バンコク・スクンビットのソイ15にある日本食レストラン「豊(Yutaka)」でランチ

カツ丼、みそ汁と漬け物

僕は海外に滞在中はなるべく現地の料理を食べるようにしているのだが、長期間にわたって毎日食べているとさすがにタイ料理にも飽きてきて(もっぱらカレーばかり食べているのもあるが)、たまには日本食が食べたくなる。

大都会のバンコクには日本食レストランもたくさんあって、日本食が恋しくなったときには助かるのだが、レストランの数が多すぎて、正直どこで食べたら良いのか迷う。

僕が今回バンコクで滞在したホテルはスクンビットのソイ15にあるのだが、日本食を食べたいと思っていたところ、ソイ15の入り口近くに偶然にも「豊(Yutaka)」という日本食レストランを発見したので入ってみることにした。

あのポールスミスがデザイン!?スクンビット「ドリーム ホテル バンコク」での宿泊

2017.08.09
スクンビットのソイ15

スクンビットのソイ15

「豊(Yutaka)」外観

「豊(Yutaka)」外観

結構新しい日本食レストランらしい。お店の入り口は階段を上ったビルの2階にある。

目の前には「フーターズ(Hooters)」がある

目の前には「フーターズ(Hooters)」がある

「豊(Yutaka)」の店内は広くてゆったりとしている。海外の日本食レストランらしく、日本を強調していてある意味本家よりも和を感じる。この日、店内には僕の他に日本人1組と、駐在員らしき風貌の韓国人2組がいた。どうやら韓国人にも人気があるお店らしく、韓国語を話せる店員もいるようだ。

「豊(Yutaka)」店内

「豊(Yutaka)」店内

メニューには刺身や天ぷらなどのセットもあったが、この日はシンプルにカツ丼、そして海外では定番の日本ビールであるスーパードライの生をオーダーした。海外で食べたくなる日本食と言えば、何故かカツ丼にカツカレー、そばなどのシンプルな料理である。海外の刺身や天ぷらなどは値段が高かったり、外れが多かったりするイメージがあって、殆ど食べることはない(台湾の刺身は美味しかったけれど)。カツ丼の値段は確か300バーツ程度だったと思う。

まず、水とおしぼりが運ばれてきた。日本では当たり前のようなこのサービスも海外ではないのが普通なので、結構嬉しかったりする。汗をかくし喉が渇く暑い国でこそ必要なサービスだ。続いて、前菜のサラダとスーパードライの生が運ばれてきた。

前菜のサラダとスーパードライの生

前菜のサラダとスーパードライの生

サラダはサッパリとしていて美味しかった。結構待ったような気がするが、しばらくしてカツ丼とみそ汁、漬け物が運ばれてきた。カツ丼と言っても見た目は完全にカツ重である。

カツ丼、みそ汁と漬け物

カツ丼、みそ汁と漬け物

カツ丼(カツ重)の味は悪くはなかったが、やはり海外で食べるカツ丼と言った感じで、卵が固く、汁を吸ってパサパサになっていたのが残念だ。シェフに日本人がいるのかどうかは不明だが、口に入れたらとろける玉ネギ、そしてふわとろの半熟卵はやはり海外では再現するのが難しいようである。まぁ、半熟の卵でお腹を壊すよりは良いけれど。何にせよ、海外で日本食が食べられるのは有り難いことだし、久しぶりに食べるカツ丼は美味しいものだ。

食後には、ご丁寧にスイカまで出てきた。日本でも食べることはほとんどなくなったが、スイカを見ると日本の夏を思い出す。

デザートのスイカ

デザートのスイカ

久しぶり(と言っても3週間ぶりくらいだけど)に祖国の味を堪能し、満足して帰路についた。バンコクの日本食レストランの相場は分からないが、この雰囲気の中、これだけ付いて300バーツ程度の値段ならまあまあ安いのではないだろうか。一人でも入りやすいので、ソイ15付近で日本食レストランを探している方にはおすすめのお店である。また、近くに滞在するときは利用することにしよう。ご馳走様でした。

「豊(Yutaka)」住所と地図:13 Sukhumvit Soi 15, Klong Toey Nua, Wattana, Sukhumvit, Bangkok

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換