士林夜市の名物はフライドチキン!?B級グルメ屋台が立ち並ぶ台北のおすすめ夜市へ

士林市場

台北最大級の夜市である士林夜市(士林觀光夜市)へ行ってきた。士林夜市は台北北部にあり、台北中心部からはMRTを使って行くことが出来る。最寄り駅はMRT淡水信義線の劍潭駅近くとなる。紛らわしいが、隣の士林駅ではないので気を付けよう。なお、士林夜市の読み方は日本語読みで「しりんよいち」、中国語読みで「シーリンイエシー」となる。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

士林夜市は毎日やっているようで、営業時間は店によって異なるが、屋台は大体夕方頃から深夜1時頃まで営業しているようだ。

劍潭駅を降りて人の流れに沿って進み、交差点を渡るとお祭りのような賑やかな一角に到着する。台湾では毎日お祭り気分が味わえるので羨ましい限りだ。日本でも夜市やってくれないかな・・・と思うが、規制は厳しいだろうしそもそも屋台で生計を立てる人は少ないだろうから難しそうだ。

MRT劍潭駅前の交差点

MRT劍潭駅前の交差点

交差点を渡ってから屋台が立ち並ぶ通りを進むと「士林市場」と書かれたメインの建物がある。

通りには屋台が立ち並ぶ

通りには屋台が立ち並ぶ

士林市場

士林市場

建物の中は、どことなくシドニーのチャイナタウンにあるパディスマーケットを連想させる雰囲気だった。1階には雑貨(お土産)やゲームの屋台が多く、トイレもある。大人もゲームに夢中になって遊んでいるが、中には中国語が分からないと難しそうなものもある。

士林市場の中(1階)

士林市場の中(1階)

士林市場にはゲーム屋台も多い

士林市場にはゲーム屋台も多い

士林市場の地下1階は「美食區(美食区)」と呼ばれるフードコートになっている。まさに台湾B級グルメの宝庫といった感じである。台湾に初めて来た人はここで台湾料理を片っ端から食べて行くのも面白いかもしれない。

地下1階は美食區(フードコート)

地下1階は美食區(フードコート)

フードコートでは様々な台湾料理が堪能出来る

フードコートでは様々な台湾料理が堪能出来る

フードコートで何か食べて行こうかと思ったのだが、人が多くてなかなか立ち止まる気にならない。この日はゴールデンウィーク中だったこともあって、日本人観光客の姿も多く目にした。日本語表記のメニューがあるお店も多い。

士林市場の東側の通りには、ファッション系のお店が立ち並ぶ。

ファッション系のお店が立ち並ぶ通り

ファッション系のお店が立ち並ぶ通り

週末の夜は夜市はかなり混雑しており、狭い通りに入るとなかなか前に進まなかったりする。夜市を一通り見て回った後、小腹が空いたので屋台でホットドッグをいただくことにした。

ホットドッグの屋台

ホットドッグの屋台

コンビニのアメリカンドッグに似ている

コンビニのアメリカンドッグに似ている

台北最大規模の夜市ということもあって人が多く、日本の祭りと一緒で一人だとなかなか楽しみづらい。あてどなく夜市をぶらぶらと散策していると、士林市場の建物に繋がる大南路という通りに「Funky Fresh」という夜市の雰囲気にそぐわないおしゃれなバーを発見したので入ってみることにした。

士林夜市にあるバー「Funky Fresh」

士林夜市にあるバー「Funky Fresh」

このバーでは、台湾のクラフトビールが豊富に揃っている。ビールは生ビールと瓶ビールを提供しているが、残念ながら生ビールは切れているものも多かった。スタッフは若く、英語を話すスタッフと日本語を話すスタッフがいて、フレンドリーでなかなか居心地が良い。台北滞在中、士林夜市には2度訪れたが、このバーは観光拠点としてお世話になった。夜市の人混みの中を歩いて疲れたときに休憩するにはおすすめのバーだ。

士林夜市のバーで生ビールをいただく

士林夜市のバーで生ビールをいただく

バーには夜市で買った食べ物を持ち込むことも出来る。台湾クラフトビールを飲みながら、隣にあるお店で注文した牛肉と卵のチャーハンをいただく。

牛肉と卵のチャーハン&台湾ビール「立夏」

牛肉と卵のチャーハン&台湾ビール「立夏」

士林夜市の名物グルメと言えば巨大な台湾式フライドチキンだ。このフライドチキンを食べながら夜市を歩いている人も多い。バーの店員によるとあまりおすすめではないらしいが、フライドチキンのお店「豪大大雞排」はバーがある通りの端にあるので食べてみることにした。

「豪大大雞排(写真左)」の前には行列が出来ている

「豪大大雞排(写真左)」の前には行列が出来ている

「豪大大雞排」の台湾式フライドチキン

「豪大大雞排」の台湾式フライドチキン

お店の前には常に行列が出来ている。フライドチキンは「辛い」「辛くない」の2種類があり、日本語で書いてあるので指差して選ぶことが出来る。値段は70元だ。「辛い」を選んで、バーに持ち帰って食べることにした。かなりのサイズである。

巨大なフライドチキンを黒ビールと共にいただく

巨大なフライドチキンを黒ビールと共にいただく

味はまぁ悪くはないのだが、サイズを大きくするためか、小麦粉の量が多くて肉が薄い印象である。これならケンタッキーの方が美味しい。この夜市の名物らしいので一度は食べてみるのも良いかもしれないが、これだけでお腹が膨れてしまうので気を付けよう。ビールとの相性は抜群だが、量が多いので飽きてしまい、結局半分程度しか食べることが出来なかった。

台湾式フライドチキン&台湾クラフトビール「雨水」

台湾式フライドチキン&台湾クラフトビール「雨水」

台湾クラフトビール「夏至」

台湾クラフトビール「夏至」

それにしても、台湾ではお馴染みの「台灣啤酒」ばかり飲んでいたので、台湾ビールにもこんなに種類があるとは意外だった。黒ビールも美味しいが、お茶を使ったビール「雨水」は独特の味にもかかわらず飲みやすくてお気に入りだ。

オープンなバーでビールを飲みながら屋台飯を食べ、道行く多国籍の人々を眺める。なんだかタイにいたときを思い出す。ビールを飲みながら海を眺めているときと並んで、僕が旅行中で一番好きな時間だ。

お腹が満たされ、台湾ビールで良い気分になった後は、タピオカミルクティーを買ってタクシーでホテルへ戻る。どの土地でも寝る前の締めの一品があるが、台湾ではやっぱりタピオカミルクティーだ。間違いなく太る原因である。

士林夜市にはタピオカミルクティーのお店も多い

士林夜市にはタピオカミルクティーのお店も多い