与論島のギリシャ風カフェ「海カフェ(Umi Cafe)」がおしゃれでおすすめ!

「海カフェ」店内

この日の与論島はとても風が強く、外に出て観光する気分にはならなかったので、午後からカフェでのんびりすることにした。

ガイドブックを片手にやって来たのは茶花(ちゃばな)市街地中心部から少し歩いたところにある「海カフェ(Umi Cafe)」。近くにはウドノスビーチがある。

ウドノスビーチ

ウドノスビーチ

「海カフェ」の入り口手前には雑貨やアクセサリーを販売するショップ「ギャラリー海」がある。

「ギャラリー海」外観

「ギャラリー海」外観

ここから奥に進むと「海カフェ」の入り口がある。ギリシャを思わせる白い建物に青いドアが印象的だ。

「海カフェ」外観

「海カフェ」外観

なんでも与論島とギリシャのミコノス島は姉妹都市らしく、与論島にはギリシャを思わせる白い建造物をあちらこちらで見かける。

「海カフェ」店内の内装もおしゃれで、窓からは港を望むことができる。まさに「エーゲ海の小さなカフェ」と言った雰囲気だ。

「海カフェ」店内

「海カフェ」店内

窓からは港が見える

窓からは港が見える

「海カフェ」には一匹の猫がいる。店内の風景にすっかり溶け込んでいたので、最初は気付かなかった。

「海カフェ」の猫

「海カフェ」の猫

なんだか、村上春樹の小説の世界を連想させる。そう言えば、与論島の姉妹都市であるミコノス島は村上春樹が代表作品である『ノルウェイの森』を書き始めたところだ。

「海カフェ」にはテラス席(ベランダ)もある。晴れた日に、テラス席で海を眺めながらコーヒーを飲むなんて最高じゃないか。

「海カフェ」テラス席(ベランダ)

「海カフェ」テラス席(ベランダ)

ベランダから茶花漁港を望む

ベランダから茶花漁港を望む

「海カフェ」のメニューはドリンクとスイーツのみ(ちなみに階下には石窯ピザ店がある)で、この日はホットカフェラテにギリシャのお菓子であるラブァニをいただいた。

ホットカフェラテとラブァニ

ホットカフェラテとラブァニ

ラブァニとはシロップをかけたスポンジケーキらしい。まさに外国のケーキと言った感じの固い食感なのだが、ほどほどの甘さ(多分、ギリシャで食べるともっと甘いのだろう)で美味しい。ホイップクリームとベリーソースとの相性も抜群だ。

この日は天気が悪いこともあってかお店には他にお客さんがおらず、海が見えるおしゃれな空間の中、一人(+猫)で贅沢な時間を過ごすことができた。

ギリシャの雰囲気を味わうことができるおすすめのカフェだ。与論島に来たら是非「海カフェ」を訪れ、エーゲ海の風を感じて欲しい。

店舗情報

営業時間:11:00~18:00(土曜日は13:00~18:00)

定休日:木曜日

住所と地図:与論町茶花2309

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。