【スワヤンブナート】カトマンズのおすすめ観光スポット!ネパール最古の仏教寺院へ

仏塔に向かって石段を登る

はじめに

ネパールの首都カトマンズに滞在中、カトマンズの街の西にあるスワヤンブナートを訪れた。

スワヤンブナートはネパール最古の仏教寺院と言われ、「カトマンズの渓谷」の一部としてユネスコ世界遺産にも登録されている。

カトマンズ中心部からのアクセスも容易なので、ダルバート広場と合わせてカトマンズに来たらまず訪れたい観光スポットだ。

スワヤンブナートへの行き方(アクセス)

スワヤンブナートはカトマンズの中心部から西に3kmほどの場所にあるので、徒歩でアクセス可能だ。

僕はカトマンズの街を散歩がてら歩いて行ったのだが、カトマンズの街の砂埃が苦手な方はタクシーを利用すると良いだろう。

スワヤンブナートへの道中の景色(ビシュヌマティ川)

スワヤンブナートへの道中の景色(ビシュヌマティ川)

石段を登ってスワヤンブナートの仏塔を目指す

川を越えてしばらく歩くと、丘の上に建つ寺院の入り口が見えてきた。

多くの仏像が並んでいる

多くの仏像が並んでいる

スワヤンブナートはモンキーテンプルとも呼ばれているようで、あちらこちらに猿を見かける。僕は犬にはいつも追いかけられるのだが、何も食べ物を持っていないせいか、猿にはあまり好かれないようである。

猿には要注意

猿には要注意

寺院に行くには参道の石段を登っていかなければならない。400段弱あるらしく、これが結構きつい。

仏塔に向かって石段を登る

仏塔に向かって石段を登る

ちなみにスワヤンブナートの入場料金は200ルピー(約200円)で、階段の途中にある事務所で支払う。

石段を登り切ったところには、黄金の仏塔(ストゥーパ)がそびえ立っている。

スワヤンブナートの黄金の仏塔

スワヤンブナートの黄金の仏塔

仏塔の四面には、ブッダの5番目の眼、知恵の眼を表しているブッダアイが描かれている。

さらに、仏塔からはタルチョー(タルチョ)と呼ばれるチベットの5色の祈祷旗が四方八方に伸びている。仏教と言うのは国によって違いがあって面白い。

ネパールの仏教寺院を歩くときは、右肩を仏塔に向けて歩こう。右回りが原始仏教以来の作法らしい。仏塔の周りにあるマニ車を右回りに回しながら歩くと良いだろう。

仏塔の周りにはマニ車がある

仏塔の周りにはマニ車がある

2015年のネパール地震によってカトマンズの寺院も損傷が激しいところが多いが、仏塔は頑丈なのか、仏塔メインのスワヤンブナートは他の観光スポットに比べると地震の影響はそこまで大きくないように思えた。

寺院の境内には土産物屋などが立ち並び、観光客で賑わっている。展望台からカトマンズの街が一望できるのも丘の上にあるスワヤンブナートの魅力だ。

スワヤンブナートの展望台からの景色

スワヤンブナートの展望台からの景色

寺院を観光中に雲行きが怪しくなってきて、ほどなくして雨が降ってきたので、急いで石段を駆け下りて客待ちのタクシーに乗り込み寺院を後にした。

スワヤンブナートの境内

スワヤンブナートの境内

レストラン

カトマンズの街からスワヤンブナートに向かう道中、スワヤンブナートの仏塔が遠くに見えてきた辺りに「ニルヴァーナ(Nirvana)」という眺めの良いレストラン(カフェ)を発見したので入ってみることにした。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
「ニルヴァーナ(Nirvana)」外観

「ニルヴァーナ(Nirvana)」外観

ランチにネパール料理のセットメニューを頼んだのだが、豪勢でなかなか美味しかった。

ネパール料理のセットメニュー。他に前菜とデザートも付いてくる

ネパール料理のセットメニュー。他に前菜とデザートも付いてくる

店員はフレンドリーで親切だし、オープンテラス席からの眺めも良いのでおすすめのレストランだ。スワヤンブナートへの道中にでも立ち寄って欲しい。

「ニルヴァーナ」のオープンテラス席からの眺め

「ニルヴァーナ」のオープンテラス席からの眺め

スワヤンブナートの観光情報

営業時間と定休日:不明

入場料金:200ルピー

アクセス:カトマンズの中心部から徒歩30分くらい(約3km)

住所と地図:Manjushree Marg, Kathmandu, Nepal

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。