【パシュパティナート】火葬場は必見!カトマンズにあるネパール最大のヒンズー教寺院

下流の火葬台

カトマンズに滞在中、カトマンズの東に位置するパシュパティナートを訪れた。

パシュパティナートはシヴァ神を祀るネパール最大のヒンズー教寺院で、カトマンズの渓谷(カトマンズ盆地)の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

ガンジス川の支流であり、聖なる川とされているバグマティ川の川岸に建つパシュパティナート寺院はヒンズー教徒の聖地であり、国内外から数多くのヒンズー教徒が訪れる。

また、ヒンズー教徒の火葬場があることでも有名で、観光客が多く集まる人気の観光スポットでもある。

パシュパティナートへの行き方(アクセス)

パシュパティナートへはバスを使っても行けるようだが、僕はカトマンズのタメル地区から流しのタクシーを利用した。

タメル地区からパシュパティナートまではタクシーで30分くらいだ。料金は確か700ルピー(約700円)だったと思うが、これは少々高いかもしれない。

1時間くらいかけて歩いて行くことも可能だが、カトマンズの街は砂埃がひどいのであまりおすすめできない(帰りは徒歩だったが、カバンが黄砂をかぶったようになってしまった)。

ヒンズー教徒以外は立ち入り禁止のパシュパティナート寺院

タクシーを降りて広い敷地内を歩いて行くと、パシュパティナート寺院の黄色い門が見えてきた。

入り口には牛がいた

入り口には牛がいた

パシュパティナート寺院の黄色い門

パシュパティナート寺院の黄色い門

さすがにヒンズー教徒の聖地だけあって、黄色い門には凄まじい行列ができている。ヒンズー教徒以外は寺院に入れないので、人混みを避けてそそくさと火葬場へと向かうことにした。

シヴァ神の乗り物である大きなナンディ(牡牛)像のお尻が見える

シヴァ神の乗り物である大きなナンディ(牡牛)像のお尻が見える

黄色い門の近くでは火が起こされ煙が立ち上っている。下調べをしていなかった僕は一瞬これが火葬場ではないかとも思ったのだが、どうやら違うようだ。

煙が立ち上る寺院前

煙が立ち上る寺院前

バグマティ川沿いの火葬場(アルエガート)へ

パシュパティナート寺院の横側からバグマティ川に向かって歩いて行くと、ヒンズー教徒の火葬場(アルエガート)がある。

火葬場(アルエガート)

火葬場(アルエガート)

この火葬場を見物するには1,000ルピーの入場料金が必要だ。

入り口にある事務所で入場料金を支払うと、事務所の奥からまるでスタッフかのように人が出てきて勝手に案内を始めるが、これはガイドで後から料金を請求されるので気を付けよう(僕は散々文句を言った挙げ句、ガイド料金として1,000ルピーを支払った)。

パシュパティナートには猿も多い

パシュパティナートには猿も多い

火葬台からは常に煙が立ち上っている。ヒンズー教徒は輪廻転生(生まれ変わり)を信じて墓を造らないらしく、遺灰は川に流される。

下流の火葬台

下流の火葬台

橋を挟んだ上流には2つの火葬台がある。身分の高い人ほど上流の火葬台を利用するらしい。

上流の火葬台

上流の火葬台

上流の火葬台の対岸には11の白い塔があり、シヴァ神の象徴であり、男のシンボルを表すシヴァリンガが祀られている。

シヴァ神の象徴であるシヴァリンガ

シヴァ神の象徴であるシヴァリンガ

ここから下流の火葬台の対岸の方に進んで行くと、ヒンズー教の神々の壁画が描かれた建物があり、その先にはサドゥーと呼ばれるヒンズー教の修行者がいた。

ヒンズー教の神々の壁画

ヒンズー教の神々の壁画

サドゥー(ヒンズー教の修行者)

サドゥー(ヒンズー教の修行者)

ガイドに言われるままにサドゥーの写真を撮ると、お金を渡すように言われたので、1,000ルピーを渡すことになった。この人たちは本当に修行者なのだろうか。

ヒンズー教の神様の像

ヒンズー教の神様の像

結局、入場料金とガイド、サドゥーの写真に合わせて3,000ルピーも使ってしまった。ガイドが不要な方は、入場料金の1,000ルピーだけで十分だ。

パシュパティナートの全景

パシュパティナートの全景

パシュパティナートの観光自体には満足しながらも、なんだか納得がいかなかった。

「僕はネパールなんか嫌いだ。他の日本人にも勧めないよ」

そうガイドに言い残し、少し1人で境内を散策して気を取り直してから、次の目的地であるボダナートへ徒歩で向かうことにした。

遺灰は川に流される

遺灰は川に流される

森を抜けてボダナートへと向かう

森を抜けてボダナートへと向かう

住所と地図

Pashupati Nath Road 44621, Kathmandu

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換