートツアーは5ユーロと安い

シーフードレストラン

マルサシュロック湾沿いの道路にはシーフードレストランが立ち並ぶ。

色々なレストランがあるので散歩がてらお好みのレストランを探せば良いと思うが、僕は日本人らしく「地球の歩き方」に載っている一際お洒落な「ラ・ノストラ・パドローナ(La Nostra Padrona)」というレストランにやって来た。

「ラ・ノストラ・パドローナ(La Nostra Padrona)」外観

「ラ・ノストラ・パドローナ(La Nostra Padrona)」外観

店頭には魚が並んでいる

店頭には魚が並んでいる

マルサシュロック湾を望むテラス席に座り、この日のお目当てであるシーフードスパゲティとマルタワインを注文。

「ラ・ノストラ・パドローナ」テラス席

「ラ・ノストラ・パドローナ」テラス席

シーフードスパゲティとマルタワイン

シーフードスパゲティとマルタワイン

シーフードスパゲティにはエビや貝、タコなどが入っており、噂に違わず魚介類は美味しく(トマトも絶品だった)、シーフードスパゲティのためにわざわざマルタシュロックまで来たかいがあるというものだ。

一人でスパゲティをもぐもぐと食べていると、隣の席には家族連れの日本人観光客がやって来た。

すぐ近くだったので一瞬声を掛けようかとも思ったのだが、関西弁と標準語が混じった微妙なイントネーションで話していたので何だか気が引けた。

どうも、マルサシュロックは人が少ない割に日本人観光客の割合が多いようである。

それはともかく、青い地中海に浮かぶ色鮮やかな漁船を眺めながらのんびりとシーフードにマルタワインを楽しむ。

これがマルサシュロックのおすすめの過ごし方・・・と言うよりも、マルタに来てから毎日こんなことばかりやっているような気がする。やっぱり島でのんびりと過ごすのは良いものだ。

シーフードに目がない方は是非マルサシュロックを訪れて見て欲しい。

マルサシュロックを後にする

マルサシュロックを後にする

【お役立ちリンク】お得な航空券をスカイスキャナーで今すぐ検索!