孤独な夜を癒す出会いはあるのか?一人旅の貴方に捧ぐ、宮古島のおすすめバー5選!

おすすめの泡盛カクテル

僕が一人旅で宮古島を訪れた際に、よく行くバーを以下に5つご紹介したい。どのバーも一人でも入りやすく、店員さんも親切で話しやすい。

観光やグルメも良いが、旅の中での一番の楽しみは、やはり人との出会いである。「一人で退屈だな・・・」と思われている方は、出会いを求めて僕のように夜な夜なバーを飲み歩くのもおすすめだ。

どのバーもそれぞれ違った特徴があり、用途や気分によって訪れる場所は異なる。是非、色々なバーを訪れて自分に合ったバーを探して欲しい。なお、宮古島にはまだまだ僕が訪れたことがないバーも多いことも付け加えておく。

1. 「JailBird(ジェイルバード)」

大阪出身の気さくなマスターが一人で経営している。店の雰囲気はどことなく南国チックだ。カクテルの種類が豊富で、軽食も提供している。話し相手を求めている方には特におすすめのバーだ。下里通りA&Wの近く。

「JailBird(ジェイルバード)」外観

「JailBird(ジェイルバード)」外観

おすすめの泡盛カクテル

おすすめの泡盛カクテル

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照:宮古島・下里通りにある一人飲みにおすすめのバー「JailBird(ジェイルバード)」

2. 「酒と旅 ガリンペイロ」

ワインが美味しいダイニングバー。カウンター席がゆったりとしていて落ち着いて飲むことができる。店内の雰囲気はおしゃれで、女性客も多い。パスタや各種つまみも美味しくておすすめ。西里の交差点近く。

「酒と旅 ガリンペイロ」カウンター席

「酒と旅 ガリンペイロ」カウンター席

プッタネスカのスパゲティと白ワイン

プッタネスカのスパゲティと白ワイン

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照:宮古島のお洒落なワインダイニングバー「酒と旅 ガリンペイロ」での食事

3. 「ボックリーのチョッキ」

宮古島の人気ダイニングバー。店内は賑わっていることも多い。ドリンクの種類は豊富で、宮古島の地ビール「とぅりば」などの各種地ビールもおすすめだ。料理は凝っていて美味しく、何と言ってもパスタが絶品。下里通りの交差点、フクロウが目印。

「ボックリーのチョッキ」カウンター席

「ボックリーのチョッキ」カウンター席

クリームソースの生パスタと宮古島の地ビール

クリームソースの生パスタと宮古島の地ビール

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照:宮古島のダイニングバー「ボックリーのチョッキ」で地ビールと絶品パスタを堪能

4. 「soi(ソイ)」

飲食店などで働く地元の人たちが数多く集まるバー。店内の照明は暗めだが、スタッフは明るくてフレンドリーだ。フルーツが丸ごと入ったフレッシュフルーツカクテルがおすすめ。おつまみもあり。西里大通りのファミリーマート近く。

「soi(ソイ)」外観

「soi(ソイ)」外観

キウイのフルーツカクテルと合鴨

キウイのフルーツカクテルと合鴨

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照:フレッシュフルーツカクテルがおすすめの宮古島のバー「soi(ソイ)」

5. 「SANTAL BAR(サンタルバー)」

壁では映画が上映されているなど、モダンな内装のバーだ。ゆったりとしたテーブル席もいくつかあり、深夜になると地元の人たちで賑わうことも多い。エビスの黒生ビールやイエーガーマイスター(ドイツのリキュール)をよく飲む。女性店員がいるのも特徴。公設市場の向かい側あたり。

「SANTAL BAR(サンタルバー)」外観

「SANTAL BAR(サンタルバー)」外観

エビス黒生ビール

エビス黒生ビール

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照:一人でもおすすめ!宮古島のおしゃれなバー「SANTAL BAR(サンタルバー)」

以上、僕が宮古島滞在中に一人でよく訪れるバーを5つご紹介した。全て市街地中心部から徒歩圏内にあるのでついつい「もう一軒・・・」と飲み歩いてしまうが、くれぐれも、飲み過ぎには要注意だ。