フォートコーチン(コチ)の海沿いレストランでフィッシュカレーを堪能した話

フィッシュカレーとライス

4月末の南インドの猛烈な暑さの中、蚊に刺されまくりながら、僕は目の前にある大量の激辛フィッシュカレーにむしゃむしゃと貪りついた。

痒さと辛さでもはや味などは分からない。この苦悩の中、僕はこう思った。

「これが修行中のブッダが味わった苦しみか」(そんなわけあるか)

フォートコーチン(コチ)の「シーガルレストラン(Seagull Restaurant)」

フォートコーチン(コチ)に滞在中、ネットで調べた情報を頼りに、ディナーを食べようと海沿いにある「シーガルレストラン(Seagull Restaurant)」にやって来た。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
「シーガルレストラン(Seagull Restaurant)」入り口

「シーガルレストラン(Seagull Restaurant)」入り口

「シーガルレストラン」外観

「シーガルレストラン」外観

人気のレストランらしく、店内は海を眺めながら食事を楽しむ観光客らしき人たちで賑わっていた。薄暗い店内からは対岸の島の明かり、そして行き交う貨物船が見える。

「シーガルレストラン」から見る夜景

「シーガルレストラン」から見る夜景

テーブルに座り、フィッシュカレーとビールをオーダーした。フィッシュカレーは漁業が盛んなケララ州の名物だ。

店員に促され、店内にある魚を陳列しているケースから1匹の魚を選ぶ。

フィッシュカレーの魚を選ぶ

フィッシュカレーの魚を選ぶ

店員は「1人だからこの小さめのが良いんじゃない?」と勧めてくれたのだが、何よりも面倒くさがりの僕は骨が少ない魚を選ぶことにした。

フィッシュカレーの料金は600ルピー(約1,000円弱)と、一般的なカレーに比べると高額に感じる。味付けはスパイシーを選んだ。

魚を選んだ後、席に戻ってインドビール(キングフィッシャー)を飲みながらフィッシュカレーが出てくるのを待つ。

インドビールと言えばキングフィッシャー

インドビールと言えばキングフィッシャー

開放的な店内と言うこともあってか、とにかく蚊が多い。

よりにもよって日本から持参した蚊除けスプレーを使うのを忘れてしまった。おまけに短パンとサンダルなので刺されまくる。

とにかく痒かったので気を紛らわそうとビールをがぶがぶ飲んでいると、フィッシュカレーがやって来た。

フィッシュカレーとライス

フィッシュカレーとライス

何となく嫌な予感はしていたのだが、大きな鍋に魚が丸ごと一匹入っている。これは日本の冬にみんなで囲むやつだ。

肝心の料理の味は、日本人の好きな新鮮な魚にカレー、ライスの組合せなので美味しくないわけがない。魚は何等分かにカットされていて、骨こそあったものの食べやすかった。

しかし、1人だとさすがに量が多く、食べても食べてもなかなか減らない。

店内はそれほど暑くはなかったものの、蚊に刺されまくりながら、辛いカレーをひたすら食べ続けると言う若干苦行のような状態になってしまった。

味はだんだん分からなくなっていったが、勢いよく食べ進めてなんとか完食。まるで、苦しみながらも試合に勝ったボクサーのような気分になりながら、勝ち誇った顔でお店を後にした。

それはともかく、味も雰囲気も悪くはなかったので、海を眺めながら食事をしたい方には「シーガルレストラン」はおすすめだ。

このレストランに限らず、蚊の多いインドで外食をする際は、虫除けスプレーは忘れないようにしよう。忘れたら地獄が待っている。