アプリがあれば搭乗券の印刷は不要!?ライアンエアーでアテネからマルタへ移動

ライアンエアー(Ryanair)の飛行機

ギリシャ・アテネでの3泊4日の滞在の後、今回の旅のメインの目的地であるマルタへと向かった。

アテネを経由したのは、シンガポールのLCC(格安航空会社)であるスクートが大阪からシンガポール経由でアテネに格安の飛行機を飛ばしているからだ。

【スクート飛行機搭乗記】大阪からシンガポール経由でアテネ(ギリシャ)へ

2018.07.23

アテネからマルタへは複数の航空会社が直行便を就航しているが、スカイスキャナーで航空券を検索してみた結果、今回はアイルランドのLCCであるライアンエアー(Ryanair)を利用することにした。

アテネからマルタまでの航空券の料金は20kgの預け入れ手荷物(受託手荷物)込みで約113ユーロ(1万5,000円弱)だった。

ライアンエアーに乗る際のポイントは以下の通りとなる。

  • 公式アプリを事前にインストール
  • オンラインチェックインを忘れずに
  • 手荷物の規定に要注意

ネットで調べていると、搭乗券(ボーディングパス)の印刷が必要という情報が散見されたが、旅人には簡単に印刷ができないことも多いので困る。

結果、公式アプリをダウンロードしてオンラインチェックインを済ませ搭乗券を表示できるようにしておくと、印刷した搭乗券は不要だった。

アプリの言語は英語なので、早めにインストールして慣れておくと良いだろう。

また、ライアンエアーは手荷物の規定が少々ややこしいので注意が必要だ。

前述の通り20kgの預け入れ手荷物を予約していたので、スーツケースは預けて機内にはリュックを1つ持ち込む予定だった。

しかし、後からライアンエアーからのメールで知ったのだが、オプションの「Priority & 2 Cabin Bags」なるものを購入していないと、機内には小さなカバン1つ(最大35cm x 20cm x 20cm)しか持ち込めないらしい。

「Priority & 2 Cabin Bags」を購入すると、小さなカバンと10kgのカバン(最大55cm x 40cm x 20cm)合わせて2つ機内に持ち込めるようになる。ついでに優先搭乗も可能だ。

僕が海外旅行に愛用しているリュックは大きいので、追加で7ユーロを支払って「Priority & 2 Cabin Bags」を購入する必要があった。

なお、「Priority & 2 Cabin Bags」を購入していない場合、10kgのカバンは預ける分には問題ないらしいが、詳細に関しては各自でライアンエアーのウェブサイトを確認して欲しい。

ライアンエアーはなんだかややこしい規定が多く、厳しい航空会社という印象があったのだが、オプションを購入していたこともあってか飛行機にはあっけないほどすんなりと搭乗することができた。

ライアンエアー(Ryanair)の飛行機

ライアンエアー(Ryanair)の飛行機

アテネからマルタまでの飛行時間は約2時間。

飛行機の座席の下の手荷物収容場所は確かに小さく、リュックは頭上のコンパートメントに収納することに。

ライアンエアーの機内

ライアンエアーの機内

ヨーロッパらしく、人目もはばからずイチャイチャしているカップルに煩わしさを感じながらも、飛行機は無事にマルタ国際空港(ルア空港)に到着した。

マルタの入国審査はギリシャを含むシェンゲン協定加盟国から入国する場合は不要となる。

ちなみに、ギリシャでの入国審査も入国カードはなく、何の質問もされずスタンプを押すだけの至極簡単なもので不安になったほどだ。

今回初めてのライアンエアーの利用だったが、規定こそ若干ややこしいものの、規定さえクリアすればスムーズに搭乗することができたので、またヨーロッパ旅行の際には活用したいと思う。

マルタ国際空港(ルア空港)

マルタ国際空港(ルア空港)