【マルタグルメ】スリーマのおすすめレストラン「タ・クリス」でウサギ料理を堪能

「タ・クリス」のウサギ料理

マルタではウサギをよく食べるらしい。

現地グルメに目がない僕はウサギ料理を食べようと、この日はガイドブック片手にスリーマにあるレストラン「タ・クリス(Ta’ Kris)」に行くことにした。

スリーマの街を歩く

スリーマの街を歩く

「タ・クリス」はスリーマのフェリー乗り場近くにある路地裏のレストランだ。入り口が少し分かりづらいので気を付けよう。

「タ・クリス(Ta’ Kris)」入り口。緑の看板が目印だ

「タ・クリス(Ta’ Kris)」入り口。緑の看板が目印だ

お店に到着したのは午後5時半頃だったが、ディナー開始は午後6時かららしい。

「タ・クリス」店内

「タ・クリス」店内

席に座ってドリンクを飲みながら待っていても良いということだったので、テラス席に座ってマルタの白ワイン「La Valette」のハーフボトルをいただく。

路地裏のテラス席でマルタワインを堪能

路地裏のテラス席でマルタワインを堪能

ワインはサッパリとした味わいで飲みやすく、ワインを楽しんでいるとすぐに6時になったのでこの日のディナーを注文した。

この日のお目当てはラビットシチューだったのだが、英語のメニューにはシチューと書かれた料理はなく、そのままずばり「ラビット(Rabbit)」とだけ書かれたメイン料理を注文した。

せっかくの旅行だとついつい前菜やサラダなども注文したくなるかもしれないが、他の西洋の国と同じくマルタのレストランでも一品の量が多い。

余程の大食漢でなければ何品も食べることはできないだろうから、その日に一番食べたいものを初めに注文することをおすすめする。

まずはパンが運ばれてきた。

パンが付いてくる

パンが付いてくる

香ばしくて上品な味わいのパンで、これだけでも十分に美味しい。ワインとの相性も抜群だ。

しばらくするとウサギ料理が運ばれてきた。

「タ・クリス」のウサギ料理

「タ・クリス」のウサギ料理

デミグラスソースで大きな肉の塊が煮込まれている。これがマルタ伝統料理のラビットシチューだろうか。

かなりのボリュームだ

かなりのボリュームだ

反対から見るとこんな感じ

反対から見るとこんな感じ

ウサギ肉は生まれて初めて食べたような気がするが、柔らかくて食べやすい。どこか鶏肉やカンガルー肉に似ているように思う。

ウサギ料理はなかなかの味で、「ザ・ウォーキングデッド」のダリルのような気分になりながらムシャムシャとウサギに貪り付いた。

なかなかの量だったが、見事に完食。

マルタの伝統料理にすっかりと満足した僕は、追加でマルタの赤ワイン「La Valette」のハーフボトルを注文。

マルタはワインの種類も豊富だ

マルタはワインの種類も豊富だ

店内には中高生くらいと思われる団体客もおり(もちろん、お酒は飲んでいなかったと思うが)、なかなかカジュアルな雰囲気だ。

「タ・クリス」の店員さんは総じて丁寧で、食事をしていると笑顔で「Is everything alright?」などと聞いてくる。

余談であるが、外国だと店員さんがぶっきらぼうなお店も多く、マルタでも料理を注文したいのになかなか席に来てくれなかったり、請求書を頼んだのに忘れているのか持ってきてくれなかったりすることが普通にある。

あまりにも対応がぶっきらぼうだと、「これはアジア人に対する差別だろうか」などとひねくれた考えが頭に浮かぶこともあるのだが、こちらの店員さんは大体そんな感じなので気にしないようにしよう。良く言えば自然体でフレンドリーな人も多い。

最後にはマルタのデザートをいただいたのだが、やはりと言うべきか、こちらはかなりの甘さだった。どうも西洋の人たちは身体の作りが違うようだ。

マルタのデザート

マルタのデザート

ウサギ料理とワインのハーフボトル2本、そしてマルタのデザートでお会計は35ユーロ(約4,500円)程度となかなかリーズナブルだ。

美味しいウサギ料理とマルタワイン、そして心地良いお店の雰囲気にすっかりと満足してお店を後にした。

帰り際、まるでウサギの霊が乗り移ったかのように、夕暮れ時の地中海をバックにぴょんぴょんと跳びはねてアパートに戻った・・・というのは冗談である。

店舗情報

営業時間:12:30~23:00

公式HP(英語):http://www.takrisrestaurant.com/

住所と地図:80 Fawwara Lane, Sliema

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。

【お役立ちリンク】お得な航空券をスカイスキャナーで今すぐ検索!