小琉球の島を歩いて観光し、夜には港近くのレストランで小琉球グルメを堪能

上杉福安宮の入り口にはシーサーらしき像がある

小琉球(しょうりゅうきゅう、シャオリュウチュウ)の島の西端にある落日亭を後にし、今度は島の北側の道路を歩いて港(白沙漁港)へ戻ることにした。

なお、白沙漁港から落日亭までの道のり(島の南側)は前回の記事を参照して欲しい。

島の西端の道路

島の西端の道路

しばらく道なりを歩くと、烏鬼洞がある。猛暑の中、島を半周して結構ヘトヘトだったのだが、烏鬼洞には観光客が多く集まっていて人気の観光スポットのようなので、中に入ってみることにした。

烏鬼洞入り口

烏鬼洞入り口

烏鬼洞は島の東側にある美人洞と同じような感じで、洞窟周辺に遊歩道が整備されている。かなり長い道のりでアップダウンもあるので体力を消耗する。ちなみに烏鬼洞の名前の由来だが、鬼(幽霊)が呻いているような音(実際には洞窟を抜ける風の音らしい)が聞こえてくるかららしい。

烏鬼洞

烏鬼洞

烏鬼洞の遊歩道

烏鬼洞の遊歩道

烏鬼洞にある海仙壇

烏鬼洞にある海仙壇

烏鬼洞を通り抜け、再度道路に戻り東へ向かう。道なりをしばらく歩き、脇道に入って海へ続く坂道を下っていくと、蛤板灣がある。蛤板灣はベニスビーチとも呼ばれ、小琉球で一番綺麗なビーチと言われているようだ。

個人的には白沙漁港の南にあるビーチの方が海の色は綺麗に見えたような気がするが、貝殻で出来た白い砂浜は確かに綺麗で、海水浴には最適なビーチかもしれない。

蛤板灣(別名:ベニスビーチ)

蛤板灣(別名:ベニスビーチ)

小琉球で一番人気があるビーチのようだ

小琉球で一番人気があるビーチのようだ

それにしても小琉球は暑い。ビーチに到着したのは午後3時頃だっただろうか。島を一周するため白沙漁港を出発して歩き始めたのが正午くらいだったので、もうかれこれ3時間は歩いている計算になる。ビーチの強い日差しを浴びて若干意識が朦朧としてきた。

体力の限界に近づいてきたので早々と蛤板灣を後にして、再度道路を東に向かって歩く。しばらく歩くと、山豬溝が見えてきた。観光客が森の中に続く階段を登っている。さすがに長く続きそうな階段を登る気力はなかったので、写真だけ撮って通り過ぎることにした。

山豬溝

山豬溝

山豬溝を少し先(北東)に行ったところに、杉福漁港という港があり、その近くには上杉福安宮というお寺がある。道路沿いには巨大なシーサーらしき像があり、まるで天に向かって吠えているかのようだ。

杉福漁港

杉福漁港

上杉福安宮

上杉福安宮

上杉福安宮の入り口にはシーサーらしき像がある

上杉福安宮の入り口にはシーサーらしき像がある

杉福漁港があるのは北側道路の中間地点あたりだ。夕方が近づいてきているが、一向に気温が下がる気配はない。汗が引かず、足も痛むのでしばらく日陰で休憩することにした。お寺の階段に座り込むと、もう立ち上がれそうもなかった。僕が動けなくなるのと同時に、首から掛けていたミラーレス一眼カメラのバッテリーも事切れた。

意識朦朧状態でお寺の階段に座っていたが、しばらくすると身体から汗が引いてきて、体力も少し回復してきたようだ。まるでお寺の神様がパワーをくれたかのようだった。猛暑の中走った宮古島マラソンを思い出し、「あともう少しだ、頑張ろう・・・」と自分に言い聞かせ、再度立ち上がって歩き始める。

漁港から少し北に歩くと、小琉球杉福生態廊道(旧砲陣地)がある。地下に続く通路を降りて軍事施設跡らしき建物の中を通り抜けると、見晴らしの良い場所に出る。

小琉球杉福生態廊道 (旧砲陣地)

小琉球杉福生態廊道 (旧砲陣地)

島一周の残りのルート、小琉球杉福生態廊道 (旧砲陣地)から白沙漁港までは、初日に見て回ったところなので寄り道をせずに真っ直ぐ港へ戻ることにした。北側道路残りのルートの風景(花瓶石や美人洞など)に関しては、以前書いた記事を参照して欲しい。

出発地点の港(白沙漁港)へ戻ってきたのは午後5時頃だった。港を出発したのが正午頃だったので、小琉球の島を歩いて一周するのに要した時間は5時間ほどだ。道中寄り道や休憩をしたのでかなり時間がかかってしまった。合計20kmは歩いただろうか。

猛暑の中、小琉球の島を徒歩で一周するのは思っていたよりもかなりの苦行だったので、観光スポットをゆっくりと巡りたいのであれば徒歩よりもバイクをおすすめする。1日歩いただけで腕がひどく焼けてしまい、皮がめくれてしまった。バイクや電動自転車で島を回るにしても、日焼け止めは必須だろう。

ようやくホテルにたどり着き、シャワーを浴びてクーラーの効いた部屋でのんびりとする。至福のひとときである。ホテルでしばらく休憩した後、晩ご飯を食べるため街に出ることにした。

やって来たのは民生路沿いにある初日と同じレストラン(STAY Restaurant)。せっかく小琉球に来たので新しいお店を開拓しようかとも思ったのだが、疲れているし面倒だったのでやめた。

レストランに入り、前日から気になっていたメニューの琉球丼(250元)をオーダーした。ステラの生ビール(120元)と共にいただく。

琉球丼とステラ(ベルギービール)

琉球丼とステラ(ベルギービール)

琉球丼には小琉球の特産物が乗っているようで、ご当地グルメを堪能出来る。ご飯の上に乗っているのは豚肉、イカ、卵、タケノコ、ブロッコリー、漬け物だ。初日の夜に食べた海鮮丼ほどの感動はなかったが、見た目から想像した通りの味で、特に豚肉が美味しい。イカとタケノコも食感が良くてご飯が進む。

琉球丼

琉球丼

小琉球の夜は静かで、このお店もまだ午後8時頃にもかかわらず、グループ客が帰ってしまうと僕以外には英語を話している観光客らしきお客さん一組しかいなかった。他にもバーは何軒かあるが、これ以上歩くのもしんどかったので食後はこのレストランでビールをお代わりしてのんびりと過ごした。

レストランでのんびりと過ごす

レストランでのんびりと過ごす

疲労が蓄積しているせいか、ビールを2杯ほど飲むと睡魔が襲ってくる。次の日は小琉球から台湾本島に戻って台北まで移動する予定だったので、早めにホテルに戻って寝ることにした。

小琉球は初めて訪れた台湾の離島だったが、日中はフェリーが発着する港周辺こそ騒々しかったものの、その名前の通り、綺麗な海を含めて島の風景は随所に沖縄の離島に通じるものを感じさせてくれた。沖縄の離島好きであれば、気に入ることは間違いないだろう。