【与論島の夜】おすすめバー「cafe & bar LOOP」と「Bar Natural Reef」で一人飲み

オリジナルカクテル「ヨロンブルー」

一人旅で離島を訪れると、僕はよくバー巡りをする。離島のバーは内地(沖縄で「本州」を意味する)から移住してきた人が経営しているケースも多く、話を聞いていると、「色々な人生があるもんだなぁ」と思ったりして面白い。

与論島の茶花(ちゃばな)市街地には合わせて3軒ほどのバーがあるようだ。いずれも「旅の人(与論島では内地の人を主にこう称する)」が経営しているらしい。

今回、与論島滞在中にそのうちの2軒のバーに訪れたので以下にご紹介したい。

cafe & bar LOOP

「cafe & bar LOOP(ループ)」は、茶花市街地のメインストリートである「銀座通り」から信号機のある交差点を曲がった通り沿いにある。

「cafe & bar LOOP(ループ)」外観

「cafe & bar LOOP(ループ)」外観

店内はおしゃれな雰囲気だ。マスターは東京出身の人で、与論島の海が好きで移住してきたようだ。

「cafe & bar LOOP」店内

「cafe & bar LOOP」店内

カウンター席に座り、オリジナルカクテル「ヨロンブルー」をいただく。その名の通り、鮮やかな青のグラデーションは与論島の海の色を連想させる。

「cafe & bar LOOP」カウンター席

「cafe & bar LOOP」カウンター席

オリジナルカクテル「ヨロンブルー」

オリジナルカクテル「ヨロンブルー」

カウンターには大型のスクリーンがあり、シュノーケリングとダイビングをするマスターが海に潜ったときの映像を流してくれる。

続いて、レッドアイ(ビールとトマトジュースのカクテル)にタバスコを入れたデビルアイというカクテルをいただいた。このバーで初めて飲んで好きになったカクテルだ。

デビルアイ(レッドアイ+タバスコ)

デビルアイ(レッドアイ+タバスコ)

ビール、トマト、そして辛いタバスコと、僕の好物が3つ入ったデビルアイはガツンとしてクセになる味だ。

他には誰もいない店内で、美味しいカクテルを片手にスクリーンに映し出された与論島の海の中を眺め、のんびりとした時間を過ごす。リゾート気分を味わうことができるおすすめのお店だ。

テキーラサンライズ

テキーラサンライズ

店舗情報

営業時間:18:00~翌2:00

定休日:水曜日

住所と地図:与論町茶花63-3

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。

Bar Natural Reef

「Bar Natural Reef(ナチュラルリーフ)」は、銀座通り沿いにある。2002年から営業している与論島では老舗のバーだ。

「Bar Natural Reef(ナチュラルリーフ)」外観

「Bar Natural Reef(ナチュラルリーフ)」外観

クバの葉に囲まれた南国の雰囲気がする店内ではお香の香りが漂い、レゲエのBGMが流れている。なんだかボブ・マーリーを思い出した。

マスターは横浜出身で、他にも「旅の人」である女性店員がいた。一人でカウンター席に座ると色々と話しかけてきてくれる。

このバーではメニューはなく、お好みを伝えると作ってくれる。与論島らしく、海をイメージした青いカクテルをいただいた。

青いカクテル

青いカクテル

他には、せっかくなので与論島産の黒糖焼酎「島有泉(しまゆうせん)」を使ったカクテルを作ってもらった。さっぱりとした味わいで美味しい。

「島有泉(しまゆうせん)」のカクテル

「島有泉(しまゆうせん)」のカクテル

どちらかと言うと、一人でゆっくりと飲むよりも、みんなでワイワイと飲むのに適したバーなのかもしれない。

与論島で長くやっているバーなので、色々と島の話を聞くのも面白いだろう。

店舗情報

営業時間:20:30~翌2:00

定休日:不定休

住所と地図:与論町茶花16-1

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。

まとめ

上記にご紹介したバーは、いずれも本州出身の人が経営しており、旅行者が一人でも入りやすいので居酒屋で食事をした後にでも立ち寄ってみて欲しい。

与論島は夜に遊ぶ場所が少ない(僕が知らないだけかもしれないが)ので、夜に星を見るのももう飽きた、という方はバーで飲むのがおすすめだ。

なお、与論島には「与論献奉(よろんけんぽう)」という宮古島の「オトーリ(御通り)」に似た回し飲みの儀式がある。特に一人で飲んでいると、店で飲んでいる島の人たちに「与論献奉(よろんけんぽう)」に誘われることもあるかもしれない。

たまには島の人と一緒に飲むのも良いだろうが、くれぐれも飲み過ぎには要注意だ。