東京スカイツリー観光の後は、浅草まで徒歩で行って天丼を食べるのがおすすめな件

夜の浅草から東京スカイツリーを望む

東京スカイツリーから徒歩で浅草へ

東京スカイツリーを観光した後、徒歩で浅草へと向かうことにした。

【東京スカイツリー】東京の新観光名所!高さ634mの世界一高いタワーへ

2018.06.17

東京スカイツリーから浅草までは徒歩で15~20分くらいなので、下町の風情と、それになんだか不釣り合いな東京スカイツリーの風景を味わいながら歩いて行くのがおすすめだ。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

東京スカイツリーをバックに歩き、吾妻橋(あづまばし)を渡る。

隅田川にかかる吾妻橋からは、高層ビルの向こうに東京スカイツリー、そして名高い金色のうん・・・オブジェが見える。誰だよこれデザインしたの。

吾妻橋(あづまばし)から見る金のオブジェ

吾妻橋から見る金のオブジェ

吾妻橋を渡ると、これまた下町には不釣り合いなモダンな外観の浅草駅ビル「エキミセ(EKIMISE)」がある。

浅草駅ビル「エキミセ(EKIMISE)」

浅草駅ビル「エキミセ(EKIMISE)」

浅草寺の仲見世通りを歩く

この日は偶然にも三社祭(さんじゃまつり)が行われていたようで、浅草寺(せんそうじ)の雷門(かみなりもん)周辺は凄い人混みであった。

三社祭で賑わう雷門周辺

三社祭で賑わう雷門周辺

雷門の前は人混みで歩くことができなかったので、裏手から仲見世通り(なかみせどおり)へと入る。

雷門の裏側

雷門の裏側

浅草寺の雷門から宝蔵門へと続く参道にある仲見世通りは長さ約250mの商店街で、道の両脇にはお土産屋やお菓子屋などが立ち並ぶ。

仲見世通り

仲見世通り

さすがに東京を代表する観光地だけあって、仲見世通りには外国人観光客の姿が目立った。

宝蔵門が近づいてきた

宝蔵門が近づいてきた

宝蔵門前の五重塔が見えるところまで来て、三社祭の影響なのか、通行止めになっていたのでUターンすることにした。

宝蔵門と五重塔

宝蔵門と五重塔

浅草の老舗天丼屋「大黒家天麩羅」でディナー

浅草の名物であり人気グルメの1つが天丼である。

なんでも、浅草は天丼の発祥地とも言われているようで、浅草寺近辺では天丼屋をよく目にする。

この日はディナーに天丼を食べようと、仲見世通りから横道に入ったところにある明治20年創業の老舗「大黒家天麩羅」の別館にやって来た。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
「大黒家天麩羅」の別館

「大黒家天麩羅」の別館

老舗旅館を思わせる味わい深い造りの店内に座り、この日のお目当てである天丼をオーダー。天丼は具材が異なるいくつかの種類がある。

「大黒家天麩羅」の天丼

「大黒家天麩羅」の天丼

ごま油だけを使って揚げた天ぷらの食感はしっとりとしており、タレは濃厚で甘辛い。これが関東風の天丼だろうか。

グーグル検索で調べていると「まずい」なんていうキーワードも目にするが、僕は十分に美味しいと思った。サクサクの食感が好きな人であれば好みは分かれるかもしれない。

おわりに

東京スカイツリーを観光した後、浅草を散策して天丼を食べ、新旧両方の東京を満喫することができた有意義な一日だった。

東京スカイツリーができたことによって、浅草の風景も一変したように思う。夜の浅草から見るライトアップされた東京スカイツリーは必見だ。

夜の浅草から東京スカイツリーを望む

夜の浅草から東京スカイツリーを望む

浅草はまさに江戸と近代がコラボレーションした街である。東京スカイツリーに来たら是非浅草も合わせて訪れ、そして浅草では名物の天丼を味わってみて欲しい。