【エメラルド アイル】某女優もおすすめ!アレッピーのバックウォーターにあるホテル

伝統建築を利用した歴史のあるホテル

はじめに

今回、アレッピーには3泊4日の滞在だったのだが、最初の1日はアレッピーの街から離れた島にある「エメラルド アイル(Emerald Isle)」というヘリテージホテルに宿泊した。

「エメラルド アイル(Emerald Isle)」外観

「エメラルド アイル(Emerald Isle)」外観

バックウォーターのまっただ中にある「エメラルド アイル」は、ケララの伝統建築を利用したホテルで150年もの歴史があるらしい。

このホテルは『地球の歩き方』に載っていて、また女優である中谷美紀さんの著書『インド旅行記〈2〉南インド編』でも触れられていることから、ミーハーの僕はつい気になって1泊してみることにした。

余談であるが、『インド旅行記〈2〉南インド編』は南インドを訪れる前に参考にしようと購入したのだが、どうにも文体が合わずに数ページで読むのを止めてしまった。まぁ、本には相性があるし、僕は別に彼女のファンでもないのでしょうがないと言えばしょうがない。

「エメラルド アイル」への行き方(アクセス)

「エメラルド アイル」はアレッピーの街の南東約13kmのところにある。

アレッピーの街からホテルへのボートが出ている桟橋まではオートリキシャで数百ルピー程度だ。ホテルに連絡したら対岸の桟橋までボートで迎えに来てくれる。

ホテルがある島はかなり広く、乗るボートを間違えると大変な目に会うので気を付けよう。乗る際に確認すれば安心である。

【ケララ州】アレッピーの島で迷子になって南インド人に助けられた話

2018.05.25

チェックイン

僕は散々道に迷った挙げ句、ようやくホテルにチェックインすることができた。今回はBooking.comで予約し、宿泊料金は1泊朝食込みで約6,000円。

伝統建築を利用した歴史のあるホテル

伝統建築を利用した歴史のあるホテル

オーナーはフレンドリーで、分かりやすい英語でホテルの説明をしてくれる。

僕「他にも迷う人いるでしょ?」

オーナー「うーん、あんまりいないね」

チェックインの際、パスポートを預けなければいけないのが気になった。

部屋に案内され、歴史を感じる重厚な木の扉を開けると、いかにもブティックホテルと言った感じのおしゃれな内観の部屋が現れた。アンティークの家具は落ち着きを与えてくれる。

「エメラルド アイル」の部屋

「エメラルド アイル」の部屋

アンティークの家具が部屋にマッチする

アンティークの家具が部屋にマッチする

シャワールームは中と外に2箇所ある。外のオープンシャワーはリゾート気分を与えてくれるが、虫が出そうだし使うことはなかった。

室内のシャワールーム

室内のシャワールーム

室内のシャワーを使った後は、床がかなり滑りやすくなるので気を付けよう。

部屋で休憩した後、道に迷ったせいで身体はかなり疲労困憊していたのだが、1泊しかしないしせっかくなので周辺を散歩しようと外に出ると、給仕のおじさんがホテルの敷地内にあるガーデンを案内してくれた。

敷地内にあるガーデン

敷地内にあるガーデン

自然豊かなガーデンには様々な実がなっている。給仕のおじさんはガイドのように説明してくれるが、ほとんど忘れてしまった。

水田が広がっている

水田が広がっている

ホテルから1歩外に出ると、目の前には川が流れている。ケララ州ではお馴染みのヤシの木と川・・・ホテルの周辺は自然に囲まれており、のんびりと過ごす以外、特にやることはなさそうだ。

ホテル前の道

ホテル前の道

ハウスボートが停まっていた

ハウスボートが停まっていた

ケララ州も間もなく雨季に入るようで、夜になると空には雷鳴が鳴り響いていた。

蒸し暑くてエアコンを付けようとするが、電気スイッチを色々と押してみるもなぜか作動しない。やり方が悪かったのだろうか?オーナーに聞いてみようかと思ったが、ファンは勢いよく回っているし、疲れていたので面倒くさくなって、雷鳴をバックミュージックにそのまま爆睡することにした。

食事

朝食は宿泊料金に含まれていたが、夕食は別料金となる(ちなみにディナー450ルピー、水20ルピーだった)。

夕食は屋外にあるテーブルで、ムーディーな雰囲気の中いただく。この日はゲストは僕1人しかおらず、薄暗い中ランプの明かりを頼りに給仕が料理を提供してくれるが、若干ホラー映画みたいだと思った。

屋外にあるテーブル

屋外にあるテーブル

晩餐の始まりだ

晩餐の始まりだ

ディナーは豪勢で、まず最初に出てきたのがパパダムにチキンとダル。

パパダムに肉料理と豆料理

パパダムに肉料理と豆料理

続いて、ライスにジャックフルーツ、ロウバナナ、カベッジ、パンプキン・・・。食材の多くはホテルの敷地内で獲れたもののようだ。カレーやココナッツの風味が美味しい。

ライスに野菜とフルーツを使った料理

ライスに野菜とフルーツを使った料理

肉食派の僕はやはりチキン、そしてダルの典型的なインド料理がお気に入りで、ライスと共にお代わりをいただいた。

食後にはマンゴーを出してくれたが、これも庭で獲れたものらしく、かなり酸っぱかった。

朝食も豪勢だ。ナツメグジュースにプットゥ(蒸しパン)とグリーンピースたっぷりのピースマサラ。そしてパンにチャイ(ミルクティー)。

南インドらしい朝食だ

南インドらしい朝食だ

コーヒーよりもチャイが好きになってしまった

コーヒーよりもチャイが好きになってしまった

以前までチャイは変な味だなぁ・・・と思っていたのだが、インドに来てからすっかりチャイの虜になった。料理は現地で味わってこそその存在意義が分かるものだ。

チェックアウト

朝食を食べ、オーナーと少し世間話をしてからチェックアウト。

お土産にポストカードを貰った

お土産にポストカードを貰った

対岸まではボートで送ってもらい、対岸からは手配してもらったオートリキシャに乗ってアレッピーの街に戻る。

エンジン付きのボートで対岸まで渡る

エンジン付きのボートで対岸まで渡る

道に迷ったこともあってかなかなかエキサイティングな旅だった。今回の南インド旅行の中で一番印象に残っているかもしれない。

ケララ州のバックウォーターにヤシの木、そして伝統建築を味わいながらのんびりと過ごしたい方にはおすすめのホテルだ。

あまり干渉されるのが嫌いな僕はどうもホームステイのアットホームな雰囲気というのは合わないようだが、ホームステイで出される南インドの料理はどれも美味しく感じる。

今度来るときは、迷わずにたどり着こう。

予約

公式サイトで予約する

アゴダで予約する

Booking.comで予約する

住所と地図

Kanjooparambil-Manimalathara, Chathurthyakary P.O, Alleppey

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換