【与論島観光スポット】与論城跡、琴平神社、サザンクロスセンターを巡る

映画「めがね」で使用された自転車

与論島を一周がてら、島の南部にある与論城跡、琴平神社、そしてサザンクロスセンターを観光してきたので以下にご紹介したい。いずれも隣接しているのでまとめて見るのがおすすめだ。

与論城跡とサザンクロスセンターの入り口(島の北側から)

与論城跡とサザンクロスセンターの入り口(島の北側から)

与論城跡&琴平神社

島の南の外周道路を回っていると、丁度真ん中あたりに、昇龍橋と書かれた23番の標識がある。

昇龍橋の標識(23番)

昇龍橋の標識(23番)

ここから坂を上っていくと与論城跡(よろんぐすくあと)がある。この周辺からの眺めは絶景で、沖縄の島々、与論島の南部から空港がある西部までを見渡すことができる。

与論島の南西部を望む

与論島の南西部を望む

与論城は、1405~1416年の間に琉球北山王(ほくざんおう)の三男、王舅(オーシャン)によって築城されたと言われている。築城途中で北山王朝が滅亡したために未完成となったそうだ。

与論城跡(よろんぐすくあと)

与論城跡(よろんぐすくあと)

石垣が積み上げられているが、言われなければ城跡とは気付かないほどである。

与論城跡の石碑

与論城跡の石碑

与論城跡には琴平神社(ことひらじんじゃ)がある。

神社の手水舎(ちょうずや)

神社の手水舎(ちょうずや)

琴平神社(ことひらじんじゃ)

琴平神社(ことひらじんじゃ)

琴平神社の中にはモノクロ写真が展示されており、昔の島の人たちの生活を垣間見ることができる。

琴平神社の中

琴平神社の中

高台にある琴平神社から眺める景色も美しい。本州に比べると小さな沖縄本島も、与論島から見るととても大きく感じる。島の人たちはどんな思いで沖縄本島を眺めているのだろうか。

琴平神社から沖縄本島を望む

琴平神社から沖縄本島を望む

サザンクロスセンター

与論城跡に隣接してサザンクロスセンターがある。サザンクロスセンターの名前の由来は、南十字星が観測できる国内最北端の地がここ与論島であることから来ているらしい。

サザンクロスセンター

サザンクロスセンター

サザンクロスセンターの目玉は何と言っても映画「めがね」で使用された自転車だ。自転車は1階の受付横に展示されている。

映画「めがね」で使用された自転車

映画「めがね」で使用された自転車

自転車は実際に乗ってみることもできる。僕も映画の登場人物であるサクラの気分になってまたがってみた。

自転車の隣には映画「めがね」の最終稿が置いてある。

映画「めがね」最終稿

映画「めがね」最終稿

小さな島ということもあって、ロケ地となった与論島では映画「めがね」はかなり有名なようだ。この映画を観て与論島を訪れる韓国人観光客もいるらしい。与論島を訪れる方は事前に予習を兼ねて観ておくことをおすすめする。

鹿児島県与論島が舞台!映画「めがね」レビュー(あらすじ・感想など)

2018.01.01

サザンクロスセンターは5階が展望台になっていて、2階から4階は資料館になっている。まずはエレベーターで5階まで上がり、下に順番に見ていくのが効率的だ。

5階の展望台からは与論島を360度見渡すことができる。遠くには沖縄の島々も見える。

サザンクロスセンター展望台からの眺め

サザンクロスセンター展望台からの眺め

展望台は琴平神社よりも大分高い場所にあるので壮観な眺めを楽しむことができるが、どうもガラス越しに見る風景というのはあまり好きではない。

沖縄周辺の離島と言えばJALだ

沖縄周辺の離島と言えばJALだ

2階から4階には与論島の自然、文化や歴史に関する資料がテーマ別に展示されている。

なんだか小学校の退屈な校外学習を思い出すし、僕はあまり資料館というものに興味を持てない(昔の島のモノクロ写真には目を奪われたが)ので、サクッと見て回る事にした。

4階は自然のコーナー

4階は自然のコーナー

3階は海のコーナー

3階は海のコーナー

2階では与論島の文化を紹介している

2階では与論島の文化を紹介している

1階の百合ヶ浜コーナー

1階の百合ヶ浜コーナー

サザンクロスセンターには結構な数の展示品があるので、興味がある人は時間をかけてゆっくり見て回ると良いだろう。

サザンクロスセンター観光情報

営業時間:9:00〜18:00(入館は17:30まで)

休日:年中無休

入場料:大人400円、子供(中学生以下)200円

駐車場:あり

住所と地図:与論町立長3313(与論城跡も同じ)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※上記は変更の可能性がありますので予めご了承ください。

まとめ

与論城跡と琴平神社は景色を楽しむだけでも来る価値はあると思う。

サザンクロスセンターは映画「めがね」ファンの方や与論島のことを詳しく知りたい方にはおすすめだ。与論島を一望できる展望台からの景色も良いが、与論城跡からの無料の景色でも十分に満足できるだろう。

いずれも観光するにはそれほど時間はかからない(資料館をじっくり見る場合を除く)ので、島を巡るついでにでも訪れて欲しい。

なお、与論島の中ほどに島を一望できる舵引き丘(ハジピキパンタ)という観光名所もあるのでこちらもチェックしてみて欲しい。

与論島のパワースポット!?与論島誕生の聖地「舵引き丘(ハジピキパンタ)」へ

2018.02.02