【カトマンズ】タメル地区にある日本食レストラン「ふる里」でカツ丼を食べた話

「ふる里」のカツ丼(味噌汁と漬け物付き)

海外での生活が長いと、なぜか無性にカツ丼やカツカレーが食べたくなる(分かる人には分かると思う)。

ネパールのカトマンズに来る前、約2週間のインド滞在中は毎日インドカレーばかり食べていた。

そろそろ日本食が恋しくなってきたので、カトマンズに滞在中、タメル地区にある日本食レストラン「ふる里(ふるさと)」にやって来た。ホテルやレストランの多いタメル地区には日本食レストランも点在している。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
「ふる里(ふるさと)」外観

「ふる里(ふるさと)」外観

昔ながらの日本家屋のような昭和の香り漂う「ふる里」の素朴な店内は、海外の日本食レストランにはよくある「日本よりも日本らしい」雰囲気だ。

「ふる里」店内

「ふる里」店内

昭和の雰囲気を感じる

昭和の雰囲気を感じる

店内では、他にも日本人の男性が1人で食事をしていた。現地の食事に疲れた日本人たちのオアシスとしての役割を果たしているのだろうか。

ここで割烹着を着たおばちゃんが奥から出てきて「いらっしゃい」なんて言ってくれるとほっとするのだが、残念ながら店員は全員ネパール人のようだった。

田舎の食堂にありそうな木のテーブルに座って、カツ丼とビールを注文。店員は「カツドン~♫」と愛想が良い。

別に好きというわけでもないのだが、せっかくなので雰囲気作りにアサヒビールを頼んだところ、品切れだったので代わりにカールスバーグ(デンマークビール)をいただいた。

木のテーブルとなんだかミスマッチなカールスバーグ

木のテーブルとなんだかミスマッチなカールスバーグ

カトマンズの喧噪とは無関係に思える店内で、のんびりとカールスバーグを飲みながら窓から見えるカトマンズの通りを眺める。しばらくすると、カツ丼が運ばれてきた。

「ふる里」のカツ丼(味噌汁と漬け物付き)

「ふる里」のカツ丼(味噌汁と漬け物付き)

カツ丼と言うのは、本当に難しい料理だと思う。カツが揚げたてなのは言うまでもなく、卵はふわとろ、玉ねぎも柔らかくて口の中に入れるととろけなければならない。一見シンプルな料理にもかかわらず、その絶妙なバランス感覚が難しいのだ。

「ふる里」のカツ丼もカツは美味しかったのだが、卵は固めで、別途炒めたような玉ねぎが大量に乗っていた。味噌汁は日本のものと変わらない。

ネパール人シェフが作っているようで、やはり日本のカツ丼とは異なるものの、味は悪くなかったし、久しぶりに日本の雰囲気を味わうことができて満足だ。

素朴な店内の印象とは真逆に、閉店間際で嬉しいのか、奥の厨房では陽気なネパール人たちが口ずさんでいた。

ネパールに来たら、やっぱりネパール料理のダルバート(日本で言う定食)がおすすめだが、日本食が恋しくなった方は「ふる里」やカトマンズに数多くある日本食レストランを訪れて欲しい。

そう言えば、海外で日本と全く同じレベルのカツ丼って食べたことないなぁ。