【宮古島の離島】池間島の観光名所・池間湿原とおすすめカフェをご紹介!

池間湿原(いけましつげん)

このブログ「On The Run」を始めたのは2016年8月なのだが、それ以前の旅行に関しても写真が残っているので、旅に出ていないときにでも記事を書いていくことにした。

今回は宮古島の離島である池間島(いけまじま)をご紹介したい。池間島には宮古島の北から池間大橋を渡って行くことができる。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

池間島の北には八重干瀬(やびじ)と呼ばれるサンゴ礁群があり、池間島周辺の海はシュノーケリングスポットとしても人気がある。池間大橋から見る海の色も美しい。

池間大橋

池間大橋

池間島の観光名所の一つに池間湿原(いけましつげん)がある。湿原とは文字通り「湿った草原」のことだ。池間湿原には多様な動植物が生息している。

池間湿原への行き方(アクセス)だが、池間湿原は小さな島の中ほどにあるので、島の中の道路を走っていればいずれはたどり着くだろう。池間湿原の入り口は湿原の北側にあるので、池間島の北を走る外周道路から島の中の道路に入るのが良いと思う。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
池間湿原入り口

池間湿原入り口

僕はこの日は原付だったのだが、舗装されていない狭い道を車でも入っていくことができるようだ。池間湿原の近くには駐車スペースがあり、駐車スペースの先には湿原が一望できる展望台がある。

池間湿原(いけましつげん)

池間湿原(いけましつげん)

池間湿原では様々な種類の野鳥を観察することができるようだ。僕は鳥類に関しては全く詳しくないので、観察できる鳥の種類に関してはウィキペディアを参照して欲しい。

様々な野鳥が観察できる池間湿原

様々な野鳥が観察できる池間湿原

池間島の東側の外周道路を池間大橋に向かって走ると、「テラスOHAMA」という景色の良いカフェがある。僕が池間島に来た時にはよく訪れるおすすめのカフェだ。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

僕がこのカフェを訪れた時はいずれもフレンドリーな中国人女性が働いていた。人の少ないカフェで、トロピカルジュースを飲みながら池間島周辺の綺麗な海を眺めてのんびりと過ごすことができる。

カフェ「テラスOHAMA」

カフェ「テラスOHAMA」

カフェからは手前のビーチに降りていくことができるので、このカフェに来たら是非ビーチ散策も楽しんで欲しい。

「テラスOHAMA」前のビーチ

「テラスOHAMA」前のビーチ

このビーチからは池間大橋や「神の島」と呼ばれる大神島を見渡すことができる。

ビーチから見る池間大橋

ビーチから見る池間大橋

三角の形をした大神島

三角の形をした大神島

いわゆる観光スポットと呼ばれるものがほとんどなくてあまり注目をされないが、池間島には人の少ない穴場ビーチに豊かな自然がある。宮古島に来たら、是非一度は池間島にも足を運んで欲しい。

宮古島から池間大橋を渡り、池間島のハート岩とフナクスビーチ(池間ブロック)へ

2017.12.11