タイのプーケットからAirAsia(エアアジア)の飛行機で香港へ移動

出発ゲート付近にはカフェやショップが多い

タイのプーケットを後にし、次の目的地である香港へ向かう。プーケットのパトンビーチにあるホテルからプーケット国際空港までの移動手段はミニバスを利用した。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

ホテルのフロントで事前にミニバスを予約し、ホテル前で拾ってもらったのだが、パトンビーチの街中でもミニバスを予約できるところは多いようだ。僕が滞在していたパトンビーチのホテルからプーケット国際空港までのミニバス料金は200バーツ、タクシー料金は800バーツなので、一人ならミニバスが断然お得である。

思ったよりも早く、1時間15分程度でプーケット国際空港に到着。島の真ん中を走ったのか、行きに比べて山道が少なかった。ミニバスは国内線ターミナルに到着し、ここで降ろされる。国内線ターミナルから国際線ターミナルは数百メートル離れているが、歩いて行くことが可能だ。

プーケット国際空港(国際線ターミナル)

プーケット国際空港(国際線ターミナル)

プーケット国際空港の国際線ターミナルは、なんだか構造がよく分からず使いづらかった。セキュリティスタッフに聞いた情報を元に、最初間違えて3階にあるチェックインカウンターではなく2階にあるAirAsia(エアアジア)のオフィスに行ってしまった。ちょっと恥ずかしい。

国際線ターミナル3階(チェックインカウンター)

国際線ターミナル3階(チェックインカウンター)

空港の4階には飲食店があり、早く到着したので時間つぶしを兼ねてバーガーキングで食事をすることにした。今回、タイの空港でバーガーキングにお世話になるのはこれで3度目だ。ワッパーにポテトに特大コーラ。中毒性のある味だが、毎日食べていると病気になりそうである。

国際線ターミナル4階にあるバーガーキング

国際線ターミナル4階にあるバーガーキング

ワッパーセットをいただく

ワッパーセットをいただく

昼食を済ませ、3階でチェックインして出発の時を待つ。プーケット国際空港にはイスラム系の女性スタッフが多く、スタッフ同士も雑談しながらよく笑っている。やはりタイの南部は他の地域とどこか雰囲気が違うようだ。

出発ゲート付近にはカフェやショップが多い

出発ゲート付近にはカフェやショップが多い

プーケットの海をバックにタイ航空機(僕が乗るのはLCCだ)

プーケットの海をバックにタイ航空機(僕が乗るのはLCCだ)

タイのプーケットから香港までのフライト時間は約3時間半。道中、飛行機の中では中国語を話す子どもが騒いでいた。若干イライラしながらも香港国際空港に到着。

空港に到着後、入国審査を済ませる。入国審査はバンコクのドンムアン空港とは異なり、結構スムーズに進んだ。お盆休み中と言うこともあってか日本人の姿をちょこちょこ見かける。「漢字はちょっと分かるけど英語全然読めないよ」「入国審査って何聞かれるの?」こんな会話が後ろから聞こえてくる。大丈夫か日本人。

入国審査を済ませてから、ホテルに向かう前に空港のATMで香港ドルを引き出そうとしたが、列が進まなかったので、とりあえず1万円だけ現金を両替することにした。すると、両替カウンターの近くに見たこともない自動両替機を発見した。誰も使っていなかったので、おそるおそる使ってみたところ無事に両替することができた。

香港国際空港から市街地への行き方(アクセス)だが、交通網は結構発達しているようで、鉄道、バス、タクシーなどの選択肢がある。今回は鉄道(エアポートエクスプレス)と無料のシャトルバスを利用して九龍半島の油麻地(Yau Ma Tei)にあるホテルへ向かうことにした。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

両替カウンターの隣にあるカウンターでエアポートエクスプレスのチケットを販売していたので、九龍駅までのチケット(105ドル)を購入した。

エアポートエクスプレスのチケット

エアポートエクスプレスのチケット

エアポートエクスプレスは、空港直結の機場駅(Airport)を出発し、青衣駅(Tsing Yi)、九龍駅(Kowloon)、そして香港駅(Hong Kong)に停車する。空港から九龍駅までは20分ちょいだ。

香港国際空港もエアポートエクスプレスの車内も綺麗で進んでいる印象だ。車内にはモニターはもちろん、各席に音量を調節するツマミまである。見たことがないものだから進んでいるように感じるのかもしれない。

エアポートエクスプレスが停車する九龍駅と香港駅からは市内の主要ホテルなどへ無料のシャトルバスが出ている。僕が泊まるホテルは、油麻地駅の近くにあるので、油麻地駅に止まるシャトルバスに乗り込んだ。係員に聞いたら乗るバスを教えてくれる。

油麻地駅からは、ガイドブックの地図を頼りになんとかホテルにたどり着いた。プーケットのホテルを出発したのが午前11時過ぎで、香港のホテルに到着したのが午後10時前。所要時間は約11時間だ。まぁ、半分くらいは待ち時間なのだが、相変わらず国を超えるのは一苦労である。

香港・九龍の油麻地(ヤウマテイ)にあるおすすめ格安ホテル「シルカ シービュー ホテル」

2017.08.22