フォートコーチン(コチ)のおすすめ観光名所やカフェ・レストランをご紹介!

サンタ・クルス聖堂の内部

今回、南インドケララ州の港町コーチン(コチ)には5泊滞在した。

コーチンには国際空港があり、AirAsia(エアアジア)の飛行機が発着しているので、コーチンを起点にケララ州を旅する人も多いだろう。

コーチンは4つの地区に分かれているが、僕が滞在したのはアラビア海に面した半島の先端にあるフォートコーチンだ。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

コーチンはポルトガル、オランダ、イギリスの植民地となった過去があり、特にフォートコーチンには植民地時代に造られた歴史的建築物が多い。

コロニアル調の建物が立ち並ぶプリンセスストリート

コロニアル調の建物が立ち並ぶプリンセスストリート

フォートコーチンで最も古い通りの1つだ

フォートコーチンで最も古い通りの1つだ

他にもフォートコーチンにはチャイニーズフィッシングネットやアラビア海に沈む夕日など見どころは多い。

とは言っても、小さな街なので5泊もあれば十分過ぎるほどに見て回ることができる。

気温の高い4月の酷暑の中だったが、治安も良いみたいだし、初めてのインドで快適な滞在を送ることができた。

フォートコーチンの街を歩いて写真を撮ってきたので、主な見どころを以下にご紹介したい。

サンタ・クルス聖堂

フォートコーチンの中ほどにあるサンタ・クルス聖堂は1506年に建てられたカトリック教会だ。

サンタ・クルス聖堂の外観

サンタ・クルス聖堂の外観

なんだか、同じくポルトガルの植民地であったマカオにある教会を彷彿とさせるクリーム色の外観だ。

教会の内部はとてもカラフルでまるで絵のように美しい。

サンタ・クルス聖堂の内部

サンタ・クルス聖堂の内部

カラフルな装飾が美しい

カラフルな装飾が美しい

聖フランシス教会

サンタ・クルス聖堂と同じく、こちらもポルトガル植民地時代の1503年に建てられた教会だ。

聖フランシス教会の外観

聖フランシス教会の外観

教会の内部にはコーチンで亡くなったヴァスコ・ダ・ガマの墓がある。遺体はお墓が作られた後に祖国のポルトガルに送られたようだ。

聖フランシス教会の内部

聖フランシス教会の内部

ヴァスコ・ダ・ガマの墓

ヴァスコ・ダ・ガマの墓

チャイニーズフィッシングネット

街の北側のアラビア海沿いには遊歩道が伸びる。港町らしい景色を味わうことができるので、フォートコーチンに来たらまずはここを歩いてみるのがおすすめだ。

海沿いに遊歩道が伸びる

海沿いに遊歩道が伸びる

遊歩道からは漁に使われるチャイニーズフィッシングネットが立ち並ぶのが見える。

チャイニーズフィッシングネット

チャイニーズフィッシングネット

中国人が伝えたと信じられていることからこの名前で呼ばれているが、実際にはポルトガル人によって伝えられたことが最近分かったらしい。

チャイニーズフィッシングネットの前では獲れたての新鮮な魚介類を販売している。

豊富な魚介類

豊富な魚介類

あまり綺麗とは言えないが、遊歩道沿いにはビーチが点在している。動物がいるのがいかにもインドらしい。

フォートコーチンのビーチ

フォートコーチンのビーチ

夕暮れ時になるとビーチには多くの人が集まってくる。アラビア海に沈む夕日は必見だ。

フォートコーチンのビーチからアラビア海に沈む夕日を望む

2018.04.24

カシ・アート・カフェ

フォートコーチンの中ほどに「カシ・アート・カフェ」というお洒落なカフェがある。

「カシ・アート・カフェ」外観

「カシ・アート・カフェ」外観

なんだか美大生が集まりそうなアーティスティックなカフェである。店内には欧米人観光客の姿が目立つ。

「カシ・アート・カフェ」店内

「カシ・アート・カフェ」店内

アイスコーヒーとケーキをいただいたが、合計360ルピー(600円弱)とインドにしてはなかなかのお値段だ。

アイスコーヒーとケーキ。ケーキは外国らしく甘かった

アイスコーヒーとケーキ。ケーキは外国らしく甘かった

コーチン・フォート・レストラン

チャイニーズフィッシングネットがある遊歩道の近くにはレストランも多い。

遊歩道から少し東に歩いた所にある「コーチン・フォート・レストラン」

遊歩道から少し東に歩いた所にある「コーチン・フォート・レストラン」

ヒンズー教の影響か、インドは飲酒に厳しいお国柄のようで、お酒を提供していないお店も多い。

お酒を飲みたい方は、お店の前に「Beer」などと書いているか確認してから入ると良いだろう。

ディナーのカレーとライス

ディナーのカレーとライス

ケララ州ではインド定番のカレーに加えて豊富な魚介類が楽しめるのが嬉しい。

魚介類ももちろん美味しかったのだが、僕が今回インドに来てはまった料理がマトン(羊)カレーとレモンライスだ。日本ではなかなか食べられそうもないのが残念である。

おわりに

以上、フォートコーチン観光の際にでも参考にしていただければ幸いである。

フォートコーチンの近くには徒歩で行けるマッタンチェリーという地区もあるので、そちらも合わせてチェックしてみて欲しい。

【コーチン(コチ)観光スポット】マッタンチェリー宮殿とパラデシ・シナゴーグ

2018.06.23