【与論島北西部のビーチ】宇勝海岸と夕日スポットの品覇海岸周辺を徒歩で巡る

宇勝海岸隣の漁港

与論島には数え切れないほどのビーチがある。珊瑚礁が隆起してできた与論島では、どこに行っても「ヨロンブルー」と呼ばれる綺麗な海の色を見ることができる。

この日は与論島の北西部に点在するビーチを徒歩で見て回ってきたのでご紹介したい。

まずは島の一番北の方に位置する宇勝(うかち)海岸。ビーチの隣にある小さな漁港が目印だ。

宇勝(うかち)海岸

宇勝(うかち)海岸

宇勝海岸隣の漁港

宇勝海岸隣の漁港

宇勝海岸から海沿いを西へ進んでいくと、「星空ポイント指定席」と書かれた立て札がある。観光客を意識しているのか、与論島にはこのようなスポットが多い。

星空ポイント指定席

星空ポイント指定席

確かにこのポイントからは星空が綺麗に見られそうだが、周辺には人がいないので夜は怖そうだ(人がいたらもっと怖いかも)。

星空ポイント近くの海

星空ポイント近くの海

ここからさらに西へ歩いて行くと、舗装された道路のガードレールがある行き止まり手前に2つの小さなビーチがある。

舗装された道路を歩く

舗装された道路を歩く

小さな小道を進んでいくと

小さな小道を進んでいくと

舟がある小さなビーチにたどり着いた

舟がある小さなビーチにたどり着いた

メーラビビーチ北のビーチ

メーラビビーチ北のビーチ

このビーチがこの日一番の目的地であった映画「めがね」のロケ地(主人公タエコがマフラーを編むシーン)となったメーラビビーチだと思ったのだが、後から調べるとどうも違うようだった。

ここから外周道路を南に歩いて行くとホテル「ヨロン島ビレッジ」がある。映画「めがね」の中でタエコが宿泊する民宿「ハマダ」として使われたホテルだ。

「ヨロン島ビレッジ」外観

「ヨロン島ビレッジ」外観

「ヨロン島ビレッジ」

「ヨロン島ビレッジ」

「ヨロン島ビレッジ」には映画で見覚えのあるキッチンが残されている。かなり古くさくなっているものの、今にも民宿「ハマダ」の主人が料理を始めそうである。

映画「めがね」に出てくるキッチン

映画「めがね」に出てくるキッチン

残念ながらこの日は通り過ぎてしまったようだが、どうやらメーラビビーチは「ヨロン島ビレッジ」のすぐ近くにあるらしい。

映画「めがね」ファンでこのホテルに泊まった方は是非メーラビビーチにも訪れて欲しい。行き方はホテルスタッフにでも聞けば教えてくれるだろう。

続いて、メーラビビーチの南に位置する品覇(しなは)海岸を目指すことにした。こちらも「ヨロン島ビレッジ」のすぐ近くにある。

猫が様子をうかがっている

猫が様子をうかがっている

品覇海岸に向かう途中で小道を進むと小さなビーチがある。与論島はビーチが多すぎて、しかも小さなビーチには名前が書いていないのでどれがどれだか分からない。

品覇(しなは)海岸手前のビーチ入り口

品覇(しなは)海岸手前のビーチ入り口

品覇海岸手前のビーチ

品覇海岸手前のビーチ

この隣に品覇海岸がある。品覇海岸はかなり大きなビーチで、島の北西部にあるので、夕日(サンセット)スポットとしても人気があるようだ。

品覇海岸

品覇海岸

この日は日中は天気が良かったのだが、夕暮れ時が近づくにつれ雲が立ちこめてきた。離島の天気というのは本当に変わりやすい。

波こそあったものの、与論島北西部のビーチはどこも静かな印象だ。島を歩き回って自分のお気に入りのビーチを探すのも離島のおすすめの過ごし方である。

メーラビビーチを見つけることができなかったのが心残りだが、また次回与論島に来た時にでも訪れたいと思う。

なお、与論島の北東部にも映画「めがね」のロケ地(メルシー体操やかき氷屋のシーン)として有名なトゥマイビーチがあるので、ここも合わせて訪れて見て欲しい。

【与論島一人旅】映画「めがね」ロケ地!寺崎海岸隣のトゥマイビーチへ

2018.02.06

今回訪れた与論島北西部のビーチ(およびヨロン島ビレッジ)地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換