【日本人経営】カトマンズタメル地区のおすすめお土産屋さん「ネパールクマリ」

「ネパールクマリ」外観

カトマンズに滞在中、タメル地区にある日本人経営のお土産屋さん「ネパールクマリ」を訪れた。

と言うのも、ネパールに来る前にネパールの情報をネットで調べていたところ、「ネパールのことならなんでも」というブログを見つけたのだが、「ネパールクマリ」はこのブログの運営者が経営しているらしく、興味を持ったのでお土産を買いがてら立ち寄ってみようと思ったわけだ。

「ネパールクマリ」への行き方だが、グーグルマップだと「Rosemary Kitchen And Coffee Shop」に向かって歩いて行けば良い。

カトマンズの街を歩く

カトマンズの街を歩く

小さな路地を入った突き当たりに「ネパールクマリ」はあった。

「ネパールクマリ」外観

「ネパールクマリ」外観

小綺麗な店内には、可愛らしいネパール雑貨が所狭しと並ぶ。女性が経営しているのではないかと思うようなセンスだが、経営者はネパール好きの大学院生の男性らしい。

「ネパールクマリ」の店内

「ネパールクマリ」の店内

カトマンズにはぼったくりも多いので、日本人経営だと安心して買い物ができる。全ての商品に値札が付いているのが嬉しい。

このお店はガイドブックにでも載っているのか、店内には日本人のお客さんが目立つ。

カトマンズに来る前に滞在していた南インドケララ州ではほとんど日本人に会わなかった僕、久しぶりに日本語の会話を聞いて「ふぁ!?」となった。それでも標準語なのでアウェイ感を感じる。

店内には残念ながら経営者らしき人の姿はなく、ネパール人の若い女性が働いていた。隣には「ダフェティーショップ」というお茶やコーヒーなどを販売している系列店があり、女性店員は両方の店を行き来していて忙しそうだ。

隣にある「ダフェティーショップ」

隣にある「ダフェティーショップ」

雑貨店は見ているだけでも楽しい。頻繁に海外旅行に行っていると、お土産が増えすぎて置き場所もないのでもうなるべく雑貨は買わないようにしているのだが、見ているとついつい欲しくなって何点か購入。

ネパールらしいお土産を買った

ネパールらしいお土産を買った

それにしても、このお店の経営者は大学院生らしいが、若いのに海外で起業するのには感心してしまう。

はっきり言って僕はカトマンズが嫌いなので、カトマンズでビジネスをすることはないと思うが、「自分だったら現地でどんなビジネスをするかなぁ・・・」と考えてみてもなかなか思いつかない。

「観光客向けのバーでも経営するか、それともコーヒー農場でも作って現地の人に雇用を創出して日本に輸出するのも良いなぁ・・・」と、そんなことを考えながら、お店を後にした。

「ネパールクマリ」、カトマンズのタメル地区でお土産屋さんを探している方にはおすすめのお店だ。

店舗情報

営業時間:10:20~18:00くらい

定休日:毎週土曜日

参考公式サイト(ブログ):http://nepal-nandemo.com/souvenir-shop/

住所と地図:Thamel Marg, Kathmandu, Nepal

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。