【リカヴィトスの丘】ケーブルカーに乗ってアテネ市街が一望できる観光名所へ!

アクロポリスのパルテノン神殿とピレウスの海が見える

アテネに滞在中、標高273mのアテネで最も高い丘であるリカヴィトスの丘を訪れた。

リカヴィトスの丘への行き方(アクセス)だが、リカヴィトスの丘はシンタグマ広場の東側にあり、メトロ(地下鉄)と徒歩で行くことができる。

最寄り駅はエヴァンゲリスモス駅のようだが、この日は散歩がてらシンタグマ駅から歩いて行くことにした。

リカヴィトスの丘の麓から頂上まではケーブルカーが走っているのだが、ケーブルカー乗り場までの道のりは坂や階段が多くて結構しんどい。

ケーブルカー乗り場に向けて歩く

ケーブルカー乗り場に向けて歩く

案内版などがなくて分かりづらかったのだが、Wi-Fiルーターを持っていたのでGoogleマップを見ながら無事にケーブルカー乗り場に到着。

海外旅行に超おすすめのモバイルWi-Fiルーター「GlocalMe G3」をご紹介!

2018.05.18
リカヴィトスの丘のケーブルカー乗り場

リカヴィトスの丘のケーブルカー乗り場

ケーブルカー乗り場に到着すると、入り口に座っているおじさんが「こにちは」「どこ行きますか」と声を掛けてきた(ちなみに最初は「ニーハオ」だった)。

アテネ滞在中はあまり日本人観光客を見かけることはなかったが、ギリシャは日本人にも人気なのか、観光地ではカタコトの日本語で話しかけてくる現地人も多い。

ケーブルカーの料金は往復7.5ユーロ(1,000円弱)だった。

営業時間は9:00~翌3:00頃までらしい(『地球の歩き方』参照)。かなり遅くまでやっている印象だが、夜景を見る人が多いのだろうか。

チケットを購入してケーブルカーに乗り込む。丘の頂上までは短い旅で、景色が良いというわけでもない。

リカヴィトスの丘のケーブルカー

リカヴィトスの丘のケーブルカー

リカヴィトスの丘からはアテネ市街が一望できる。

リカヴィトスの丘からの眺め(アテネ市街地)

リカヴィトスの丘からの眺め(アテネ市街地)

ヨーロッパ調の綺麗な街並みを想像していたのだが、アテネの街並みは概して地味である。

こぢんまりとした丘の頂上には聖ゲオルギオス教会が建っている。

リカヴィトスの丘の頂上

リカヴィトスの丘の頂上

教会の中は狭くて薄暗いが、天井や壁に描かれた壁画が美しい。

聖ゲオルギオス教会の内部

聖ゲオルギオス教会の内部

教会の内部には壁画が描かれている

教会の内部には壁画が描かれている

西方にはアクロポリスやその先にピレウスの海を望むことができる。

アクロポリスのパルテノン神殿とピレウスの海が見える

アクロポリスのパルテノン神殿とピレウスの海が見える

ここ数日のアテネの気温は最高気温が30度台後半と酷暑の日本と変わらない暑さだったが、リカヴィトスの丘の上は吹き付ける風が心地良く、寝転がったりしてのんびりと過ごしている人が多かった。

階段がある。歩いて登ることもできるのだろうか

階段がある。歩いて登ることもできるのだろうか

ギリシャと言えば猫のイメージがある

ギリシャと言えば猫のイメージがある

頂上にはレストランやバーなどがあるので、アテネの景色を眺めながら食事やお酒を楽しむのも良いだろう。

リカヴィトスの丘にあるバー

リカヴィトスの丘にあるバー

アテネの景色を眺めながらギリシャビールのFIXをいただく

アテネの景色を眺めながらギリシャビールのFIXをいただく

リカヴィトスの丘はアクロポリスのように観光客でごった返しているというわけでもなく、のんびりと絶景を楽しめるスポットなので、アテネ滞在中に是非訪れて欲しい。

リカヴィトスの丘を後にする

リカヴィトスの丘を後にする