台湾一高いビル・台北101(高さ509.2m)の展望台へ(行き方・入場料金など)

台北101(臺北101)の外観

台北101(中国語:臺北101)に行ってきた。台北101は台湾一高いビルで高さは509.2mと、東京スカイツリーほどではないが、僕がこれまで上った建物の中では一番の高さだ。名前の由来は地上101階(地下5階)からなっていることらしい。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

台北101が出来るまでは、台湾南部の高雄にある高雄85ビルが台湾で一番高い建物だったようだ。僕は別に高い建物が好きなわけではなく、むしろ高所恐怖症なのだが、高雄85ビルには上ったのでせっかくの機会に台北101にも上ってみることにした。なお、高雄85ビルに関しては以前の記事を参照して欲しい。

台北101の営業時間は午前9時から午後10時まで(入場は午後9時15分まで)だ。台北101への行き方(アクセス)だが、MRT(地下鉄)を利用するのであればMRT台北101/世貿駅を降りてすぐのところにある。

台北101は台北市の信義區という地域にあり、僕が滞在している中山區からは若干離れているが、まだ台北の街中をそれほど歩いていなかったこともあり、台北101まで歩いて行くことにした。

滞在しているホテル(ホライゾンイン)の最寄り駅、南京復興駅から台北101までの距離はおよそ4kmだ。交通機関が発達していることもあってMRTの路線図なんかを見ると大きく感じるが、実際に歩いてみると、台北の街も意外と小さく感じる。

中山から南東の方角へ歩き、中山公園の横の道を通って台北101を目指す。中山公園の近くまで来ると、台北101が見えてくるのでそれを目印に進めば良い。

中山公園の横の道

中山公園の横の道

中山公園を過ぎると、台北101はもうすぐそこだ。超高層ビルがだんだんと目前に迫ってくる。

台北101(臺北101)の外観

台北101(臺北101)の外観

台北101に到着し、5階のチケット売り場でチケットを買ってエレベーターの列に並ぶ。台北101の展望台への入場料金は600元(2,200円くらい)と、日本と比べてもかなり高い。高雄85ビルなんて180元だったし、おまけに人も少なかった。

展望台チケットには並ばなくても良いファストパス(1200元)や各種割引料金もあるようだ。インターネット予約も出来る。詳細に関しては公式サイト(日本語)を参照して欲しい。

台北101の中に入る

台北101の中に入る

台北101にはブランドショップが多い

台北101にはブランドショップが多い

展望台チケット売り場の入り口

展望台チケット売り場の入り口

高い入場料金にもかかわらず、台北101はやはり人気の観光スポットのようで、エレベーター前には長蛇の列が出来ていた。

エレベーターの列にしばらく並ぶ

エレベーターの列にしばらく並ぶ

かなり長い列だったが、エレベーターのスピードが速いので思ったよりも早く進む。待ち時間は30分もかからなかったと思う。エレベーターは時速約60キロで、1階から展望台がある89階まで39秒で到達するそうだ。このエレベーターは東芝製で、2015年までは世界最速のエレベーターだったらしいが、現在は上海のビルに導入されている三菱製のエレベーターが世界最速のようだ。日本の技術力は健在である。

展望台へと続くエレベーター

展望台へと続くエレベーター

エレベーターに乗って、あっという間に89階の屋内展望台に到着。展望台の高さは382.2mだ。台北の街が箱庭のようである。

89階の屋内展望台からの景色

89階の屋内展望台からの景色

台北の街が箱庭のように見える

台北の街が箱庭のように見える

天気が悪いためか見通しが良くない

天気が悪いためか見通しが良くない

屋内展望台はスペースが広いためかそれほど混雑しているという印象は受けなかった。展望台にはカフェや土産物屋なんかがある。91階に屋外展望台があるようだが、残念ながらこの日は天候が悪く、屋外展望台に上ることは出来なかった。それにしても台北は雨が多い。

屋内展望台にはカフェや土産物屋がある

屋内展望台にはカフェや土産物屋がある

高雄85ビルと一緒で、どちらも高いなぁ・・・とは思ったけれども、街の景色ばかりでそれほど感動するものでもない。

展望台をゆっくりと見て回り、せっかくなのでお土産を買って帰ることにした。以前にも書いたことがあるが、僕は旅先でその土地のランドマークの置物を買って帰り、自宅の書斎に飾るのが好きだ。

台北101の置物でもないかと探したところ、メタル模型を発見した。1,550元とかなりの値段だが、他に魅力的な置物がなかったので、奮発して買うことにした。ちなみにこの模型、アンテナ部分が尖っているので刺さらないように気を付けよう。

台北101のメタル模型

台北101のメタル模型

お土産を買った後、帰りのエレベーターに乗るために1つ下の88階まで階段で降りる。88階では展示物が展示されており、珊瑚や宝石などが販売されている。

台北101のマスコットキャラクター「ダンパーベイビー」

台北101のマスコットキャラクター「ダンパーベイビー」

台北101の88階

台北101の88階

帰りのエレベーターにも長蛇の列が出来ていたが、こちらも列はスムーズに進む。1階まで降り、台北101の近くに小籠包が美味しいお店があるようだったのでホテルに戻る前に食べて行こうかと思ったのだが、台北101を出る頃には雨が本降りになっていた。傘も持っていないし、しょうがないので小籠包は諦め、台北101の地下1階にあるフードコートで食事をしてから帰ることにした。

フードコートには日本食レストランを含めて様々なレストランがある。台湾料理のレストランで滷肉飯(ルーローファン)のセットを注文し、混雑しているフードコートで空席を見つけて座る。どうも台北に来てから豚肉ばっかり食べているような気がする。鶏肉飯の方が好きなんだけど、滷肉飯ほどメジャーではないのだろうか、意外と見当たらない。

地下1階フードコートの台湾料理レストラン

地下1階フードコートの台湾料理レストラン

滷肉飯(ルーローファン)セット

滷肉飯(ルーローファン)セット

お腹が満たされてフードコートを後にし、雨が止みそうもなかったのでタクシーを拾ってホテルに帰ることにした。

しかし、台北101に来るだけで約2,500元(その内お土産が1,550元)も使ってしまった。台北は高雄に比べると物価が高く、東京と同じでお金が出ていくスピードがやたらと早く感じる。だから都会は嫌いなんだ・・・とそんなことを思いながら、タクシーに乗り込み台北101を後にした。