台北の日本人向け飲み屋街・林森北路にある「台日交流カフェ&バー KiseKi」

外にあるソファー席

台北のMRT中山駅から徒歩数分のところに、「林森北路(りんしんほくろ、リンセンペイルー)」という南北に伸びた通りがある。林森北路の通りの周辺には、飲み屋街となっているエリアがある。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

このエリアは日本統治時代は「大正町(たいしょうちょう)」と呼ばれる日本人街だったそうで、今でも日本風の居酒屋や、日本語が通じるスナックやクラブも多く、日本人向けの夜の歓楽街(ナイトスポット)になっている。

この日はインターネットで面白そうなバーを見つけたので林森北路までやって来たのだが、林森北路の通りを歩いていると、「お兄さん、飲む?」などと客引きが日本語で話しかけてくる。

南北に伸びる林森北路の通りを横道に入ると、きらびやかなネオン街となっている。どことなく京都の木屋町に似た雰囲気である。

林森北路の通り

林森北路の通り

何人かの客引きに声をかけられながら、通りを進む。通りにあるいくつかのクラブやスナックではお店の前でスタッフが客引きをしている。たまに日本のアイドルのような可愛い子がいて目を奪われるかも知れないが、実はただのバイトだったりするので気を付けよう。決して僕が引っかかったという訳ではない。

八条通り(名前まで京都っぽい)と呼ばれる通りを進み、本日のお目当てのお店、「台日交流Cafe&Bar(カフェ&バー) KiseKi」にやって来た。

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」外観

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」外観

外にあるソファー席

外にあるソファー席

このお店は、その名の通り台湾人と日本人が交流するためのバーで、日本語を話せる台湾人や、日本人駐在員・観光客などが集まっている。一人でも入りやすいので、一人飲みにもおすすめである。

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」店内

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」店内

とりあえずカウンターに座ってビールを注文する。お酒の種類はかなり豊富で、ビールも一般的な台湾ビール以外に台湾のマンゴービール、ぶどうビール、パイナッブルビール、はちみつビールなどが置いてある。輸入ビールも豊富だ。台湾のフルーツビールはジュースのようでごくごくいける。中でもパイナップルビールは結構お気に入りだ。

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」カウンター席

「台日交流Cafe&Bar KiseKi」カウンター席

ビールはジョッキで出てくる

ビールはジョッキで出てくる

お店には他にも何名かお客さんがいたが、台湾人よりも日本人の方が多く、ほとんどみんな日本語で話している。店員はみんな日本人のようだ。店員とお客さんの距離も近いようなので、台北が初めての人は、ここで情報を集めるのも良いかもしれない。「海外に来てまで日本人と関わりたくないぜ」という硬派なあなたには向いていない。

まるで日本のバーにいるような雰囲気の中、ゆっくりとした時間を過ごす。日本人のお客さんは一人で来ている観光客も多く、カウンターで一緒に酒を飲み、旅の話に花が咲いて台北の夜は瞬く間に更けていく。

「台日交流Cafe&Bar(カフェ&バー) KiseKi」所在地:台北市林森北路133巷50號

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
【お役立ちリンク】お得な航空券をスカイスキャナーで今すぐ検索!