【与論島一周】距離約21kmの島を徒歩で巡る!見どころや観光スポットをご紹介

皆田(みなた)海岸へ続く道

与論島一周の距離は約21kmと、丁度ハーフマラソンの距離である。島を一周するヨロンマラソンも毎年3月に開催されるようだ。

島一周にかかる所要時間は、1km10分のペースで歩いたとしたら理論上は3時間30分で回れることになる(寄り道しなければの話だが)。

島内の移動手段に関しては、レンタカー(バイク、自転車)やバス、タクシーなどがあるが、ヨロン島観光ガイドのウェブサイトが詳しいのでそちらを参照して欲しい。

この日は与論島を徒歩で(ほぼ)一周してきたので、写真と共に見どころを以下にご紹介したい。

与論空港近くにある滞在先ホテル(イチョーキヴィラ)を出発し、まずは茶花市街地へと向かう。

茶花海岸

茶花海岸

茶花市街地から島の内側を走る内周道路(一周バス路線)を北回り(時計回り)に歩いて、まずは島の北東部にあるトゥマイビーチを目指すことにした。映画「めがね」のロケ地となった観光客にも人気のビーチだ。

島の内周道路を歩く

島の内周道路を歩く

トゥマイビーチおよびその隣の寺崎(てらさき)海岸に関しては以下の記事を参照して欲しい。

【与論島一人旅】映画「めがね」ロケ地!寺崎海岸隣のトゥマイビーチへ

2018.02.06

トゥマイビーチから島の外周道路を歩いて行くと黒花(くろばな)海岸がある。なんだかひっそりとした静かなビーチである。

黒花(くろばな)海岸入り口

黒花(くろばな)海岸入り口

穴場ビーチの黒花海岸

穴場ビーチの黒花海岸

黒花海岸から海沿いに道を歩いて行くと、次にあるのが皆田(みなた)海岸だ。

皆田(みなた)海岸へ続く道

皆田(みなた)海岸へ続く道

皆田海岸周辺には綺麗な青色をした珊瑚礁の海が広がっている。沖には皆田灘という小さな島があり、泳いで渡ることができるようだ(1月の与論島は泳ぐのには寒すぎるが)。

沖には皆田灘が見える

沖には皆田灘が見える

透明度が高い皆田海岸の海

透明度が高い皆田海岸の海

皆田海岸から少し南に行くと「Yoron Seaside Garden」というガーデンカフェがある。この日は立ち寄らなかったが、歩き疲れたら休憩に利用するのも良いだろう。

「Yoron Seaside Garden」

「Yoron Seaside Garden」

「Yoron Seaside Garden」から少し南に行くと大金久(おおがねく)海岸がある。

砂の道を歩く

砂の道を歩く

北から見る大金久(おおがねく)海岸

北から見る大金久(おおがねく)海岸

大金久海岸は約2kmに渡って白い砂浜が続く与論島最大のビーチだ。その景色は壮観で、与論島に来たら必ず訪れたい場所の一つである。

白い砂浜が続く大金久海岸

白い砂浜が続く大金久海岸

どこまでも続きそうな白い砂浜、そして透明度の高い海は、宮古島の与那覇前浜ビーチを連想させる。マリンスポーツも盛んなようで、沖ではセーリングをしている人たちがいる。

沖ではセーリングをしている

沖ではセーリングをしている

大金久海岸の沖合い約1.5kmには、百合ヶ浜(ゆりがはま)が出現する。百合ヶ浜は、春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけに姿を現すと言われている幻の白い砂浜(サンドバーとも呼ばれる)だ。

百合ヶ浜(ゆりがはま)へ渡るグラスボートらしきものがある

百合ヶ浜(ゆりがはま)へ渡るグラスボートらしきものがある

ホテルのスタッフから聞いた話だと、ここ最近は冬の間も百合ヶ浜は現れるらしいが、この日はあいにく砂浜らしきものは見ることができなかった。百合ヶ浜の出現スケジュールはこちらのページを参照して欲しい。

百合ヶ浜は大金久海岸の沖合いに出現する

百合ヶ浜は大金久海岸の沖合いに出現する

大金久海岸には百合ヶ浜に渡るグラスボートの総合案内所があるので、百合ヶ浜が出現したら是非訪れて見て欲しい。

大金久海岸南にある入り口

大金久海岸南にある入り口

観光客が少ないこともあってか、冬の時期はビーチ周辺のお店はほとんど閉まっているようだ。自動販売機でお茶を買って休憩し、大金久海岸から南へと歩を進める。

【与論島一周 Vol.2】観光名所や史跡が多い島の南部を徒歩で巡る

2018.02.14

今回訪れた与論島のビーチ地図

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換