ネパール・カトマンズのおすすめ観光名所!世界遺産のダルバール広場を歩く

カーラ・バイラウ”。破壊神シヴァの化身だ

ネパールの首都カトマンズに滞在中、世界遺産のダルバール広場を観光してきたので以下にご紹介したい。

ダルバールとはネパール語で「宮廷」を意味し、ダルバール広場とは旧王宮前広場のことだ。ネパール定食のダルバートではない。

カトマンズ盆地にはかつてカトマンズ、パタン、バクタプルの3王国時代があり、今回ご紹介するカトマンズだけではなく、パタンとバクタプルにも同様にダルバール広場がある。

【世界遺産】ネパール地震の影響は?古都パタンのダルバール広場を観光

2018.06.07

カトマンズのダルバール広場への行き方(アクセス)

カトマンズのダルバール広場はカトマンズ市街地から歩いて行けるので、カトマンズに到着したらまずは市街地を散歩がてらに訪れたい場所だ。

この日は滞在しているホテルがあるタメル地区から、砂埃が舞う街並みを南に歩いてダルバール広場へと向かった。砂埃が気になる人はマスクを持参することをおすすめする。

【空港送迎あり】カトマンズのタメル地区にあるおすすめ格安ホテルでの宿泊

2018.06.05

ダルバール広場へ入場

ダルバール広場の入場料金は1,000ルピー(約1,000円)だ。

カトマンズのダルバール広場

カトマンズのダルバール広場

入り口にあるチケット売り場で入場料金を支払って中に入ろうとすると、カトマンズの観光スポットではお馴染みのガイドが近寄ってくる。

不必要であれば「I don’t need a guide.」とでも言って断ろう。中には何も言わずに勝手に案内を始めて後から料金を請求してくる人もいるので要注意だ。

自称ガイド「仕事くれよ。家族養わないといけないんだ。助けてくれよ」

僕「やだ」

前日ぼったくりにあってイライラが募っていた僕、しつこいガイドを冷たくあしらう。

ダルバール広場の建築物

ダルバール広場の建築物

カトマンズ広場はネパール地震の被害が深刻なようで、完全倒壊している建物もあったりで正直どれがどれだか分からなかったりするのだが、以下に2018年5月現在のダルバール広場の様子をご紹介していきたい。

カーラ・バイラヴ。破壊神シヴァの化身だ

カーラ・バイラヴ。破壊神シヴァの化身だ

ジャガナート寺院

ジャガナート寺院

この日はお祭りのようなものをやっていたようで、シヴァ・パールヴァティー寺院では正装をした女性たちが並んで座っていた。

シヴァ・パールヴァティー寺院前

シヴァ・パールヴァティー寺院前

シヴァとパールヴァティー。ガネーシャの両親

シヴァとパールヴァティー。ガネーシャの両親

シヴァ寺院(多分)はネパール地震の影響で原型を留めていない、と言うか消失している。

シヴァ寺院の跡

シヴァ寺院の跡

やっぱり古い建築物が多いから地震には弱いようだ。日本の寺院は大丈夫だろうか。

ダルバール広場はカトマンズを代表する観光地だけあって人通りは多いが、大きな広場なのでのんびりと過ごすことができる。

ガルーダ像(ナラヤン寺院前)

ガルーダ像(ナラヤン寺院前)

広場にはサドゥーと呼ばれるヒンズー教の修行者らしき人たちがいて、カメラを持って歩いているとポーズを取って写真を撮るよう促される。

サドゥー(ヒンズー教の修行者)らしき人たち

サドゥー(ヒンズー教の修行者)らしき人たち

写真を撮ると後からお金を要求されるのだが、1,000ルピー札以外持っていなかったので小銭を持っていないと言って立ち去ることにした。

英語はあまり通じないようだ。この人たちはただのコスプレをした物乞いなのではないだろうか。

ダルバール広場の南側には、生き神クマリが住んでいることで有名なクマリの館がある。

クマリの館

クマリの館

クマリの館の中庭に入ると、丁度クマリが窓から顔を出す時間帯(11:00~12:00だったと思う)だったようで、団体観光客が見物に来ていた。

クマリの館の中庭

クマリの館の中庭

せっかくなのでクマリを一目見ようと中庭で待っていると、一番上の窓からクマリが姿を現した。写真撮影は禁止なので気を付けよう。

クマリに向かって手を合わせて「ナマステ~」とみんなで挨拶をする。

女神として崇められるクマリは小さな少女である。無表情のまますぐに奥に引っ込んでしまった。

「こんな小さいのに家族と引き離されて大変だな」そんな複雑な気持ちになりながらクマリの館を後にした。

広場にはハヌマン・ドカと呼ばれる旧王宮があって、チケットの半券を見せて中に入ることができる。

ハヌマン・ドカ(旧王宮)の外観

ハヌマン・ドカ(旧王宮)の外観

ハヌマン・ドカの内部

ハヌマン・ドカの内部

ダルバール広場は日本政府の協力もあって復旧作業が進められているが、2018年5月現在、まだまだ復旧までの道のりは長いようだ。

日の丸をよく見かける

日の丸をよく見かける

復旧に税金が使われているならば、ぼったくりにお金を渡せばまさに二重課税である。日本人をぼったくりのターゲットにするような国に経済支援をする必要はあるのだろうか。

ダルバール広場でもお金を要求してくる人が多く、先日、空港でぼったくりにあった僕はイライラしながらこんなことを思った。

カトマンズに到着後、トリブバン国際空港で早々ネパール人にぼったくられた話

2018.05.06

人を騙すような行為が何よりも嫌いな僕は、どうもカトマンズは好きになれそうもなかった(ちなみにポカラは結構好きである)。

それはともかく、ネパール地震でかなりの建物が損壊しているとはいえ、見どころは多いのでカトマンズに来たらまずはダルバール広場を訪れることをおすすめする。

カトマンズのダルバール広場の地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換