台北おすすめグルメ・中山の遼寧街夜市にある海鮮レストラン「鵝肉城活海鮮」

店頭には様々な海産物(シーフード)が並ぶ

台北2日目の夜。晩ご飯を食べようと、滞在しているホテル近くにある遼寧街夜市にやって来た。遼寧街夜市はMRT南京復興駅から歩いて数分のところにある。遼寧街夜市の読み方は日本語読みで「りょうねいがいよいち」、中国語読みで「リャオニンジエイエシー」となる。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
蛋黄哥(ぐでたま)さん你好

蛋黄哥(ぐでたま)さん你好

遼寧街夜市は「夜市」とは言っても、一般的な屋台が立ち並ぶイメージの台湾の夜市とは違う感じで、海鮮レストランや屋台風のお店が通り沿いに数多く立ち並んでいる。

遼寧街夜市

遼寧街夜市

何を食べようか迷ったのだが、とりあえず店内でゆっくりしたかったので、遼寧街夜市の真ん中あたりにある明るくてひときわ目立つ海鮮レストラン「鵝肉城活海鮮」に入ることにした。

「鵝肉城活海鮮」外観

「鵝肉城活海鮮」外観

店頭には様々な海産物(シーフード)が並んでおり、店員は熱心に呼び込みをしている。日本のテレビの取材も来たようで、芸能人の写真も飾られている。

店頭には様々な海産物(シーフード)が並ぶ

店頭には様々な海産物(シーフード)が並ぶ

料理は店頭に並んでいる素材から選んで注文するスタイルだ。写真メニューも掲示されているので、そこから注文することも出来る。大きな蟹もいるが、価格は重さで決まるようなので事前に確認した方が良いだろう。店頭に立っている店員はカタコトだが日本語が話せるようだった。

とりあえず、店員にすすめられるままに何品か注文した。調理方法も選べるようだが、よく分からないのでお任せだ。注文した後、2階の席へと案内される。

このレストランは地元の人たちにも人気があるようで、店内はグループ客で賑わっていた。2人組のお客さんもいたが、1人だと若干居づらい雰囲気である。宴会をしている台湾人(多分)ビジネスマンたちを横目に、厨房近くの壁際のテーブル席で、台湾ビールを飲みながら料理が来るのを待つ。

最初にやって来たのは鴨肉(アヒル肉)。骨付きで弾力があってなかなかの食べ応えだ。後から知ったのだが、このお店は店名にもなっている鵝肉(ガチョウ肉)料理もおすすめのようだ。鴨肉(アヒル肉)との違いが良く分からないが、店員が「アヒル」と言っていたような気がするので、僕が食べたのは多分アヒル肉だろう。

鴨肉(アヒル肉)

鴨肉(アヒル肉)

続いてやって来たのは刺身だ。盛り付けが凝っている。どうも台湾の人は日本人を見ると「サシミ」をおすすめしてくるようだ。こちらも「サシミ」と聞くと安心してつい注文してしまう。ちなみに、刺身は中国語では「生魚片」と書くらしい。最初は分からなかったが、言われてみるとそのまんまだ。しかしいまいち食欲の湧かない漢字である。

刺身

刺身

今回も1人では食べきれないんじゃないだろうか・・・そんなことを思い不安になりながら勢いよくご飯と一緒に料理を食べ進めていると、続いて台湾の筍(タケノコ)の炒め物がやって来た。

台湾の筍(タケノコ)の炒め物

台湾の筍(タケノコ)の炒め物

台湾の筍はシャキシャキしていてとても美味しかった。白いご飯との相性も抜群だ。続いて最後にやって来たのがアサリ(多分)の炒め物。

アサリの炒め物

アサリの炒め物

アサリも新鮮で美味しく、一度食べ出したら止まらない。結構な量だったがペロリと平らげることが出来た。筍とアサリの炒め物はどちらも濃いめの味付けでご飯が進む。おかずの量が多かったのでご飯をお代わりし、無事に完食することが出来た。

料理はどれも日本人の口に合うものばかりで美味しかった。料金は正確には覚えていないが、ビール1本、ご飯2杯、上記の料理4品で合計800~900元くらいだったような気がする。台北にしては安い印象である。

料理を完食して満足し、店内はほぼ満席で団体客も多く賑わっていたのでそそくさと店を後にした。僕は1人で料理と向き合って食事をするのも好きだが、このようなお店だとやはり複数で来て、料理を分け合ってゆっくりと会話を楽しみながら食事をするのがベストだろう。今度来るときは、誰か誘って来よう。

「鵝肉城活海鮮」所在地:台北市中山區遼寧街77號

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換