与論島で一番人気!?海鮮料理がおすすめの「居酒屋ひょうきん」での食事

「居酒屋ひょうきん」外観

与論島は人口5,000人程度の小さな島だが、茶花市街地には思っていたよりも多くの居酒屋(数軒~10軒くらい)がある。

この日は与論島の居酒屋の中でも一番人気があるらしい「居酒屋ひょうきん」で食事をすることにした。

「居酒屋ひょうきん」は茶花漁港の近く、ハイビスカス通り沿いにある。

「居酒屋ひょうきん」外観

「居酒屋ひょうきん」外観

お店に入ってカウンター席に座る。店内は地元のお客さんたちで賑わっているようだ。

カウンター席。ケースには魚が並んでいる

カウンター席。ケースには魚が並んでいる

なお、元々の人口が少ないためか、与論島では宮古島のように予約しないとお店に入れないということはなかった(観光客が少ない冬場というのもあるだろうが)。

生ビールとお通しをいただきながらメニューを眺める。「居酒屋ひょうきん」は海鮮料理がおすすめの居酒屋らしく、刺身や寿司など海鮮料理のメニューも豊富だ。

生ビールとお通し

生ビールとお通し

まずはこのお店のおすすめメニューであるソーキ煮をいただくことにした。いかにもコラーゲンたっぷり、老化の一途をたどる中年男性のお肌もプルプルになりそうな一品である。

ソーキ煮

ソーキ煮

なかなかの量だったが一瞬で平らげてしまった(話し相手がいないので食べるしかないこともあるが)。美味しいソーキというのは全く胃にもたれないものだ。

ソーキを食べるとなんだかご飯が恋しくなる。シビ丼という見慣れない料理をメニューに発見したので食べてみることにした。シビとはキハダマグロの幼魚のことらしい。

幼魚と聞いて、一瞬しらす丼のようなものでも出てくるのかと思ったが、出てきたのは普通のマグロ丼である。マグロはマグロでしかないらしい。

シビ(キハダマグロの幼魚)丼

シビ(キハダマグロの幼魚)丼

白いご飯に乗った新鮮なマグロに醤油とワサビのコラボレーション。美味しくないわけがないだろう。やっぱり離島に来たら魚である。

マグロはたっぷり入っていてかなりお腹が膨れたが、お酒のつまみが欲しかったので最後に串揚げセットをいただくことにした。

串揚げセット

串揚げセット

串揚げセットは豚ヒレ、えび、えび団子、イカ、ササミの5本が入っている。与論島産の黒糖焼酎「島有泉(しまゆうせん)」のロックと共にいただく。

島有泉(しまゆうせん)のロック

島有泉(しまゆうせん)のロック

焼酎と串揚げの相性というのは、言わずもがな抜群である。大阪のガードレール下で1日の終わりに一杯やっている気分にさせられる。

「居酒屋ひょうきん」は人気店ということもあって、地元のお客さんが盛り上がっていたり周囲を店員が動き回っていたりと、一人だと少し落ち着かないかもしれないが、料理は美味しいのでおすすめのお店だ。

何故か故郷を思い出し、満足してお店を後にした。ご馳走様でした。

店舗情報

営業時間:17:00~24:00

定休日:不定休

住所と地図:与論町茶花2297-1

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

※店舗情報は変更の可能性がありますので予めご了承ください。