高雄から台北へ新幹線(台湾高速鉄道)で移動(乗り方・料金・時間など)

台北駅(台北車站)に到着

高雄と小琉球での滞在を終え、高雄から新幹線で台北へ向かう。新幹線は正式名称を台湾高速鉄道(台灣高速鐵路)と言い、略して高鉄(高鐵)と呼ばれる。高雄では、市街地の北にある高鐵左營(さえい、ズオイン)駅から新幹線に乗ることが出来る。高鐵左營駅はMRT左營駅のすぐ近くなので、高雄市中心部からはMRT(地下鉄)でアクセス可能だ。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

なお、左營駅の近くには、高雄の人気観光スポット「左營蓮池潭(さえいれんちたん、ズオインリエンチータン)」があるので、左營駅に来たついでに観光するのもおすすめだ。

僕は高雄の南にある離島の小琉球での滞在を終え、東港でフェリーを降りてそこから相乗りタクシーで高鐵左營駅まで直接やって来たのだが、台湾の新幹線に乗るのは初めてだったので、駅の案内カウンターにいるスタッフに乗り方を聞いてみた。

高鐵左營駅入り口

高鐵左營駅入り口

「新幹線」だと思い込んでいたので、「Bullet train」と聞いたのだが、いまいち通じづらかった。正式名称は「台湾高速鉄道」なので、英語ではそのまま「Taiwan High Speed Rail(HSR)」と言うらしい。なお、この記事では分かりやすく新幹線という言葉を用いる。

新幹線の乗り方は、日本と同じように切符(チケット)売り場で切符を買ってプラットホームに行くだけなので簡単だ。窓口の他に自動券売機もあるようだ。

新幹線の切符(チケット)売り場

新幹線の切符(チケット)売り場

窓口での切符の買い方だが、カウンターで行き先(この場合は「Taipei」)を伝え、どの時間に発車する新幹線に乗るか聞かれるので時間を指定すれば良い。座席は指定席になっているようだが、こちらで指定する必要はない。なお、ほんの少し料金の安い自由席もあるようだ。自由席は時間や座席の指定がなく、自由席車両に限り当日のみ利用出来る。

高雄(左營駅)から台北(台北駅)までの料金は1,430元(5,000円強)だった。台湾の新幹線の値段は日本の新幹線に比べると安く感じる。

なお、時刻表と運賃に関しては公式サイト(日本語)を参照して欲しい。このサイトからオンライン予約も出来るようだ。

台湾新幹線(台湾高速鉄道)の切符

台湾新幹線(台湾高速鉄道)の切符

切符を購入し、案内版に従ってプラットホームへ向かう。台北に向かう新幹線は南港(ナンガン)というところまで行くらしい。南港とは台北市にある地名のことで、大阪の南港(ナンコウ)のことではない。

案内版に従ってプラットホームへ

案内版に従ってプラットホームへ

MRTとは異なり、新幹線では飲食も出来るようで、駅では弁当なんかも販売している。この日は朝から何も食べていなかったので、何か買っていこうかと思ったのだが、台北までは短い旅なので台北に着いてから昼食を取ることにし、スターバックスでコーヒーだけ買ってプラットホームへ向かう。

高鐵左營駅のスターバックス

高鐵左營駅のスターバックス

切符には車両番号も書いてあるので、自分が乗る車両のところで待っていれば良い。プラットホームでしばらく待っていると新幹線が到着。時間には結構正確なようだ。

台湾新幹線(台湾高速鉄道)

台湾新幹線(台湾高速鉄道)

台湾の新幹線は日本の新幹線と大差なく、車内には売り子もいる。また、車内の表示板には「静かにしてください」といった旨のメッセージが流れている。ここら辺日本の新幹線よりも優れていると感じる。

台湾新幹線の車内

台湾新幹線の車内

日本で大阪~東京間の新幹線に乗ると、酒盛りをやっている出張サラリーマンのグループがいて騒がしかったりすることもあるのだが、台湾の新幹線は静かでなかなか快適な旅であった。台湾ののどかな風景の中を新幹線は進む。

台湾新幹線の車窓から

台湾新幹線の車窓から

新幹線は当初混んではいなかったが、途中の停車駅である台中駅では多くの人が乗ってきた。高雄を出発してから約1時間半で台北に到着。高雄と台北は台湾の両端にあるので結構距離があるイメージだが、新幹線に乗るとあっという間だ。バタバタした旅になりそうだが、新幹線を利用すれば高雄から台北、台北から高雄に日帰りで観光することも出来そうだ。

台北駅(台北車站)に到着

台北駅(台北車站)に到着

台北駅(台北車站)は、想像していた通り都会の駅と言った雰囲気で、大阪や東京の駅とあまり変わらない。さらにこの日はゴールデンウィーク中ということもあって、数多くの日本人の姿を目にした。

余談であるが、今年のゴールデンウィーク中の海外旅行先は台湾が人気ナンバーワンだったそうだ。国内では沖縄らしい。

台北駅の2階にはフードコート(微風台北車站)があり、フロア全体に様々なお店が並んでいる。市内のホテルに向かう前にここで昼食を取ることにした。

牛肉麺のお店が並んでいる一角があったので、そこにある「老董牛肉麵(Lao Dong Beef Noodles)」で牛肉麺をいただくことにした。注文したのは牛肉と牛すじが入ったピリ辛の牛肉麺(椒香麻辣半筋半肉麵)。牛すじの歯ごたえが良くなかなか美味しかったが、料金は250元(約900円)と高め。やはり台北は高雄に比べて物価が高く感じる。

老董牛肉麵(Lao Dong Beef Noodles)

老董牛肉麵(Lao Dong Beef Noodles)

牛肉と牛すじが入ったピリ辛牛肉麺(椒香麻辣半筋半肉麵)

牛肉と牛すじが入ったピリ辛牛肉麺(椒香麻辣半筋半肉麵)

お腹が満たされた後、チェックインに丁度良い時間になったので駅前でタクシーを拾って滞在先のホテルへ向かうことにした。