雨の多い街・九份の基山街(九份老街)を散策し、名物グルメの芋圓と小籠包を堪能

ノスタルジックな雰囲気のお店も多い

「九份老街(舊道)」のバス停から坂道を上って、九份(きゅうふん、ジュウフェン)のメインストリートである基山街(九份老街)へ向かう。基山街の読み方は日本語読みで「きざんがい」、中国語読みで「ジーシャンジエ」となるようだ。基山街には赤提灯が連なり、どこか昔懐かしい雰囲気の中、土産物屋や飲食店など様々なお店が軒を連ねる。なお、台北から九份へのバスでの行き方に関しては前回の記事を参照して欲しい。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
九份のメインストリート・基山街(九份老街)

九份のメインストリート・基山街(九份老街)

この日は日曜日だったこともあってか、基山街の狭い通りは観光客で賑わっていた。ゴールデンウィーク最終日ということもあって日本人は少なかったが、前日まで日本人観光客で溢れかえっており身動き出来ないほどだったそうである。

基山街には様々なお店が立ち並ぶ

基山街には様々なお店が立ち並ぶ

ノスタルジックな雰囲気のお店も多い

ノスタルジックな雰囲気のお店も多い

九份の名物グルメに「芋圓」というスイーツがある。タロイモと小麦粉で作ったお団子らしい。せっかくなので芋圓を食べようと、九份の有名店「阿柑姨芋圓」にやってきた。「阿柑姨芋圓」への行き方だが、基山街を進むと豎崎路という坂道と交差するので、その坂道を上がると右手に「阿柑姨芋圓」がある。

「阿柑姨芋圓」に続く坂道

「阿柑姨芋圓」に続く坂道

「阿柑姨芋圓」外観

「阿柑姨芋圓」外観

人気店らしくお店の前には行列が出来ている。メニューは芋圓のみのようで、ホットかアイスを選べる。山あいにある九份は雨が多く、気温も台北より低くて涼しいのでホットを注文することにした。商品を受け取って店内の奥へ進む。「阿柑姨芋圓」の店内はかなり広く、席からの眺めは抜群で九份の街並みを一望出来る。運良く窓際の席が空いていて座ることが出来た。

「阿柑姨芋圓」の芋圓(ホット)

「阿柑姨芋圓」の芋圓(ホット)

「阿柑姨芋圓」店内からの眺め

「阿柑姨芋圓」店内からの眺め

芋圓はモチモチとしていて美味しい。団子だけではなく色々な豆が入っていて日本のお汁粉のような感じである。正直、僕はお汁粉系の食べ物はそれほど好きではないのだが、甘さが控えめで食べやすく、かなりのボリュームがあるにもかかわらず完食することが出来た。

お店を後にし、再度基山街周辺を散策する。時間はお昼時だったが、この日は朝から芋圓を除いて何も食べていなかったので、基山街にある眺めの良さそうなレストラン「山海觀」で軽く昼食をいただくことにした。眺めのよい窓際の席もあるが、一人だったこともあって窓際の席ではなく1階のど真ん中の席に案内された。

「山海觀」外観

「山海觀」外観

この日は台湾滞在の最終日だったので、台北で食べることが出来なかった定番グルメの小籠包をいただくことにした。台北では有名な小籠包レストランは行列が出来ているのが当たり前で、一人だと中々入る気にならない。九份の景色を眺めながら、ビール片手にいただく小籠包は格別である。

小籠包と生ビール

小籠包と生ビール

九份に着いた時に降っていた小雨はすぐに止んだ。しかし、青空が顔を出すことはなく、霧がかっている九份の街並みはどこか幻想的だ。こちらの方が九份らしい風景と言えるのかもしれない。

九份の景色

九份の景色

九份は天気が悪いことが多い

九份は天気が悪いことが多い

基山街では首輪を紐で繋がれた2匹の犬が走り回っていた。時折観光客に紐が引っかかっている姿がシュールである。

基山街を走り回る2匹の犬

基山街を走り回る2匹の犬

時折観光客に引っかかる

時折観光客に引っかかる

観光客の多い九份だが、街には小道や階段が多くて迷路のようになっており、メインストリートから外れると人が少なく、台北とは違った台湾の田舎町の素朴な風景を楽しむことが出来る。

九份には猫も多い

九份には猫も多い

今回、九份には台北から日帰りで訪れた。九份はとても小さな街なので数時間あれば十分に見て回ることが出来るが、九份にはホテルや民宿も結構あるようなので、1日は九份に泊まるのも良いかもしれない。そうすれば、夜のライトアップした九份をゆっくりと見ることが出来るし、朝の人が少ない静かな九份の魅力も堪能出来るだろう。

基山街を散策した後は、基山街と交差している豎崎路の坂道へ向かう。

「千と千尋の神隠し」のモデルはデマ!?九份・豎崎路の「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」へに続く

【お役立ちリンク】お得な航空券をスカイスキャナーで今すぐ検索!