【アーユルヴェーダリゾート】コバーラム近くのビーチリゾートホテルでの宿泊

ビーチからサンセットを望む

今回、南インドケララ州のビーチリゾート・コバーラム(コヴァーラム)を訪れたのだが、ひょんなことからコバーラム近郊のチョワラ村にあるホテル「ソマテーラム アーユルヴェーダ ビレッジ(Somatheeram Ayurveda Village)」に泊まることになった。

南インドケララ州有数のビーチリゾート!コバーラム(コヴァーラム)南のビーチへ

2018.06.01

南インドのケララ州はアーユルヴェーダが盛んだが、どうやらこのホテルはインドでも有名なアーユルヴェーダリゾートらしい。

アーユルヴェーダとはインドに古くから伝わる伝統医学のことだ。

残念ながらまだまだ若くて健康体の僕はあまり医学には興味がなく(ほうれい線や白髪など老化を予防できるなら受けてみたいと思うが)、このホテルに滞在中にアーユルヴェーダの施術を受けることはなかったのだが、それ以外のビーチリゾートとしてのホテルの魅力をレポートしたい。

チェックイン

南国のリゾートらしく、チェックイン時にはココナッツジュースを出してくれた。4つ星ホテルだけあってスタッフの対応も丁寧だ。

ココナッツジュースのサービス

ココナッツジュースのサービス

実は、元々はコバーラムのライトハウスビーチ近くにある「ソマ パームショア(Soma Palmshore)」というホテルに泊まる予定だったのが、グレードアップでこの系列ホテルに泊まることになったのだ。

元々のホテルの宿泊料金が1泊5,000円程度だったのに対して、このホテルの宿泊料金は少なくとも1泊7,000円はするようだし、かなりお得である。

コテージタイプの部屋が並ぶ

コテージタイプの部屋が並ぶ

ホテル敷地内のプール

ホテル敷地内のプール

ただ、元々予約したホテルの部屋がオーシャンビューだったのに対して、このホテルは敷地内からは海が見えるものの、部屋はオーシャンビューではなかったのが少々残念である。

ホテルの敷地内からの風景

ホテルの敷地内からの風景

部屋

部屋はコテージタイプでリゾート感たっぷりだ。

コテージタイプの部屋

コテージタイプの部屋

部屋の外にはハンモック

部屋の外にはハンモック

室内は照明が若干暗く、シックな雰囲気が漂っている。

書斎デスク

書斎デスク

蚊帳付きのベッドで寝るのはこれが初めてかもしれない。出入りするのは若干面倒くさいが、なんだか守られているようで心地良い眠りにつくことができた。

蚊帳付きのベッド。蚊の多いインドでは嬉しい

蚊帳付きのベッド。蚊の多いインドでは嬉しい

さすがにインドでも4つ星ホテルともなると設備に困ることは少ない。Wi-Fi(インターネット)も問題なく繋がったし、アメニティ類も揃っている。

清潔で広々としたシャワー&トイレルーム

清潔で広々としたシャワー&トイレルーム

アメニティ類も豊富だ

アメニティ類も豊富だ

レストラン(朝食とルームサービス)

朝食はホテルの敷地内にある海を望むレストランでいただく。味がある藁葺き屋根は日本の伝統家屋を思わせる。

レストランの外観

レストランの外観

レストランから海を望む

レストランから海を望む

さすがにアーユルヴェーダリゾートだけあって、食事も健康的なものが多いようである。

ビュッフェ(バイキング)形式の朝食

ビュッフェ(バイキング)形式の朝食

オムレツを焼いてくれる

オムレツを焼いてくれる

デザートとコーヒー

デザートとコーヒー

肉食派で味の濃いものが好きな僕にとっては少々物足りなくも感じるが、たまにはこういうのも良い。

それにしても、インドで泊まったホテルはどこも朝食が豪勢だったな。インドのおもてなし文化だろうか。

チョワラ村という田舎にあるホテルの近郊にはさして何もなさそうで出歩くのも面倒だったので、滞在中の夕食はルームサービスで済ませた。

ルームサービス(カレーとレモンライス)

ルームサービス(カレーとレモンライス)

大きなリゾートホテルなので、宿泊客もホテルの敷地内やホテル前のビーチで過ごすことが多いのではないだろうか。

プライベートビーチ

ホテルの目の前にはアディマラスラビーチ(Adimalathura Beach)があり、高台にあるホテルの敷地内からエレベーターを使ってアクセスできる。

アディマラスラビーチ(Adimalathura Beach)

アディマラスラビーチ(Adimalathura Beach)

ケララ州にはキリスト教徒も多いようで、ビーチ周辺ではキリスト教の建築物をよく見かける。ちなみにホテルの宿泊客も欧米人ばかりだった。

ホテル前の像

ホテル前の像

ビーチ近くのキリスト教施設

ビーチ近くのキリスト教施設

アディマラスラビーチは広大なビーチだが、その一角がプライベートビーチのようになっていて、ホテル宿泊客用のビーチチェア(ビーチベッド)が並んでいる。

ホテルゲスト用のビーチチェア

ホテルゲスト用のビーチチェア

ビーチチェアに寝そべって、青い空と海を眺めながらのんびりと過ごすのは至福のひとときである。このホテルに滞在中はもっぱらビーチで過ごした。

ビーチでは地元の人たちの姿もよく目にするが、ビーチ沿いを少し南に進むと集落があるようで、多くの村の人たちで賑わっていた(さすがインドだけあって人口が多い)。

集落の近くを歩いていると、子ども達が近寄ってきて声を掛けてきたりするが、現地語なので分からない。

妙な視線を感じるし、完全に現地の村に紛れ込んだよそ者で、動物も多いし若干恐怖を覚えたので深入りしないことにした。

ビーチの近くには牛も多い

ビーチの近くには牛も多い

初のインド旅行も終わりに近づこうとしていた。

自然の美しいケララ州にはビーチリゾートも多く、人は穏やかで食事も美味しい(そして何より物価が安い)。治安も想像していたほどは悪くはないようだし、デメリットと言えば、綺麗好きの日本人には少々厳しいインド特有の汚さが随所に感じられることくらいだろうか。

いつかまたケララ州に来たいなぁ・・・そう思いながら、今回のケララ州の旅で一番綺麗に見えたアラビア海に沈む夕日を眺めていた。

ビーチからサンセットを望む

ビーチからサンセットを望む

予約

アゴダで予約する

Booking.comで予約する

住所と地図

Chowara, South of Kovalam, Trivandrum

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換